1day短縮ロングトレイル

ボクには野望があった。

今回の縦走。予定では5泊6日のハズだが、4泊5日にしたかった。
北海道滞在は7日間。
山が4泊で終われば、二晩自由になれる。
ひと晩目は麓の町で装備を乾かしたりきれいにしたりしながらキャンプして星空を眺め、ふた晩目は街に繰り出し魚介などで呑みたかった。

と、いうことで、どこかで無理をしないとならんかった。
それが今日、なのだ。

170907_1day短縮ロングトレイル01
朝4時起き。
さ、寒い。温度を見ると0℃ の表示。寒いハズだぜ。
野営地に張られたテントはボクの物も含めて3張。
昨日ボクより早く入って、すぐに就寝していると思われるテントの男性はもう準備を終えようとしていた。
写真は5時頃の、彼が登りはじめたときに太陽が上がったのでカッコイイな、と思って撮った写真だ。

ボクも予定通り、朝ラーメンを食べて撤収作業に入る。
6時、出るころになって昨晩遭難しかけたアベックとルートの確認をして別れた。
朝から笑顔で送り出されるのはいいことだ。
今回の山行。この後、同じ地に泊まった人はいないので、これが最初で最後の登山者とのコミュニケーションになったな(笑)

170907_1day短縮ロングトレイル02
広い。
広いよ!! 北海道!!

広大で壮大なフィールド。
山の稜線なのにこの広さ。気分は外国(行ったことないからイメージだし、名前もでねぇ)、北欧かっ!

登山者は少ないが、ボチボチ歩いている。
挨拶を交わしながら、晴れてよかったですねー、なんて言って笑顔で歩けた。

白雲小屋を過ぎたあたりから人けがなくなる。
みんな小屋横の山に登っていた。
トムラウシ山への縦走をする人はいないようだ。
ここをトレイルする人はいないのだろうか?

…が、今日は強行日。休みはない。
腹が減ったら歩きながら行動食を摂り、水で流し込んで腹を膨らます。
5時間ほど経って、足が痛くなってきたが、いつものことだ。気にしない。

しかし疲れてきた。
と、共に空も曇ってきた。
15時を越え、気温も下がり始める。
そんなころ、ようやく人に会う。
向うから来た人だ。
挨拶だけしたが、本当にこの縦走路は人がいない。
不安になるくらいだが、地図にも乗っているし、登山道も明白。木道だってあるくらいだ。
だから不安はないハズなのだが、こうも人がいないと気になるものだ。

誰からも見られていないこともあって、大いにバテてきた。

日没まであと2時間だというのに、目的の野営地まで数キロある。
3時間で着くか?

170907_1day短縮ロングトレイル03
この沼にも野営場があるが、ここはすでにパスしていた。もう一つ先まで行きたい。

この縦走路、野営地の間隔が結構長い。
1つパスすると5時間くらい歩かないと次の野営場に着かない。
予定ではこの沼の前の野営地で休むハズだが、無理をしている。

170907_1day短縮ロングトレイル04
疲れがMAX。足の痛みもMAX。
ヒイヒイいいながら登ったり下ったり…平地を歩いたり。
とにかく遠くまで道が見えるので道のりが長く感じる。

もう、このころには幻聴や幻が見えるような気がして…
「くっ、上昇負荷がキツイ… アビスの呪いかっ!」(現在絶賛放送中!【メイドインアビス】より)
「この岩石群のなかに、必ずメガンテ使えるやついるハズ…」(ドラクエ・爆弾岩より)
とか考えたりしている。
自分ひとりと言えども、ユーモアなしではやってられない状態だった。

そろそろ辺りが暗くなってくる。
18時にトムラウシ麓に到着するが、これからひと登り、、というわけにはいかないだろう。
丁度いいことに、迂回したすぐ先が今夜の野営地だ。
今日はトムラウシを外して、すぐに野営地に向かおう。

ヘッドランプこそ点けていないが、あたりはもう暗い。
暗いということもあり、もうすぐ野営地で集中力が切れていることもあったのだろう。
数百メートルというところで3回も道をロストしてしまった。
もう苦笑いしかでない。

170907_1day短縮ロングトレイル05

ランプを点灯させずに済む、ギリギリの時間帯で 南沼野営指定地 に到着。
18:30 頃到着。
6時に裏旭を出てこの時間。
休憩はトータルでも2時間くらいだろう。

重たい足を引きずり、テントを張る。
どうやらこの野営地はボク一人のようだ。
先ほどの沼は2張、双眼鏡で確認できた。この場所は人気がないのだろう。
ま、あると思われた水場がないのだから人気がないのも仕方がない。

すぐに食事に取り掛かり、2本持ってきたビールの1本を飲むことにした。
今日のボクはがんばった。が、計画としては無茶で失敗だった。
どんなことがあってもナイトゲームに入らないようにしなければ。
だって、暗くなっただけで道をロストしてまうんだから…

昨日、暗くなって降りてきたアベックのことを思い出す。
「人のことなんか、全然言える立場じゃないな」
とにかく猛省してビールを煽るのだった。

とはいえ、2日分の工程を今日1日で終えられた。
これで1泊稼げたかもしれない。

今後どんなことがあるかもしれない。時間は貴重だ。
ムリした成果は確かにここにあった。

肩、腰、足、足裏… 痛いところはたくさんある。
明日も歩く。
食事を作りながら、とにかく整理体操をし、ストレッチをした。
少しでも、明日に繋げられるように…。


その晩は曇ったり晴れたり。
満月の空に星は少なかったけど、トムラウシの影が濃く浮き出て、爽快だった。

広い野営地で独り。
寂しい感じはしたけれど、この地を独り占めというのは悪くない。
人目も気にせず、楽しく過ごせたひと晩だった。

170907_1day短縮ロングトレイルマップ


スポンサーサイト

49座/百名山【旭岳】

予定より2時間半遅れて、旭岳ロープウェイ行きのバスに乗り、到着。
腹減った。北海道に来て、まだ酒しか飲んでねぇ。

ロープウェイ駅構内の食堂でメシを食う。
170906_ホルメン

金を払ってメシを食えるのはここまでだ。
あとは背負った分の食事しかできないのだから、しっかりと採っておきたい。
で、ラーメン(笑)
ホルモンラーメンを購入した。実際、ボクはホルモンもラーメンも同じくらい好き。
いろんな名物があるだろうが、それは最後の旭川観光に持っていこうと決めており、ここでは目いっぱい栄養になるものを食っておくに限る、と思って食っていたのだが…
後に知ったことだが、旭川のソウルフード…と呼ばれるものの中にホルモンとラーメンがあり、それを合わせて料理にしたものが『ホルメン』というのだとか。
マジか。
期せずして旭川を堪能していたことになる。運命だな(笑)

さて、自然の中に突入するための最期の準備だ。

水… 水が大事なのだ。
北海道は山に入ったら生水は飲めない。寄生虫がいるというのだ。
だから生で飲める水は重要。なんにでも即座に使える水は大事なのだ。

ということで3ℓ の水筒と、1ℓの水筒と、500mlのペットボトルに水を入れた。
山行の予定は5泊。理想は4泊。
登山行動中だけでも1日1ℓ 必要だと考えて、持てるだけ持つことにしたのだ。
これで4.5㎏… なんとか5㎏ を切ったか… と思っていたが忘れていた。
ビール2缶、700ml を積んでいたのだった。
総じて5㎏ 以上、持ってしまった。

ロープウェイに搭乗…しようとして職員に声を掛けられる。
「今から片道で登るんですか? 上で監視員に戻されるかもしれませんよ?」
どうやら時間が問題らしい。
15:15。
キャンプ地までMAX3時間予定で計画している。18時強ならまだ明るい。
「キャンプできるところまで遠いから…」
と、職員は言うが… どうやらボクの速度を知らない。

「大丈夫だと思ってますよ?」
「そう言えば監視員も通してくれると思いますけど…」

職員は心配げ。
これもあとからわかったことだが、どうも北海道の登山は内地のソレとは条件が違うらしい。
結構遭難者がいるっぽいのだ。

とはいえ、そろそろ計画に遅延はさせられない。
ボクは丁寧に自分の意志を伝え、ロープウェイに搭乗した。

紅葉が進んでいる。
ということは朝晩でかなりの温度差になるのか。
今、丁度良くても… これは警戒しておいた方がいいな、とか考えながら景色を眺めて10分ほどで到着。

同じく搭乗していた客に団体客がいたので、彼らの陰に隠れて進む。
監視員は団体客を制止して、トレッキングの説明を開始。
ボクもそれに倣う。あまり目立って登山を止められたくない。

説明が終わるや否や、颯爽と風のようにその場を去る。そして準備なしで登山開始(笑)
とにかく止められるのは面倒だった。その会話を持つこと自体、時間も取られるからだ。

170906_旭岳01

ロープウェイで上まで来る人はこれを見る。
旭岳の圧倒的な美しさは、池に映し出されることで2倍にも感じる。

旅の始まりはすでに終わっていたが、いわゆる "冒険の始まり" はここからだ。
心躍っていた。

登坂に差し掛かる。
手持ちで水3ℓ は重いが、2時間強だと思えばたいしたことはない。

170906_49座_旭岳

実際1時間40分で登頂。
旭岳、北海道で一番高い山だ。

17時を越え、気温も下がってきた。5℃だった。
霧も覆いかぶさってきて、寒さのレベルを上げてくる。
今日のキャンプ地、裏旭野営指定地が近いハズ。
すぐに降りよう。

1km あるかないか。
標高にして100m 下がったかどうかのところにソコはある。

ボクは暗くならないうちに到着できたわけだ。
ロープウェイ職員の心配は徒労に終わったわけだ。よかったな。17時半到着。

気温は4℃ になってきた。
手がかじかむ。
テントを張り、キャンプ着に着替えて食事の準備をする。
ロープウェイ食堂で食ったが、明日からのこともある。食べておくにこしたことはないのだ。

19時を越えたころ…
空はもう暗い。晴れてはいるのだが、旭岳山頂部は雲が掛かっていた。

そんなところからヘッドランプと思われる光が見えた。
「キャンプ者か? …遅い時間に来たもんだな、職員のヤツ、ボクにいろいろいう前にアイツら止めろよ!」
当然、ボクより遅くロープウェイに乗ってきたと考えられ、暗くなってキャンプ地に着くという危ない橋を渡る登山者は注意しなければならないと思った。…のだが。

「もう、泣きそうでした~(涙)」
と、語る女子と、その彼氏(白人男性)。
どうやら道がわからなくなっていたらしい。
山頂に着いたはいいが、ガスが濃く、周りが見えない。暗くなってきたからなおさらで、下り始めたはいいが、本当にこの方向で正解なのかがわからなくて不安でいっぱいだったらしい。

そんな中、ボクのLEDランタンの光が見えた救われたという。
「わざと光らせてくれたんですか~!」
そんなわけない(笑)。お前らが遭難しかけてたなんて知る術はない(笑)
しかし、ボクの行動が君たちの救いになったのであれば、それは良かった…と思おう。

このアベック、実は登りで見かけていた。
旭岳と池の写真を掲載したが、それを撮ったその時、その場所にいた二人だ。

女性の方は、今勤めている工場にいる子に似てるな…と思ったし、彼氏が白人男性だったのだ目立ったのだ。
あと、ただの登山者にしてはマットがデカかった。まるでキャンプにでも行くような… まさかな、と思いながら先を急いだのだったが…

彼らはボクより先のロープウェイに乗ったと推察できる。
ボクより足が遅かったし、追い抜いたからだ。
ということは、職員の心配は当たったことになる。
こういう人もいるのだ。
危ない橋を渡った…が、まずは到着してよかったな、としておいた。

怖い思いをした後に、だから言わんこっちゃない! なんて叱ったら悲しくなってしまうだろう。
まずは良かった!! 生きててよかった!! 到着してよかった!!

もう寒い。
テントを早く張って、暖かい食事を採った方がいい。
安心してもう休みなさい。

北海道登山の怖いところを垣間見たようだが、自分のことじゃないので身に染みたわけじゃない。
…が、これが序章だということは、後から気が付く。

冒険は希望だけじゃない。

とりあえず、明日からの本番トレイルに備えて、就寝するボクであった。


170906_旭岳MAP


北海道旅行<stg0-1>

ボクの気に入らない我が社、我が工場において、先にも後にもないだろうと思われる大型連休取得義務が今年は発令された。
7日間。
7日間の夏休みを取得しなさいというのだ。有給消化で。

ま、どちらでもよい。堂々と休めるならこれ以上ない報酬だ。
だとすれば、普段行けないところに行くしかないであろう!
で、あれば、極地か? 端っこか?
北海道か??!

先月初めくらいから計画を始め、前二週間くらいで準備した。
そして、前日。

仕事を早めに切り上げて自宅に帰る。…が、忙しい。
まずパッキングは大丈夫か? 足りないものはないか? 多いものはないか?
荷物は過不足なしが一番。いや、そうじゃないと荷物が重すぎてバテてしまう。
最後までチェックに余念がない。
おお、忘れていた。登山計画書を作らなければ!!

仕事の日報を打ち込んだそのPCで、登山計画書を作成。
旅のしおりに差し込む。
(長期の旅行に出る場合、円滑な計画遂行のため旅のしおりを作るのだ)

22時。
「さて、出るか」

羽田発の飛行機が出るのは朝6:40。
実は自宅から朝に出て間に合わない時間なのだ。
だから前日から出発し、待機することにした。

夜中時分にでっかいザックを背負って出発(笑)
登山の恰好(Tシャツ・短パン)なので、池袋とか、山手線とか、結構ハズい。
さて、ビールを飲みながら羽田空港に到着だ。が、…追い返された。

羽田国内線のビルは0時頃から閉店になるらしい。
あれ? 待機できるハズでわ… ネットで調べたとき、待機の仕方を学んだのだが…
「国際線が24時間開いているので…」
なるほど、警備員によると、待機する人は国際線で時間を潰すのだとか。
そうか、あの記事は国際線ターミナルのことだったか。

羽田のサービスバスに乗り、ボクと同じく待機する場所を間違えた人たち(10人以上・笑)と国際線ターミナルビルへ出発。
この時点で0時を越えた。

国際線は人でごった返している。
9月5日。
平日なのに旅行に出る人の多さよ。
そりゃそうか、東京だもんな。
と、思いながら、国際線ターミナルビルを闊歩。クッションのあるソファはすでに満席。
待機寝する場所を求め奥へ、奥へ… ビルを2周ほどして、クッションのないベンチに決め、腰を下ろした。
本当なら食事と酒をたしなもうと思っていたが、そんな気もしなくなった。
途中で購入したビールを飲んで、2時就寝。
予定通り5時に起き、行動開始だ。

吉牛で朝食を採り、サービスバスで国内線ビルへ。
今回は乗り遅れそうになることなく、安全圏で飛行機乗車だ。
ここ数回、乗り遅れそうになったり、実際乗り遅れたりしたから、ちょっと早めに行動することにしたんだよね。

一路、北海道へ。
旭川空港到着するが、ここでミッションがある。
なんと、現地調達しないといけない物品があるのだ。

燃焼用アルコールと、食パン。

これからの旅で必要になる調理用の熱源は、飛行機には乗せられないのだ。
だから現地調達。
アルコールとカセットコンロ用ガス。とちらが入手しやすいか? =カセットコンロ用ガスだろう。
でも、重さを考えるとアルコールに分がある。
で、アルコールをチョイス。これが悪かった。

空港から一番近い薬局が5km 先。
歩いた(走った)よ。
しかし、その小さい薬局にはなかった。ちなみにカセットコンロガスは近くのコンビニで見かけた。
次に近い薬局がさらに5km 先。
歩いた(走った)よ。もう、乗ろうと思っていたバスには乗れないと覚悟した。

10km 歩いて ツルハドラック到着。
やっとのことでアルコールと食パンを入手したが、これから10km また歩くのか?
空港までのバスがないか? 調べてみたが、実はあまりないことがわかった。
途中までバス。あとは歩き。それが実質無難な選択なようだ。

5km ほどバスでなんとかできた。が、残りは歩かねばならないようだ。
やってらんねぇ感が半端なくなってきたのでビールを買った。
飲みながら空港を目指す。

「ああ、北海道は広いなぁ」

その日はめっちゃ晴れていた。
これからの旅に心躍らせながら、ビールを楽しむ。もちろんサッポロだぜ。

もう足痛いし、疲れてる。
睡眠不足もある。

ま、疲れてるくらいで行った方がテントで良く寝れるだろ。
ボクは気楽に考えて、移動するのだった。

(この件で、予定の2時間半遅れになる)



データとにらめっこ

エネルギー管理の仕事をやっている。

この混沌とした工場において、節操や節約という言葉は見つからない。

とはいえ、金さえ払えばなんでも一切合切使って大丈夫!! …というわけにはいかないんだな、これが。


水は使うのに制限があると思っているでしょ?
でも、問題なのは排水で、排水処理能力の方が限界を迎えることの方が多いのではないだろうか?
つーことで、現在、能力限界を超えたり、退いたり。
いつ、なんどき地下から溢れるかわからん状態。

電気使い過ぎなので、自家発電してるんだけど、これもフル稼働。
通常受電で間に合わない分は自家発電しているのだが、これってガスを燃やして作ってるんだよね。
結局ガス代が掛かっちゃう。割り増し料金ってやつ?
でも、電気がないと困っちゃうから使っちゃう。
つーことで、現在、自家発電フル稼働中。目下過去最高記録更新中。

こないだまで、蒸気の使い過ぎでガス使用量が多いよ? なんてささやかれていたりして。
いろいろあったけど、蒸気漏れが酷くて、24時間蒸気漏れとかザラで…
つーことで、ガス使用量も法外な感じで多かったんだけど、4・5・6・7月でいろいろ治してる。
まだできることはあるんだけど、それでも鎮火に向かっている…けど多いよなぁ、ガス使用量。

て、ことで、
今日はムリに定時で上がって(残業時間削減のため)データとにらめっこ。
集計作って、グラフにして、前のデータと比べて…
問題が多いから、可能性を拾うのもかなり多くて…

…いつのまにか3時間が過ぎていた。

やっぱ、データが好きみたいだな。

この解析していくと真実に近づいているみたいな感覚が好きかも。
いや、データは嘘つかないし…
人みたいに… 嘘… つかないし…( ;∀;)

人が適当に記入するデータは信用できないよな!
やっぱ、自動的に入力されるデータは嘘がない分、本当に信実が出てくるよな!!

あはは!
これだよこれ!
数字取らないと!!!

ああ、こういう明快な世界。
なんでうちの工場は取り入れないんだろう?
いや、会社ぐるみで全く気が付いている素振りがないのはなぜだろう?

不思議だ。

ああ、疲れた。
そこそこデータ解析もできたし、今日はもう酒飲もう!!🎶


8月も半ば越え…

くわーっ、忙しー!!
仕事もそうだが、遊びもやべー!!

平日も休日も、体が休まる時がねーっ!! あー、夏やべー!!
ブログもまだ2回更新か! こりゃあ参ったねっ♪

…テンション戻そう。

仕事自慢じゃないが、出勤している日はキツイ。
息絶えそうなほど仕事しているが、これがまた、意味が見いだせなくて困っている。
物が壊れる… 
(人が壊した)
機械が不調… 
(掃除不足か、部品取付ミスばかり。あ、あと本社が勝手につけた機械が不良品)
ここが危険だからなんとかして… 
(ケガする人があとを絶たない。安全に行動をするということを知らない)
物をなくした… 
(どうしてなくすの?ってものがなくなる)
物を作って!… 
(どういうことをしたいかしか教えてくれない。それが不可能なことでも作らない人は作れると思っている)
上から怒られたから、ここをこうして!… 
(そんなもん知るかよ?)
冷蔵庫の温度が高いんですよ?… 
(扉閉めろよ)
ネジが取れてる… 
(ネジ付ければ?)
これ汚いから交換して! 
(掃除すれば使えるでしょ?)


……ああヤバい、この工場ヤバい。
際限なく生み出されるトラブル。
抑制しようという声は出てるが行動する人は皆無。
1000人の従業員対修理要員5人(内最低一人は休み)。
この圧倒的な戦力差。マジ、この工場良くできねぇわ。

と、いう状態だからいつも刹那的な仕事で、建設的な仕事は全くできていない。
若き日の我輩を思い出す。

(お金使う方【父】と稼ぐ方【我輩】が決まっている家庭だったな、うちは…)

全く以て面白くない。この壊す方と治す方が決まっている仕事は、決して終わることのない "遠慮なき破壊" との戦いだと思う。
修理する側の技能を無料で享受できるのを幸せだと考えない輩は、"当たり前でしょ" という顔してボクらに物を頼んでくる。
…全く以ておもしろくない。生まれて初めてノルマ製にしてほしいと思うくらいだ。
メーカーに頼んだら月100万円以上は掛かるぞ? ボクがやっていることは。

と、いうようなことを勤務中はやっているので、忙しい。

で、休日もなかなか。
一週目の休日は田舎の草刈りでしょ?
二週目は二夜連続、泊まり掛けで呑みまくりでしょ?
今日は三周目。
本当は山に行こうと思っていたけど、実は仕事の資料作りの納期が二ヶ月後に迫っている。
これも3年放置された仕事だが、ボクがやらなければ多分、後世誰もやらんで困り続けるんだろう。

通常時に全く暇がなくてデスクワークができないから自宅でやってるんだよねぇ。
そろそろ本格的に自宅ワークしないと間に合わないから、サブモニター買いました。

170818_サブモニター

いやぁ、はかどる!

いいねぇ、進むわーっ!! ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



……ああ、仕事まみれだなぁ。
釣り行きてぇなぁ。

嗚呼、さっさと上がって楽になりてぇ。
資料、作り上げれば終わるもんな。積み上げだもんな。
普段やってる仕事よりは遣り甲斐あるわな。

…そう思ってやろう。
時間外なんだけどな…( ;∀;)