メモ帳とカード入れ

170324_メモ帳名刺入れ02  170324_メモ帳名刺入れ01
昔からメモ帳を携帯していた。

電車内でちょっとメモ。
話を聞いてちょっとメモ。
本を読んだらちょっとメモ。
テレビを見てもちょっとメモ。

…と、使うものだが、実はそこまで筆まめではないのが珠に傷。

とはいえ、メモ帳を持たないと書きたいときに書けないのは確実。
ペンとメモ帳。それは必須なのだ!

つーことでメモ帳遍歴を語ると、やはり携帯性が重視されていったわけだ。

最初の頃はカバンに入れていたが、わざわざ取り出すのがおっくうになってしまった。
そもそもカバンを持っていないと書けないのも不便だった。

ズボンのポケットに入るものに変えてみて、今度はサイズがどんどん小さくなってきた。
大きいとやっぱり嵩張る。
ポケットの中の存在感については薄い財布を紹介したときに書いたが、無い方が好きだ。
サイズが小さくなっていき、薄いものに変わっていった。

で、最終的に必要だと思われる分だけ書けるものがあればいい、、という発想に至り、
付箋を必要なだけ財布に貼っておく、という形に変化していった。

…が、そう、薄い財布に変えてしまった。
もう、付箋が貼れない。

そして、薄い財布に弱点がある。
当たり前だが、不要なものが入らないのだ!!

財布的には不要だが、一応欲しい機能ってある。
名刺数枚と、ポイントカードとかチケットなどを携帯したいでしょ。
目的の店で使うメンバーカードもそうだ。

画像は付箋メモを貼りつけた "メモできる名刺入れ" だ。

行先に応じて入れるものが変わるが、左から、
メモ欄、名刺入れ、TODO欄で使っていて、一番右は自分の名刺に "池袋ラーメンマップ" を自作して携帯している(笑)

ペンは何色も使いたい方で、これは100均で購入した4色ボールペン。
短いボールペンってなかなか売ってないんだよねぇ。
結構失くすしさ。安いのでいいかなって思う。

右ケツに薄い財布。
左ケツにメモ&名刺入れ。
前右ポケに自宅の鍵。
前左ポケにスマホ。

パーフェクト。
本当、無問題。
これにて、標準装備完成なわけです(笑)

ま、ボクの装備、ご紹介ってことで。


スポンサーサイト

エクスカリバー(仮)

170323_リトル・エクスカリバー

聖剣・エクスカリバーっっ!!

なんてな。
キラキラ、黄金の短剣のようなそのフォルム。
短かッ!!

実はこれ、刃物砥石。シャープナーっつった方がいいのかな?

神奈川に住んでいた頃から使っていたシャープナーがどうしても見つからない。
良かったのになぁ。。。
そう思っていると時間ばかりが過ぎていき、包丁の切れ味がナマクラになっていく。

ああっ、もうっ!!
ということになり、買いにいくことに。

で、一目惚れ。
黄金の剣。まるでエクスカリバー(ボクの中でエクスカリバーは刀身が金色・笑)のようだ!!
カッコイイ!!

姿形、機能も前に使っていたシャープナーと瓜二つ。
なんと、同じメーカーの商品。

これしか…ない…(プルプル)

それ以来、包丁を軽く研ぐのが楽しみでならない。

いいね。
良いアイテムに囲まれた生活。楽し(^^♪



新財布 (と言っても昨年の10月からだが)

昨年の10月。
誕生月ということで、クレジットカードのポイント5倍。
高額商品を買うタイミングである。

そこで財布を新調した。
同カテゴリー、『ガジェット通信』だが、奇しくも前回は財布であったか。

財布を購入した。
何が不満かというと、“厚さ”。
ズボンのポケットに入れたときの存在感に違和感があったのだ。
一応、薄目の二つ折り財布だったのだが、それでもちょっと…という感じ。

だから今回は “薄さ” にこだわった。

170221_アブラサス01   170221_アブラサス03

abrAsus(アブラサス)という。

実際の厚みは1センチ強。
尻ポケットに入れた感じは 『あれ、オレ、財布忘れた??』 というくら存在感がない。

これだよ、これがいいわぁ。

170221_アブラサス02

ネットで検索してくれれば早いのだが、薄さの秘密はお金のしまい方にある。
なんとも考えられて作られている。
それでいて本革仕様だから安っぽくならない。

必要なものを必要な分だけ持ち歩くスタンスの財布。
多くのものは入らないが、機能は充分。

お札15枚くらい。
硬貨15枚くらい。
カードは4枚。
あと、あまり大きくはないポケットが一つ。

硬貨のしまい方が几帳面で扱いづらいが、そこさえ我慢してきっちり収納すれば、あとは快適。
もう、これ以外ない! と思わせる財布だ。

お金の貯まる黄色が欲しかったのだが、その手の色がこれしかなかった。

ちょっと色味が違うので、黄色があれば購入しなおしたいなぁ。

と、いうくらい気に入っている。


あとは、存在感が消えるのでなくさないようにしないとね。
なくしたら笑えないぜ(笑)。




春財布

去る1月2日。
ボクはポチった。

ポチったといえば、密林だろ。もう常識だよね。

年始早々ポチったのはある記事を見たからだ。

春財布 = 張る財布

やべぇ、買うしか!!!(;´Д`)


ダジャレで購入を決意した財布だ。

実は以前使っていた財布はボロボロで破れまくっていた。
財布的に破れまくるのは演技が悪いなぁ、とは思っていたが、購入には踏み切れなかった。

"財布は自分で買うものではない"

なんて都市伝説が耳に残っていたからだ。
でも、やはりボロな財布に金は入ってこなそうだ。なんとかしたい。

そこでこのダジャレ。
ボクの背中を押した。

160226_張る財布01  160226_張る財布02

M+(エムピウ)という革小物の取り扱いをしているブランドらしい。
1万円超の財布なんて初めて買った。
いや、3千円を超えたことはなかった気がするなぁ。
数千円のマネークリップが最高額ではないだろうか?

ちょっとお金に興味出てきたからね。
お金にそっぽ向かれることはしたくなくなってきたんだよね。
とはいえ、相変わらず奔放に使ってしまうんだけどさ。

これで数年、やっていけるかな?

金廻り、よくならないかな?? なればいいな。



ブルートゥース・スピーカー

160218_BTスピーカ

以前、友人がうちに来たとき、ブルートゥースのスピーカーを持ってきた。
良い音だ、という。
確かに低音が効いた、ハッキリとした音質で音楽を聴くことができた。
1ユニットだったが、とても一箇所から音が出てるとは思えない広がりでもあった。

いいなぁ。

でも、それは大き過ぎた。
握りこぶし3つ分くらいか? 高さ20センチ、幅10センチ、奥行10センチくらいだろうか?
コンセント式でもあったな。

ボクは部屋で音楽を聴いたりネットラジオを聴いたりしている。
ダイニングキッチンあたりで作業をするとき、PCを持っていったりスマホをスピーカーにつないだりして聴いている。
だが、なんとなくそれが億劫だった。

そういえば、最近電気量販店に行ったとき、ブルートゥース・スピーカーが多く置いてあったな。
ちょっと真面目に見てみよう、と回ったときに出会ったスピーカーがコレ。

5平方センチメートルのキューブ型。 小型だ!
音を視聴すると、おお、なかなか低音が効いた大きな音が出る!
バッテリー式で、場所を選ばないぞ!

これだぁーーーーーっ!!

つて、購入。


いや、便利。
家中どこにいても音楽もラジオも聴けるぜ。
これはいい!

車中泊でも非常に有効活用できるのではないか??
なかなか楽しみであるぞ。

さ、じゃぁ、車中泊、行っちゃうか!!