ローガン

映画のことを書くのも久々だなぁ。
つーか、映画すら久々に観たよ。

埼玉にきて。
新天地で。
映画館、実は近場にあるんだよね。
歩いて15分くらいの場所で、ボクのマラソンコースでもあるんだよね。

そんな場所にあるのに、まだ偵察しかしていない。
でも、そろそろ住処にも慣れてきたし、通い始めてみようかしら。
ちょっとローカルな映画も観たいよね。
そして感性を充実させて、戻したいよね。

さて。感性云々は置いておいて、今回はローガン。

170624_ローガン

Xmen、ウルバリンの最期を描いたという作品です。


時は未来。
ミュータントが生まれなくなって20年以上経つという時代。

ローガンはプロフェッサーXとキャリバンとを匿って生き続けていた。
だが、プロフェッサーXは "災害認定" されるほどのお尋ね者になっており、彼を追うものがいた。
ローガンの目下の夢は、タクシー運転手として金を稼ぎ、船を買い、プロフェッサーXを安全な海に逃がすということだった。

そんな折、一人のメキシコ人女性がローガンの前に現れる。
面倒ごとの予感。ローガンは彼女を退けようとするが、大金を見せられて心が揺らぐ。
また、彼女を追う男にも出会う。
彼はプロフェッサーXのことも知っている口ぶりだった。
いずれにせよ、ローガンは何も知らないと答えるのだった。

再び彼女に会うことになったが、既に彼女は殺されていた。
彼女と一緒にいた女の子 ~ローラと呼ばれた10歳くらいの少女~ もいない。
ローガンは彼女を追う男のことを思い出していた。
裏切ったと思われたかもしれない。プロフェッサーXが危ない。

三人で暮らす建屋に到着するや、ローラが車に忍び込んでいたことを知る。
そして、あの男が。。。。

破壊工作員を多数連れたあの男 ~追跡者・ドナルド~ は力づくでローラとプロフェッサーXを奪いに来た。
守るローガン。しかし、ウルバリン時代の精彩は既になく、常にピンチだ。
そんな彼を助けるでもないだろうが… ローラは腕から爪を出す。
ローガンと同じ、アダマンチウムの爪を…


導入はこんなところか。

数百年を生きていたであろうローガンが、ここ数十年で一気に衰え、そろそろ死にそうっていうのが見どころ。
プロフェッサーX もアルツハイマー直前だし、ミュータントはほとんどいないみたい。

ミュータントを破壊するミュータントがいて、ミュータント同士の血で血をあらうアポカリプス…なんて話もあったような気がするが、今回はミュータントという時代の終わりを象徴した映画となりました。

すでに世界は人だけが支配者で、共存以前にミュータント自体がいなくなってしまっている。
あとは老齢なミュータントが寿命で死ぬのを待つだけ…みたいな世界観。

寿命で死んじゃいそうなんだけど、ウルバリンだからね、そんな状態でもいつまで生きるかわかんない。
そんな世界に1人で生きるのがツライとでも言うように、プロフェッサーXを守り続けているんだよね。
最後の時間。せめて緩やかな死を… と思っているかどうかはわからんが、とにかく、自分が生きるというためにも、この老人を生かせたい。もうそれだけ。

そこにローラという希望。
プロフェッサーXは彼女に大いに希望を持ち、最初は忌々しく思っていたローガンですらその火を認めることになる。

で、またカワイイんだよね。
女の子を戦士にするなんてキタねーことするなー、原作者、、、とか思いながらも、ボクもどっぷりです。
ウルバリン・キューティーとでも名付けたくなりそうだが(⇦迷惑だろうが、おい・苦笑)彼女の戦いっぷりもすごい。

猛獣です!!

下手に手を出さないでください。基本、教育は受けていません!! 狂暴ですっ!!!
まずは餌付けから!

キュートなローラの心の成長も観察しつつ、物語を追うのも楽しいかもですねー。

これでウルバリン最終章。
上映終わり間近。見逃すな!



スポンサーサイト

バットマンvsスーパーマン

160428_バットマンvsスーパーマン

ひと月ぶりの更新(汗)
いやー、久しぶりにここに来ました。

忙しさにかまけて全くできない更新。
ここ数日は平和が続いたので、ようやく体リセットできた感じ?
リセットついでに映画を観たので更新しようかと。。。。


もう公開終了しそうな映画。
「バットマンvsスーパーマン」を観てきました。

あの最強アニメ・ドラゴンボールのサイヤ人さえ倒してしまいそうな男、"スーパーマン"と、
マッチョだけれど、いわゆる普通の人間である "バットマン" の対決。

バットマンが勝てるわけないでしょ?
という、下馬評をどこまで、どう魅せるかが焦点なのかと思って着座っす。

内容には触れずにおくが、
いやー、スーパーマンのスーパーっぷりはマジぱねぇっす!!
時速100キロ出してる車にひかれても微動だにせず。逆に車を吹っ飛ばすレベル!
もちろん、光速レベルの飛行能力とか、昔懐かしい『目からビーム!!』もある。
アニメやマンガなら「すげぇな」レベルだけと、実写映画化されるともはや『災害指定』にしか感じない。

対してバットマンは人間の域をギリギリ越えそうな存在で、「人にしてはなかなかやるな」レベル。
"努力" と "憎しみ" を絶えず維持することで超人的な活動が可能になっている。
両方どちらが欠けても、バットマンは悪党の餌食となるかもしれない危険な正義を行使している。

絶対死なない、"神" と、ちっぽけで有限な "人" の対決。

何度も書くが、絶対にスーパーマンが勝つに決まっているのだ。

…でも、、、
……でもそれじゃあ映画にならんでしょうが??!!


いちいち街が破壊されますし、爆裂系のヒーローもんですが、
期待を持って観てほしいな。

もう公開終了近いから、TV視聴になる人が多いかもね。


ちなみに…

この映画はスーパーマン2です。

最近の映画はいろいろと主人公がごちゃ混ぜになってわかりづらいですが、これは『マン・オブ・スティール2』にあたるそうですよ。

そういう感じで見るのも面白いかもね。


対するマーブルは、次作『シビル・ウォー』ですか。
こちらは『キャプテン・アメリカ3』あたりの話ですかね? それとも『アイアンマン』??

わかりにくいなぁ(笑)。



エヴェレスト-神々の山嶺

160318_エヴェレスト-神々の山嶺

超久々に映画を観たわ。
10ヵ月ぶりだとか?
ないわー。(;´∀`)

で、選んだのは山映画。
キレイな山が見たくて。
山の厳しさを感じたくて観てきましたわ。

いやぁ、厳しいよ。
山、辛いよ。
なんでこんなことしてるんかねぇ、山屋はさぁ。

ボクにはムリ。
過酷をここに求めることはできないなぁ。
そこまでする理由を見つけることができないわ。

でも、過酷で後戻りすらできなくなる可能性がある登山。
冒険であり、戦いでもある。
それに魅入られた男たちの物語。

過酷過ぎるから高尚に努力できるものしかたどり着けない境地。
その一端でも取り込もうと今後の自分の行動をどうしようか考えてしまった。

酒、、、少し控ようかな。
あれ、一番良くないよね。wwww



劇場版 境界の彼方 <未来編>

150501_境界の彼方 未来編

1日は休み、なんかやることねぇ!
1日は映画ファーストデイ! GWで混雑予想されるがそんなの関係ねぇ!
強がってみたが、学生こねぇ! 早い時間に見るしかねぇ!!


さて、
ファーストデイで安く見ることができるので、一応、上映リストを見たら 【境界の彼方】 がっ!
やべ、見とかないとすぐ終わっちゃう!!

つーことでがんばって見てきました。
今夜は徹夜だっていうのに、12時半上映分で行ってきたよ。


今回はTV回顧録ではなく、完全オリジナル。
TVシリーズのその後を描く。

恋愛色が濃く、アクション色は減ったが、それも作品愛があれば乗り越えられるというものだ。
そういうわけで、乗り越えた。

キャラ愛がありすぎて、映画の正確な評価はできかねるなぁ。
ギャグも面白いし、思春期の恋愛模様もいいものだけれど、やはり作品愛からなのかもしれない。

とりあえず、これで完結。
感慨深いわぁ。


そういえば、まどかマギカの続編はどうなったんだろう。
そっちも気になってるんだけどなぁ。


劇場版 境界の彼方 <過去編>

150319_劇場版 境界の彼方


ボクに赤い眼鏡をかけることを決意させた問題作。
…というのは冗談だが、地上波で全話視聴した作品が劇場化。

そうなればいくしかない。
夜勤明けで長い夜を持て余していたこともあり、レイトショーを観てきたよ。

今回はそうだなぁ、
…いや、やめておこう。
このブログを見る人はあまりいないだろうが、集客力に響いてしまうかもしれない(笑)。

括目して見よ!
なんてな。


しかし、
少し泣きそうになってしまった。
こんなに切ない感じの作品だったろうか?
だいぶ忘れてるぜ。