おみやげ

080430_0321~01


群馬のおみやげ。
会社の人には下仁田ネギチップスと下仁田ネギばかうまを差し上げました。
んで、ボクにお土産として、「下仁田ネギ入り殿様キムチ」を購入!
殿様…っつーのがなんだかよくわからんが、ネギ好きのボクにはすげー楽しみなのです。

まだ冷蔵庫に厚切りのたくあんが待機してるので、順番待ちで食えんが、今週の休みくらいには食べれるのではないだろうか。

ネギのキムチ… いったいどんな食感なのだろう、、、、 楽しみ♪
スポンサーサイト

祭りのあと

080428_0002~01


メガ牛丼です。
ボクは「美味しいものは足りないくらいが丁度いい」と思っているので、メガ牛は避けていました。
だけど、栄養とか滋養とかだいぶ足んないのがわかってたので、会社帰りに興味も手伝って頼んでみました。
ご飯と牛肉の比率が逆である。

通常飯が7分盛り、牛肉は3分盛りという感じで、あくまで牛肉は 「おかず」。
でも、メガ牛は逆の比率で、牛肉をご飯で食ってる感じだ。

とはいえ飯も多いのだろう、ボリュームはあるが、、、、、 楽勝でたいらげた。
ちょっとくらい腹が膨れるかと思ったが、普通に食えた。 うまかった。
足りないんだろうな、色々。

群馬CSCグランプリ

   SANY2792.jpg   SANY2798.jpg

行ってきました。 今シーズン最初のレース。 群馬CSCグランプリ150km!

ぬぅぉっ! すまぬっ、DNFじゃあっ!!!

すげーサバイバルなレースでした。
150km参加者41人で、完走した人は10人。
他の人はDNFな訳ですが、ほぼ100%の割合で、時間切れではなく、リタイアです。
気温4度、雨の中行われたレースは、相当な装備をしなくては冷気を防ぐことはできず、全ての選手を氷結地獄に落としいれたわけです。

まぁ、ボクもその中の一人。

寒すぎてエネルギーを震えに使ったり、筋肉を強張らせたりすることに使ってしまって、結構続かない感じがあったけど、それでも先頭集団でチョイ逃げしたりして 「調子いいのかな?」 なんて気にもなったけど、6周で凍えきった。

こんなに凍えたのは、忘年会のあと川に入って、そのまま駅で寝入った時以来!

っつーくらい凍えた。
乾いた服を着て、寝袋に30分入っても、半分温まりくらいしか上がらんかったが、36km走って帰るのは、全くもってもったいなかったので、全身ホットクリームを塗りたくった後、今できる最高の防具(暖か速乾インナー+乾いたTシャツ+ウインドベスト+ゴミ袋+半そでレーサージャージ+ウインドブレーカー+ゴミ袋+半そでレーサージャージ)を上半身に施し、足もとも防具(靴下+ゴミ袋+レインシューズカバー+ウインドストップシューズカバー)をつけて2度目の出走。

あったかい! 行ける! そう思ったボクは怒涛の進撃!
最終的に60km走り続けたのだけど、その間、誰にも抜かれなかった。
これはギリギリのところで繋いだボクのプライドです(涙)。

なるしま強豪シニアのK藤さんも集団から離れて一人旅みたいだったが、写真の状況のように行きと帰りで選手が顔を合わせることができるポイントがあるのだが、ボクよりもペースが遅いのがわかるくらいキツイみたいだ。 そしていつの間にかいなくなっていた。

そして、冷気により水を飲むこともできず、口がかじかんで補食に歯が通らず、結局ハンガーノック直前、また寒くなってきて… 

その後は車で補食を採ったものの、3回目の出走後は全く体が温まらず、1周でリタイヤ。

3回死んだ感じですよ、本当。

車で震えながら着替えても温まらず、車の中でコンロ使ってお湯沸してカップラーメン食ってなんとか持ち直したものの、帰り温泉寄ってなんとか普通に戻った感じ。

教訓!
最悪の状況を考えて装備を整えよう。←いつもやってるが(汗)
今回は予想以上だったのだが、今回レベルの状況は考えておいた方がいいかも


ちなみに、ボクのクラスは完走者4人。 完走すれば入賞という最高のごちそうだったのに… もったいない!!

付け焼刃

        080423_1330~01       080423_1311~01


付け焼刃ではあるけど、なんとか形だけは揃えたいと思って、距離を走るつもりでトレーニングしました。 
112kmで終了したけど。。。

あいかわらず体調はすぐれないので流すだけになるのかな、、と思ってたけど、昨日取り付けたホイールがすげー回ったんで、TTやった。 結果、同じ区間で過去3位。
およそ一時間を走り続けるアップダウンたくさんの登り基調。 こないだ書いた場所でもある。

最高記録は2年前の10月なので、ほぼ最高潮に近いコンディションで行ったはず。
今回はシーズン初旬。 大躍進って感じだ。
150kmという距離はフィジカルがもたんかもしれんが、100km以下ではなんとかついていけるんではないか、、、っていう実感は得た。 そう、こういう自信が必要なのだ、レースするには。

ゴール地点では季節外れ(当地では季節通りだろうけど)の桜。
散り始めの桜はめっさ好き。 楽しく走れた。 情緒的だった。

昼飯はグラタン。 シーズン中で調子が良ければ食わない品だ。
クリームとか油だからな。 食ったらコンディション落ちそうで食わん。
でも今は食う。 美味しいのでも食わんとしんどくて投げ出しそうだから (涙)

とりあえず今回のレースに対する練習は終り。 
明日はサイクリングペースでヤビツへ行く。 楽しくコンディション作って終わるのがボク流ですので。

レース・モード

wh7801ca-tu.jpg


レースも週末に迫り、ボクの戦闘機で練習できるのも2日程度となったので、暇をみてホイール交換ををしました。

決戦用軽量カーボンホイール、
 「shimano WH7801C tu」  前後1300gの飛び道具だ。

とはいえ、超軽量というわけではない。カーボンなのに丈夫さも持ち合わせている。もち、剛性も。

登りで最強とは言えず、なんのための軽量ホイールかと言えば、コイツは「平地もこなせる登り向きのホイール」っていう微妙な立ち位置。
とはいえ、当時はこの微妙なところが気に入って購入したのだ。
なんたって、ボクは登りが弱い。
でも、平地のスピードや、下りの制動を殺してまで登りに特化したくないのも実情。

当時、世界選を獲ったオスカル=フレイレが履いていたのもあって、スプリントもこなせるのがわかった以上、コイツしかねぇ!と思って購入した一品。
なんでもできる登り向きなホイールなのだ。

ま、コイツと過ごして幾歳月。 今もコイツでレースはでる。

本当は軽量ディープリムが欲しいのだが、、、これはまだ検討中。
今週は集団行動が目的(笑)なのでこれで充分。 明日はこれで走って調整することになる。

心配事

写真もないですが、心配事が2つあります。

ひとつ。
群馬CSC150kmではなく、100kmにしておけばよかった。
…ま、この季節はそうですが、あまりにも走れてません。 100kmならまだしも、150kmって、
計画的かつ、LSD的な持久力がなければ速く走るのは難しい感じがします。

そんな状態、8月9月にならなきゃ作れたことないですね。
なんとなく、今年はいけるんじゃないかと錯覚した自分が馬鹿でした。

ふたつ。
そんな、レースの参加証が送られてきません。
どうしたの? 俺、走れるの?????

心配です。

復活のディルーカ

07ジロ_ディルーカ


去年のジロ・デ・イタリア覇者、ダニーロ=ディルーカがドーピング疑惑から晴れて解放された模様。
彼、この疑惑のお陰でプロツアー覇者の称号も剥奪され、去年の活躍も帳消しにされるという状態だった。

へこむよ~、こんなことされたらさぁ。 シーズンも終盤で、「お前、ジロでドーピングったろ?」なんて言われて、「違うっ!」っていったって「怪しいから今までの成績なし。更に謹慎」。 なんて酷過ぎる。

ボクの好きな選手、ザボルデッリがジロで優勝したときに、ステージレーサーとして資質を開花させたのが彼。 なんで、DVDによく出てきていて、以来、親近感あって応援していた。

そんな彼が無罪放免。 無罪放免っていうか、もし使っていても禁止されていない注射(?)の陽性判定と、これまた変化していてもなんの罪にもならないホルモンの増殖が問題だったとか。
なんじゃそりゃ? って感じ。 両方とも変化が見つかっただけで、禁止薬物でも、パフォーマンスアップにもならんそうだし、これを告発してなんで問題になるかわからん。

ま、昨日に引き続き、自転車界で、ボク個人的に良いことがあったということ。
がんばれや、ディルーカ。
ちなみに今シーズンは上でも紹介したサボルデッリと同じチーム。
2人が組んで何が起こるか。

乞うご期待なジロですな。

別府優勝!

080418_アジア選手権_別府優勝


アジア選手権で日本人選手が1位・3位を獲りました!
まぁ、ディフェンディングチャンピォンも日本人だったようだから、日本としては2連覇ということになるのかな?
カザフスタン・イラン・ウズベキスタンを抑え、日本に対して無類の強さを発揮する韓国・中国も力を発揮させずに展開した、日本人選手4人の戦略と力が光ったレースだったようだ。

ディフェンディングチャンピォン宮澤を始め、世界トップの力に最も近い別府、ヨーロッパクラスの選手に成長してなお伸び続ける新鋭 新城、日本を代表するスプリンターの一人でピスト競技でも強い西谷。
日本で四人選べと言われて、並ぶ選手が多いなか、まぁ、間違いない選択と言える四人だと思う。
西谷選手以外は目立ってるしな。

このニュースは今日の神奈川新聞にも載ってて、「ロードレースが新聞に載ってる!」って少し感動。
まぁ、省スペースの記事で、水泳は一面記載されてたけど。

まぁ、なんにせよめでたい!

だから、、、じゃないが、今日は会社を18時退社。
空が明るい!

う、うれしかった。

マイヨジョーヌ

SANY1471.jpg

この奇麗なケーキ。 名前をマイヨジョーヌというらしいです。
去年の夏、とある友人から誘われたケーキの食事会に行った時、現れた一品。

マイヨジョーヌ = 黄色いジャージ の意味があり、かの自転車レース「ツール・ド・フランス」の総合タイムリーダーが着用できる。
ボクら、ロードかじりでもわかる、特別なジャージであり、色である。

そんな思いを込めたのか、込めないでか、、、 まぁ、とにかくこのケーキは存在する。 …食べたし。

アプリコットのケーキ、、なんだろうな。 下手な生クリームとかバタークリームベタベタのケーキよりあっさり、しっかりして美味しい。 本当に美味しいから、どこかで見たら食べてみたくださいな。

写真撮ればよかった

写真撮るの忘れたのだが、、、、

今日、会社の帰りに九州の研修者と呑む機会を得た。
どこで呑むかと考えたところ、近くの焼肉屋なんぞどうか?と提案。
初めて行ってみたらなんと、良い感じの居酒焼肉屋でして、、リーズナブル! ボリュームばっちり!

そんななか、ご飯大盛りを頼んだ同僚の元に届いた茶碗には… 本当にマンガ盛りのご飯が!!

マジ、撮るべきだった!
見せたい、みんなに見せたい!! だいぶ後悔したので、次からは恥ずかしがらずに写真を撮ろうと思う。

ささやかな幸せ

25kmの通勤練習
微妙に利いてるかどうかわからない筋トレ

が、終わってなお、寝たい時間まで2時間あるっていうのは幸せです。

酒、1L飲んじゃた。
依存はまだまだ続く!

足が攣るだとぅ!

080414_2251~01


最近の通勤練習は、負荷を常に掛けて走る練習をしておる。 
TTのように中負荷でずーっと走り続けるのが狙いだ。
ちなみに、高負荷だともたないんで中負荷なのだ。

んで、今日は「引き足」に注目して走っとりました。
終盤に訪れる8%、30m程度の坂道で、確かに重すぎるギアで突入。
でも、体の動きとじっとりとした筋力の発動で乗り切る予定だったのだが…

ピキピキィッ!!!!!

痙攣です。

「ノゥ! この俺の足が攣るだとぅっ!!」

若干信じられない衝撃にかられながら、反射的に左ふくらはぎをかばう走りに変更。
去年10月の富士SPW100kmの100kmめで攣った以来ですわ。

たかだか25km、ちょっと変わった走法で回しただけなのに、攣るとは。。。。

なんか、月末の150kmマラソン。 やばい感じになってきたかも。。。。

帰ってからプチ卵丼作りました。
夜から丼ものも久しぶり。 ご飯余っちゃって。 しゃーないな。

依存度100%

080413_1638~01


昨日、呑み過ぎました。
フラストレーションを発散させるため呑み始めたのだが、呑まれましたね。
もうそろそろ呑まれ慣れしてきましたわ。
…ボクは更なる高みを目指して、これからも呑まれよう。

昼まで友人の家で寝た後、チューハイを一杯軽く呑んで帰ってきました。
現在二日酔い中です。 ボクの二日酔いはお腹が空いて、食べると気持ち悪い、、っていうやつ。
頭痛くならないんで活動できるけど、気持悪さはずっと続くんで、行動はおかしいです。

今日帰り道で本屋によってモモイダーを買いました。
こういうほのぼの戦隊マンガっていいよね、、って思ったな。

三度目の正直?

080410_2240~01


写真は「アワーズ」です
これ、写真の商品が出る前に同名異種の物が2種類でてまして、なんつーか、おいしくはなかったんだな。
で、今回3種類目がでて、、、、「う~ん、まずまず」って感じまで良くなった!
アワーズっつーことで、泡が多くて爽快さがウリだったんだろうが、泡ばっかりで腹が膨れるのが弱点だった。
でも、今回は発泡酒なみの泡っぽさで、丁度よくなったが、、、、、、、
、、、、、あれ、ただのチュウハイ??? って、普通っぽくもなっちったかな。

ま、でも、好きな味ですよ。 久しぶりにね。




初めてまともなコメント書いてもらったので、応えてみたくて少し書いてみます。

生と死について。

以前ボクも友人に「死のために生きているんじゃいかな」と言ったことがあります。
友人は「そういうのは違うんじゃないか!」と言ってましたが、その時点で、彼とボクとは違うと感じました。

生に対してポジなのか、ネガなのか?
思うに、それだけで彼とボクとの生き方はだいぶ違うと思ったし、実際、その通りに見えます。

彼は22歳で恋愛結婚し、子供も儲けて、仕事はコロコロ変わっているものの、充実して生活しているように見えます。
ボクは33でも独身ですし、もち子供いませんし、仕事は安定職についてますが嫌々です。
なんつーか、経済的には彼より潤ってるし、自由もありますが、、、、でも、何もないような気がします。

三親等にボクの存在しかない家系では、ボクを必要としてくれる人もいなくて、、、、最近は自分がなんなのかもわからない感じですね。

でも、昔、鬱から回復した時に感じた気持ちはまだ覚えてます。

「生きてみよう」

夢があるから、、、希望があるなら、、、未来がくるなら、、、生きてみよう。

全然、揺るがないくらいに、いいところがない現世ですが、まだ、価値はあると思ってます。

生きるなんて、身勝手なことだとボクは思ってます。
植物も動物も(ところによっては鉱物だって)生きてるものは身勝手です。
ボクは、生を受けたこと自体、意味があるとは思えません。
意味のない生に秩序があるとは思えないんです。 となれば生は混沌、身勝手なものだと考えてもいいかもしれない。

身勝手が許されるなら、どんな理由だって生きる理由になるんだと思います。

結局、生なんて、理由があろうがなかろうが、、そこに生があるから生きる。
それでいいんだと思うんです。
理由があれば、なお、良し。 そんな感じくらいが丁度いいんじゃないでしょうか。

ま、それでよしと思わない。
そんな自分もいるんですけどね。

ネタもないので

SANY2430.jpg


自転車の話でもひとつ。
自分、自転車好きなんですが、機材面でも結構好きだったりします。 金もないのにです。
…で、よく変えるのが、小物。
少し昔では、メーターを2つ(心拍が見れるもの・ケイデンスを見れるもの)つけたり、センターメーター用のサポートバーを付けたり、ライト標準装備にしてみたり。
今年は水平器式の勾配計を付けました。
どんな勾配のとき、どれくらいのケイデンスと速度で走れるのか?
という実験も兼ねて、、、である。

去年より回転数重視でペダリングしてるので、回転数管理上、気になるわけです。

んで、去年は峠登るに至って80回転を目指してトレーニングして、実績は75回転というところ。
だから、今年こそは85回転を狙ってトレーニングを続け、実績80回転を実現したい!

沖縄200kmを完走するには、遅れないだけの登坂力も必要になってくる。
去年よりも速く、登らなければならない。

じっくり、ゆっくり、回転数を上げてゆく。

改編期

真に残念なことがあります。
ボクの聞いていたインターネットラジオが、ことごとく改編期の波に流されて終了を迎えています。

もちろん、1年くらいで終わるのも多いのですが、2年3年と聞き続けているものもあったのに、
ことごとく、終わってるのです!

だいたい週に10本を聞いていたのに、8本終わる感じです。
すでに終わってしまったのもあるが(ものによっては聞いたその日が最終回だったり!?)、
あと数回! っていうのもある。

あと数回。。。。 儚んで聞くか。。。。。

見納め

080404_1140~01


今年の桜も見納めですな。
とはいえ、峠に毎週登るボクは、あとひと月くらいは見ることができますが、
単純に酒を飲みながら見ることができるのは最後です。

2連休は花と自転車と妄想で終了。
今日から6連勤。 本当に死とスレスレでやっていく感じですな。

桜の季節。丸々2週間、温泉地で自転車乗りながら療養休暇、、、、なんてもう最高!
そんな日がいつかくるといいなぁ。

…これも妄想。

ボクに必要なもの

080404_2037~01


えー、ボクに必要なものです。

まず、酒。
欠かせません。 この、ストレスフルな社会を生きていくのは耐え難い!
酒呑んで、いろいろ忘れることが大切です。 
そうやって、解放される時間が作れることで、すこーしだけ、回復できるのです!!

で、他は野菜ジュースとサプリメント一杯なのですが、、、
矛盾を感じている人もいるんじゃないかな?
「昨日、死んじゃいたい」なんて言ってた人が、サプリぃ? って。

でも、ボク的には矛盾なんかこれっぽっちもないんですよ。
生きることが苦しいから死んじゃいたーい、って言ってるわけだけど、とりあえずは未来の希望を信じて生活しているワタクシ。
生きることが決まったら、つらいつらい。 すごーくしんどいわけです。
そんなしんどさから少しでも解放されたくて、サプリ。
ただでさえキツイのに、腰痛いやら首痛いやら、血の巡りが悪いやら、、、感じてるけど、これ以上悪くなったら苦しいじゃん?

んなわけでサプリとってるわけ。
自転車乗るのにパフォーマンス出ないのも、生きてる気しないから嫌だもんね。

今回、全部なくなりそうだったからいっぺんに買ってみたけど、
これ全部で 10400円也

馬鹿だな、オレ、、、、って、いつも以上に思ったわ。

死神の精度

死神の精度


そんな、死のことを考えてるボクが、昨日見たのは「死神の精度」。
金城が素人俳優みたいに演技していて違和感あったけど、これが演技であることがわかったのは30分過ぎくらいからかな? やはりなかなかです。 金城武。

「死なない人間はいない」
「死は特別ではない」
「死についてどう思う?」

など、ボクが考えていることを金城が言ってくれる。
もちろん、答えなんて出ない。 答えは個人で違うものだから。
でも、参考にはなる。 希望くらいは見出せる。

ヒロイン、、、といえるのか?
小西真奈美が演じる藤木は幸薄い女子。
この役はボクのそれと似てる。 婚約者がいない分、幸せも不幸も少ないが、近いな。

そんな彼女が老人になるまで生きる。
どんなに大変な一生だったろう。 辛い人生だったろう。
想像したことがあるだけに、しんどい年月だったに違いないと思う。

物語に感化されるわけではないが、まだ粘って希望を手に入れたいと思った。
まだ、手に入れるチャンスがあると思った。

もう少し、、、、生きてみようと思うことができる、少し元気になれる映画だった。

生きること・死ぬこと

金曜日は休日であったが、あまり寝れなかった。
緊張感が抜けない、、、または、興奮状態が切れない。 あとは疲れがピーク過ぎるの3択。

こんな状態になるまで働く。 いや、もはや働いてるんだか、ノルマをこなしてるんだかわからない。 自分の働きがうまくいってるのか、かき回しているだけなのかすらわからない。
本当に、嫌な感じになってきた。

こうなってくると鬱っぽくなってくる。
毎日考えてる。 死ぬということ。 ただ、考えてる時間が違う。 
こうなってくると、暇さえあれば死ぬことを考える。 、、、ちょっと違うか、生きることへの意味を考えてしまう。

昨日も車を運転しながら、心ここにあらず、といった感じだったし、自転車乗ってても中盤までは気分が乗らなかった。

みんな、こんなに生と死を考えているのだろうか?
多分、10数年前に鬱になったとき以来、死を意識してない日はないだろう。 思い人を思うが如く、毎日毎日、死を思う。 生を疎ましく思う。

ボクが今を生きている理由は、死ぬことが周りに迷惑をかけるであろう環境と、生きていれば出会うことができるかもしれない幸福の放棄ができないから。

そんななか、昨日映画を見てきた。
本当は「ジャンパー」観ようと思ったけど、そんな気分にならないんで「死神の精度」を観てきました。
観て楽しかった。 とってもタイムリーでした。

桜咲く

080402_2326~01


寒い日が続いたおかげで、桜が散らずに済んでいる感じ。
毎日忙殺されてると忘れがちだけど、桜の季節なんだ、と、夜の練習で気が付く。

2週間しかない、桜の季節。
ボクは散り際が好き。 はらはらと舞い落ちる花びらを見ていると、心が浄化されるようだ。

今週の休みは、少しだけでも、ぼんやりと花を見ながら酒を呑む時間を作ろうと思う。

心が折れそうです

080401_2354~01

なんつーかさぁ、最近とみに愚痴ばっかり書いてるんだけど、、、、、、、、本当に愚痴しか出てこないよねぇ。
今日も今日とて帰りが遅いですよ、ええ、そうですよ。
でも、怪我も良くなって、健康であるので練習はしました。 25km、帰り道で。

23時半に帰ってきて、風呂入ったらもう、、ねぇ。
食事するにも消化するまで待てないんで、ビタミン剤飲んで、写真の栄養ミルク(カロリーメイト液状みたいなもん)を飲んで寝ます。

相当残念な感じになってきたなぁ。
おいしいもの、食べたい。