無茶食い

080629_1948~01


昨晩、もつを食べました。
町田にあるホルモン専門(少しは別の肉もあるけど)の焼肉屋でストレス発散!
もつ・レバー・ホルモン・ホルモン・モツ煮・レバ刺し・もつ・スジ煮・カルビとか食った後の、
ユッケ・ネギ・枝豆です。

もう、なんつーか、食いました。 呑みました。
17時から始めて21時くらいまでぶっ続けです。
ヘビーに食った後には、ヘビーな支払が…  思わずカード払いです(涙)。

店を出たあとにも、へこたれず2次会に挑戦。
海鮮居酒屋で焼き魚と刺身と酒。

ヘビーでした。
とはいえ、今日は普通に仕事。 起きたときは最悪。

今日は今日とて会社の記念パーティ。
今帰ってきたところだけど、しんどかった。 特にやることもないけどね。 コメントひとつくらいでさ。

2日連ちゃんの、呑み放題。
節制できない自分としては、呑み放題2連チャンはしんどいな。

節制しろよ!
スポンサーサイト

さぁ、抱きしめあおう!

「さぁ、抱きしめ合おう。 今この瞬間を。 そして全て胸に焼き付けて。
remember remember me  リアルはひとつだけ。
がむしゃらに走りぬけて、傷だらけになった心。 あの頃の私はまだ、抱えきれず擦れていた。

でも今は、後悔さえも、全ての過去が私という歴史。
さぁ見つめてみよう、歩いてきた道、ダメじゃないさ、振り返ることは。
深呼吸をして、弱さを認めて、そして前をまた見れるのなら!
remember remenber you 理想に近づける!]

今日は昨日に続いて歌の話。

以前からいい意味で引掛った歌。 かなり好きな部類の歌。

頑張っても、傷ついても、頑張っても、無理ばかりしても、何にもならなかったあの頃。
何にもならなかったけど、いいことも悪いことも全部みんな、自分の過去。 そして歴史。

いいじゃないか、全部認めて、それで前を見れるなら。
思い返せばいい。 思い出せばいい。 振り返ることは悪いことじゃない。 それは自分の歴史。

自分の歴史。 忘れるな! そうすれば理想に近づける!!


まぁ、そんな歌。
そういう応援歌は胸に響く。 ボクは特に、学生時代からそういう歌が好きだ。

どんな過去でも悪くない。 後悔しても悪くない。 それは自分の歴史だから。
誇っていこう。 進んでいこう。 認めて、許して、、、、それで前を向けるならそれはいいことだ。

そんな歌を抱きしめて、今日もボクは生きていく。

歌はいいよねぇ

92796.jpg


「羽ばたいたら、戻らないと言って。
目指したのは、青い、青い… あの空!~♪」

…って、ボクが若い頃を思い出しました。
羽ばたいて、羽ばたいて、、、だけど何も見つかんなかったことが結果として見つけることになって。
まぁ、戻ってきちゃったわけだけど。
まだ、ボクが何かできるなら、どこかに羽ばたきたい気持ちはある。
ただ、やっぱり羽ばたいても何もできない、見つからない気がして、結果、何もできない。

それが、悪いのか。
それって、いけないことなのか?

実はそうでもない。
羽ばたけない人はたくさんいる。
羽ばたかない人もたくさんいる。
近くしか飛ばない人、遠くまで行く人が素晴らしい人とは限らない。

要はどう生きるか。
どう示し続けていくか。

どう生きようが、どう示そうが、見てくれる人がいないと意味もないけど、
いついかなる時も胸を張れるように、準備していきたい。

この歌を聞いて、悪くも無い昔を思い出して、今も悪くないと思った。

いい練習

昨日は雨なのに、ローラー1時間の高速回転練習と、プール1時間 2000m の練習で、体調良くなった。
今日はロード練 110km。 25kmTTでいいタイム出せたし、良く晴れた一日だったし、日焼けしていい感じの練習ができた。
その後、針に行ってリラックスして、帰ってきてからいい感じの夕飯を食いつつ、風呂・酒。

うむ、良い感じの休日だった。 ま、初日は「雨にしては」いい休日だったということだけど。

ああ、夕飯に冷麺作ったんだけど、非常に良い出来だったから写真撮るんだったなぁ。
うまそうだったからがっついたら忘れちった。

良く晴れたから変な日焼けが、、、 手袋焼け、目立つから嫌だなぁ。。。。

今月の本屋

080626_2010~01


まずサイスポ。
今月は力が入っていて、ツアー・オブ・ジャパンのダイジェストDVDを搭載して800円。
こんな付録が付いてこの値段は安い! 即買い。

4コマまんが「ワーキング5」。
ボク待望の4コマが今月はあった! 即買い。

潜在能力を100%引き出す本。
… 一言でいうと微妙。 読んでて寝ちゃうかも知れないけど一応買ってみた。

潜在能力と言えば、ボクは非常にあがり症。
必要もないのにあがってしまって、力んで、舞い上がって、浮かれる。
結果、いつもなら見えるものまで全く見えなくなって、ひとり相撲で失敗する。
昔からわかってる、どうしても治したい性格のひとつで、克服しなくちゃいけないと思っていた欠点。

でも、最近、自転車のレースでまわりが見えるようになってきた。
そしてよくわかった。 「見える」ということ。
なかなかできるものではないが、これが何ものなのかわかってきた。

これって、要するに余裕と自信なんだ。
それは誰にでも勝てるとか、うまくいくとか、そういう気持ちではなく、「自分のベストを尽くせば必ず結果はついてくる」という努力と経験で培える気持ち。
勝とうと思えば周りが見えなくなって、とたんに不利になる。

必勝で臨んで勝てる人は、この境地を経て、尚、自身のベストを尽くす気持ちを忘れない人に訪れる。
冷静でない人が勝てるのは、相手とのレベル差が大きいから。
僅差の戦いは必ず周りが見えてる人が勝つ。 これは間違いないと思う。

ま、その辺が本に載るとは思えないが、ヒントの少しでもあればいいな。とも思って買ってみた。

読みながら寝ちゃうかもしれないけどな。

短いクランク

先日165mmのクランクを170mmに戻したと書いたが、理由はいくつかある。
でもいい面から書いてみたりして、、、

良い面
 やっぱ回しやすい。
 上死点も下死点も少し余っていてストレスフリー。
 その結果、ドロップを握っても余裕がある。
 他にも下りでの安定感にも一つ買っている。

良いことばかりっぽいだろ? でもこれって中速の平地と下りの話。
高速平地と登りは一気に不利になる感じがする

悪い面
 重い。 フリースプロケット2枚分重い。
 登りですぐローに入る。 回すが踏み足が重い。 ストレスがすぐ溜まる。
 高速平地でトップに入らない。 風に負ける。 回し切らない。

上死点5mmと下死点5mmの余りを埋めてギア2枚増やせるなら、それでもいいかな、、って感じにどうしてもなってしまう。

それに、ダンシングは長いクランクの影響を受けにくい。
ダンシングがうまくなれば、体重だけで登れる傾斜は多くなる。
その逆に、短いクランクのダンシングは体重で登れる傾斜は少なく、力を使う。
ダンシング使うなら長いクランクだろう。

結果、前々からボクが言っていた、
「回せる技術が使えるならクランクは長い方がいい」
というのは今でも通じるかもしれん。

とはいえ、クランクが短かろうが長かろうが、実は仕事の量(W)は同じくさい。
一見重いだけの短いクランクだが、ゆっくりとした動きで対応できるため実は悪くない。
反対に軽くなる長いクランクは早く回さないと(クランク回転数ではなく、足の動き)、短いクランクよりクランク回転数が遅くなってしまうので忙しい。

結果、同じWで同じだけ進むような気がする。 あとは相性と走り方と足の長さだな。
みんな、自分にあったクランク長さ選んだ方がええで。

堕ちてきた?

080622_1925~01


うちの冷蔵庫の中身です。
とうとう上の段は酒だけになってしまいました。
そして、今日はとうとう帰ってくるなりプルダブを開けました。 プシュッとね。

依存なのか、習慣なのか、もうわからなくなってますが、もういいです。



少し考えたことを書きます。

「幸せの絶対量は変わらない」って話を知ってますか?

今ある幸せの量って不変であり、もし、自分が幸せになったときは、必ず誰かがその分不幸せになっているっていう話。 また、自分が不幸せになれば、誰かがその分幸せになっているという話。

これってあるな、って思う。
例えば、ボクが収入のいい仕事についたとして、ボクがいなければ同じような人間がそのポストにつくはずで、ともすれば、収入がいいのだから幸せになれる。 ボクがいるから彼は不幸せのまま。

もちろん、人はいろんな努力をして、幸せを勝ち取っていくものだと思ってる。 でも、勝たなくちゃ取れない幸せっていうのも、なんか殺伐としてるようにも思う。

普通に暮らして普通の幸せでいいと思うのに、それって案外難しいのかもしれない。


少し話が変わるが、ストレスっていうのも量があるように感じる。
ストレスを解消するために好きな行動をする。
ボクにとってストレスは会社。 好きな行動は飲酒。

ストレスを消化するのに対等な量の酒を飲む。

実は、ストレスがなければ酒もいらなかったりする。 少なくともボクはそうだった。

仕事せずに自転車か、文章を書くか、本を読む。
これだけで酒は必要にはならない。 ストレスはないし、充実してる。
そんな時間を過ごしたことがある。

つくづく考える。 対価って何にでも存在するのかもしれない。 良くも悪くも。

休日は雨

080622_1922~01


休日なのに雨です。
まぁ、昨日も遅くてやる気が起きなかったので願ったり叶ったりだったけど、レース前だというのに練習できんのじゃ元も子もないな。

とりあえずローラーだけは乗って、回すだけ回したが、やっぱりクランクが短いのが気になった。
踏んでる感と回してる感はあるんだが、無駄に力んでる気がしてならん。
重いギアも踏み切れてないきがするし。
っつーことで元の170mmに戻して練習再開。 やっぱこっちかな?
今度、数値的にどっちがいいのか試してみたいな。

なんてやってたら一日もすぐ終わりそうだったので、一週間分の食糧買出しとか銀行とか本屋とか行っときました。 帰ってきてから会社の仕事を少しして、サッカー観戦。
写真はその時食ったサーモン・オニオンマリネとキムチ納豆。 もち酒あり。

サッカーの結果は勝ってよかったけど、なんだかなぁっていう点の取り方だった。
もっと中盤からバンバンシュートが打てる人材って日本からは出てこんのかな?
そういうのがいればもっともっと日本のサッカーは変わるのにな、、、なんて前から思ってるけど、個人的な感想なんで真に受けんといてください。

ああ、今日も暮れていく。。。。。 明日からまた仕事だ。

、、、、、、、、、、、、寝よ。

関係ないですが

給料が上がります。
正確に言うと、会社での資格が上がるらしいです。そういった話が部長からありました。

「…で、その資格になると何をしなきゃいけないんですか?」

ボクの第一声。
給料よりも仕事の量が気になります。

…自慢に聞こえると思うけど、こんなことを書くのは、いつもの愚痴です。
期待なのか、評価なのか、、、、なんか、しんどい。

ボクは会社にいるために働いている、、、のと同時に相応の報酬をもらうために働いている、、、と同じくして、会社の同僚のために働いている、、、、すなわち、社会貢献できている、、、、という連鎖でボクはそこにいることができると思っている。

いずれも、ボクの許容量が越えた時点で破綻が生じて辞めてしまうか、体が壊れるという微妙なバランスで保っている。

評価されるのは嬉しいが、期待されるのは重い。
頑張ってる人が「頑張れ!」って言われて切れちゃう人のソレに似てる。

やっぱりボクは矛盾だらけの人だな。
なんか、うまくいってない気がする。。。。

ジロ・デ・イタリア

08_ジロ_サボルデッリ


もう、だいぶ経つけど、ジロが終了した。
今年の優勝者はコンタドール。 昨年ツール・ド・フランスの優勝者だ。
彼は今年のツールに出場できない。 主催者が彼の所属するチームを招致しないと宣言したからだ。
また、本来ならジロにも出れないはずだった。 それが手の平を返すように一週間前の参加許可。
かくして、彼はジロに来た。 
ツールに出れないという思いをジロにぶつけるように彼は走り、優勝した。

ライバルは強力で、たくさんいた。
しかし、彼のチームメイトは、プロチーム随一とも言われる選手層の厚さがあり、彼は守られた。
もちろん彼自身も強かった。 登りでクライマーに食いつき、TTで突き放す。
ランス・アームストロングの再来、、、、 そんな感じもある。 ただ、彼ほど無敵感はないが。

ボクの応援するLPRブレーキ。
サボルデッリの下りと平地のアシストにより、最終日の2日前で4秒差を保っていたディルーカ。
しかし、連日ベストを保つことができず、前日に失速。 優勝を逃す。

激しい戦い。
終盤での気迫と根性。
間違いなく、世界最高の戦いだった。 

そらが明るくなってきました

080619_0413~01


空が明るくなってきました。
ボクは夕飯を食べ終わったところ。
しかも、今日は昼飯食ってません。 と言ってもすでに昨日の話か。

昨日、お昼から出勤。 
定時で帰れば22時半が退社時間だったのだが、翌日は会社的に重要な日だが、ボクは夕方から出勤なので用意に余念がなく、そのまま明日になった。

そこから、同じ会社で働く、別所属の組合支部の方からありがたーい言葉と方策を望まないけど頂戴して、吟味。 情報の収集方法のやりくりなどを話しちゃって2時。

事務所じゃないとできない用意もあったんで、そこから仕事して3時。

そろそろ気持ち悪くなってきたので帰ることにしました。


過労ですよ。 絶対過労!

帰ってきたら4時前。 もう明るいわけですわ。
今日は雲が厚いなぁ… なんて現実逃避するのが精いっぱい。

本当は今日裏ヤビツ練したいと思ってたんだけど、、、寝不足と雨のダブルで実施できるか危ない。

こんなにうまくいかないと… はぁ、そろそろ死なねぇかな、、とか思う。

この俺がカライ?

080617_2218~01


ボクはカライ食べ物が好きだ。

カレーショップの5辛がうまい。 レトルトカレーのLEE 50倍を愛食。
地獄ラーメン50丁目を汁まで完食。
トマト系バスタの締めはタバスコをダバダバ。
そばと豚汁、おおよそ唐辛子が合いそうな食べ物はふりかけの如くかける。

ま、二十代の頃までは本当によく食べたが、三十代になってからは食べ過ぎると胃がもたれるようになってしまうんであまり食わんくなったが、まぁ、好きなものは好きだ!

しかし、これはヤバい。
スナック菓子なんだけど、激辛マニアの名は伊達じゃない!!

3個でタイムが掛った。 ボクの舌が待ったを掛けた!!

そしてちょっと泣けた。

売れねーよ、これ。

久々に忙殺

相も変わらず無駄(に思える)仕事ばかりさせやがって!
「これも業務」はいいけど、最重要の業務放っておいて、目の前のノルマを大事にするのはどうしたことか? 
仕事をしながら仕事を増やすこの現状。 なんなんだコイツら?!

あと、我社の組合が活動再開。
ボク書記長。
活動したくないのが本音。 でも実績残さないと、この席に座っている意味がないのも本音。

今日は帰ってから組合の資料作りに、組合員への配布メールの字面作り。
約2時間費やした。
でも会社でやるよりガッチリ進んだんで、やっぱ帰ってきて仕事するのは進むな。

忙殺されてるので写真・イラストなし。

富士あざみラインのレースでスキルシマノの狩野選手が優勝したらしい。
42分台だとか。
ボクも一度だけレース(とは言えない状況だったが)したことがあるが、1時間ちょっとかかったなぁ。

いつか1時間切ってみたいなぁ。 今はそれくらいしか言えんな。
あそこは特別。 異次元登坂だからさ。

まったり日

バンブーブレード


昨日の夜、友人としっかりとビール・焼酎を呑んで帰ってきたのに、家に着いてからも一人で呑み続けてしまって、しかも、呑み過ぎた。。。。

前々から見きれずとっておいたバンブーブレードを視聴しながら酒。
じっくり見てたら明るくなってきたので急いで寝たが、最終的に発泡酒500mlを2本、チュウハイ500mlを3本呑んでしまって、翌朝(12時起床したが…)の体調を悪かったなぁ。

ま、しょうがないんでバンブーの続きを見て体調の回復をまつ。
ひとしきり感動して最終回を見て、ようやく体も動き始めたんで少し体を動かすことに。

外は暗くなってたんで、近くの坂で練習することにした。

15%くらいで100m続く坂。
いろんなバリエーションを含めて10回登坂。
結構筋肉に効いた。 クランクのせいでもあるけど、結構効いた。

ま、少しはやれてよかったかな。
明日からまた苦痛の仕事。
なんとかしよ。

友人たち

友人が、自転車を始めて2,3年の友人が、表ヤビツを50分そこそこで登頂したとメールがあった。
以前、ボクがリードして行ったヤビツ峠。
彼は定期的に登っているらしい。

かなり以前、ボクがガイドしたときに、ひとつの目標になればいいとしてとったタイムは1時間はギリギリ切ったタイムだったと記憶している。
今週彼は52分で登れたと言い、50分を切ることが当面の目標だと言った。

今日、別の友人と呑んでいて、披露宴の参加状をいただいた。
中学時代からの友人だから、もちろん参加すると告げた。
めんどくさい、と言いながらも、用意を怠らない彼は立派だと思う。

同じく、呑んだ別の友人は初めての子供を授かって四苦八苦らしい。
生物として生まれ、後継者を授かった彼を、ボクは凄いと思う。
普通のことができるということが、凄い。
全く普通のことすらできていないボクから見たら、やっぱり、彼は凄いのだ。



みんな、成長している。
がんばっている。

ボクのように不平がマイナスに働かないのだろうか?

いや、不平も不満もあるのだろう。 ただ、それでも前へ進んでいるのだろう。
ボクはと違う道。
人の道。 人生という道。

ボクはどこへ向かえばいいのだろう。
だた、信ずる道へ。

彼らは凄いし、素晴らしいと思う。うらやましいとさえ思える。

でも、ボクには難しい道だと思う。
違くても、彼らに誇れる道を進みたい。 ただ、今はそれを思い描いて自分の道を進む。

それが正しいと信じて。

今週もやっと終わりか

しんどい仕事もやっと終了か。
最後は組合の仕事で残って、そのまま呑みに行った。

呑むのは好きだが、よくわからん人と呑むのは好かん。
顔だけ知ってるような人と呑んだんでいやーな感じだが、そこはそれ、呑めばテンション上がるので、なんとかその場は凌いだわ。
その場で色々話して相手の気分を損ねていないかが気になる。

気にしてもしょうがないのがわかっているのに、気になるのだ。

めんどくさい性格だな、と思い知らされた。 …いつもだけど。

原点回帰

080612_2235~01


原点…というわけではないが、思う所あってクランクの長さを170mmから165mmに変えてみた。

以前から回転練習するため165mmを使っていたのだが、専ら本番は170mmもしくは172.5mmだった。

しかし、変える度ポジションを変えなければならず、めんどくさかったので、フレームをアンカーに変えるときに170mmに固定したのだ。 もうこれで行こう! そんな気持ちだった。

しかし、1シーズン終えて、さらにここにきて、やはりもっと短い方が力が入るのではないかと思うようになってきた。

クランクは長いほど重いギアを回すことができる。逆に言えば短ければ力が要るということ。
力を使うより以上に効率が上がらなければ短いクランクを使う意味はない。

ボクの身長は165cm。 自分で言うのもなんだが足は短めだと思う。
そんなボクが170mmのクランクは「使えるが使いこなせない長さ」なのかも知れない。

坂ではこの5mmがギア歯2枚くらいの差が出る。
この差を埋める回転が上がらないと意味はないし、この差を埋める力の込め方ができなければ意味はない。 自分の適性は、最終的に自分で決めるものだ。

自分のクランク。
どこら辺に落ち着けばいいのだろう。

ここは地獄か

080610_0708~01


10年以上使い続けたゾウリの鼻緒が切れました。
こいつとの付き合いをポツポツ考えてみると、実はボクが自衛隊に所属していたときに購入したのを思い出した。

高卒 → 自衛隊 ですよ!
しかも、教育隊っていう、一番最初に入るトレーニングコースで、隊舎と風呂場を往復するのに使っていた記憶が少しながら残ってる。

いわば、ボクの社会人生活を常に見続けていたゾウリ… ということになる。
実際、これ以上、持ち歩いていた物品・壊れなかったものはなかったわけで、、、そう考えると感慨深いものがある。

こういう感慨深いものが無くなると、いちいち考えてしまうよね。
さしずめ、今回は、「今までの社会人生からの変革」か?
 子供な考えだった20代からの脱却?
 生きにくい社会からの脱却?それとも回帰?

何かが、変わろうとしているのかもしれない。



それはそれ。
もう、月・火と仕事しんどい。
立ちっぱなしで8時間。 慣れないライン立ち上げの仕事。
トータル16時間の拘束時間。
帰って寝るだけ(酒は呑むが・涙)

こないだ200km走ったのの回復も遅れてるんで、本当、大変。

…そして酒を呑む。

充実の3日間

金・土・日と3連休だったわけだが、おおよそ予定通りに過ごせた3日だった。

買い物・雑用もできた。
猛烈な自転車練習もできた。
仕事もできた。

あと、願わくば、うまいもの食いながら酒を呑めたら良かったなぁ。
ま、それは唐突にイベント起きたりするからいいか。

おおよそ、6月も初旬にして企画していたイベントは終わった。
あとは、7月のレースに向けて体を強靭に仕上げていくだけだ。

毎年10月のレースが7月。
3ヶ月も前倒しで体作らないと前よりも良い成績は残せない、、、か。

これを契機に、今年は乗り込んでいくぞ!!

225km

080607_1539~01


突然ですが、サイスポ(自転車関連雑誌)に、「俺チャレ!」なる企画があったのです。
俺チャレって、何かってーと、俺がチャレンジっつーこと見たい。

ま、なんというか、今までやったことないような無謀な距離(コース)に挑戦しようぜ!的企画のようだった。

で、我らが地元の紹介は、な、なんと森仙人(って言われてる、昔すげー強かった人)。

もちろん地元だからボクも走ったことのある道もあって、なんか、行けそうな気がしたんだ。
森仙人が推奨するコースという所も気に入った。
富士山を一周するってとこも、粋な計らいだと思った。

かくして、ボクは250kmオーバーに挑戦することにしたのさ。一人で。

で、、、

森師匠、
どんだけの人を電車で帰らせるつもりですか。


すげー健脚・豪脚じゃないと無理でっせ?
14時間くらい時間が取れれば、まぁなんとか…。

ボクは途中で時間も惜しくなって、御殿場から246号線で帰っちゃいましたが、軽く見てました。

森仙人、、、仙人だけに、浮世離れしてらっしゃる。
あなたの頂まで、ボクは到達できるでしょうか…。。。。

本日の予定コース 
森仙人推奨コース+50km(森仙人は小田原で終了でしたが、ボクは地元まで自走で帰るため延長)
トータル 270kmくらいにはなると思われる

実績
森仙人推奨コースを御殿場からショートカット
トータル 225km 感想 「どんだけ登らせんねん!」 10時間で帰宅

ナルニア2

ナルニア2


実は今日から3連休。
昨日の帰宅が遅かったし、朝から晴れるのかわからんかったので、そのまま遅く起きました。

ま、晴れたのですが、テンションが上がり切らんかったので、充実した練習は明日に回して今日は普通にできることをすることにしました。

① 半年ぶりに布団を干す
② 洗濯機2回回す
③ 前から欲しかったマットレス購入(眠り浅いのを解消できないかなぁ)
④ 映画を見る
⑤ 水泳着を購入
⑥ 一応少し練習 → プール練1h

という感じで進めました。

で、ナルニア。
前作観てなかったんだけど、開幕でディズニー映画ということを知りました。
「ディズニーかぁ」と思ったけど、

「見せてもらおうか、ディズニー実写映画の真髄というものを!」

っつー感じで上から目線で見せてもらったけど、、

面白かったッス

男子はみんなカッコよかったが、ちょっとひょろい。 まぁ、許せる程度だからよし!
女子はカワイクない、、、、が、愛嬌があるというのかな? 劇中の重要度は高い。
悪役もカッコよかったな。 わかりやすい悪役だけど、それでも徹底してるんでかっこいい。

作中、主人公たちは逆転に継ぐ逆転で勝利を手にするんだけど、最大の逆転劇はライオンっつーことで、
「なんでもっと早く出てこれないかなーっ、そしたら酷いことにならずに済んだのに」
…と思わずにはいられない。

ま、あとから考えて見ると、ライオンの存在を信じない輩が多すぎて実体化できなかった、、、っつーところなのかな。なんか、魔法を信じられないと魔法の力は存在できないみたいだし。

ま、気になった人、見に行って!
ファンタジー強ければ、CG …否、映像ひとつとっても面白いから!

はじめての友達

photo.jpg


先週、友人に出産祝いと称してぬいぐるみを贈った。
す、スディッチ、、、だったかな? キャラクターものだ。
友人の新生児は男児だったので、青い男キャラを贈った。
「初めての友達」
…って名目で贈ったが、彼の初めての友達なんだか、ボクが贈ったスディッチの初めての友達なんだか、どっちだろうか?

ま、どっちにしても仲良くしてほしいものだ。
丈夫に、やんちゃに育ってほしいと思う。。。。 親でもないのに(汗)

実は最近会社で結婚ラッシュ。
そりゃもう、バンバン結婚しておる。

更には、今年に入って近しい友人2人に子供が生まれ、1人結婚した。

幸せの嵐が近辺で吹き荒んでいる。。。。。

ボクに嵐は来そうにない…

品川っ!

   SANY2899.jpg         SANY2907.jpg

寒くていられないくらいだった六本木ヒルズの後は先輩の新居へ訪問。
先輩の新居は品川駅から徒歩15分の40階建て高層マンションの37階。

この付近は40階建てまでしか建てられないらしく、そこらのビルはみんな下。
見下ろせばどおしたって、、

「見ろ! 人間がゴミのようだ!!」

って高笑いしたくなること受け合い。
40階に住んでる人なんかは収入的に格が違うらしく、年収100億円クラスの人も住んでるという。

もう、変な世界である。

個人的な意見としては、、、
ホテルなら行って泊ってみたいと思う。
でも住むなら、ここは嫌だと思う。

人の考えは十人十色。 ボクが嫌だって言ってもボクの方が少数派かも知れない。

でもなぁ、ボクはあんなところに住むと、何か人として間違いが生まれそうな気がするんだよなぁ。

人は地に足着けて、大地と共に生きていくのがいいと思うんだよなぁ。

古いんだろうなぁ、こういう考えは。 ね。

六本木ヒルズ

SANY2887.jpg


先日の続き。
中野ブロードウェイに行ったあと、今の会社を辞めた先輩に会うべく、六本木ヒルズへ。
本来なら写真のようにビールガーデンで呑むはずが、気温15度程度、小雨、豪風の中、ビールどころじゃないというのが本音。

とはいえ、ボクは寒くても酒が呑みたい方。
他の人はどうあれ、呑みたかったが、多数決で移動決定。
ま、ビアフェスで試飲分のビールを飲めたので、これはこれでいいか、と納得してみたり。

しかし、六本木に来たのもヒルズも初めて。
ああ、すげぇなぁ、、なんて漠然と思うけど、

「住みたくはねぇなぁ…」

と、一緒に来ていた同僚とは別のことを考えていたりする。
他の人は都会に住む先輩をすげーすげーと言っていた。
でも、凄いかもしれんが、ボクはここには住みたくない。

ま、向いてないんだろうな、こういうところは。

ふぉお~っ!

91002.jpg


shimano7900シリーズ、いわゆる新デュラエースがプレリリースされた!
’09モデルっちゅうやつだ。

これ、何かっつーと、自転車のパーツ。
変速機・ブレーキ・クランク・etc…

ボクの持ってるパーツは回転部と変速だけデュラエース。
今のパーツを購入したのが04年1月。 04モデルとして購入したので実に5年ぶりのモデルチェンジか。

軽量化はもちろん、手元変速機のワイヤーが内蔵型になり、クランクのバリエーションにコンパクトが入る。 チェーンも軽量化。 
フリースプロケットは選択の幅が広がり、フロント変速にトリム操作がなくなったという(←これは元々使わんが)。

全てのパーツに対し、向上が認められる製品だ。

中野ブロードウェイの話を置いても伝えたかった話。

そういえば、ボクが本気で自転車レースをしようと思った時に買ったのがデュラエースだった。
だから、今シーズンで5年目か。
結構経ったな。 そろそろなんか実績が欲しいな。 がんばろ。

中野ブロードウェイ

SANY2878.jpg


5月31日に、雨のブロードウェイに行ってきました。
いやぁ、凄いね、中野ブロードウェイ。
混沌とし過ぎ!

だって、店が並んでるものの、鮮魚店の隣がランジェリー点の隣が床屋の隣が点心屋?
全く関連ねぇ!
魚の匂いが下着に付くっちゅうねん!

2階だか3階だかもすごい。
骨董屋の隣がメイドカフェ(文化祭風)の隣が定食屋の隣がセル画屋の隣がフィギィア屋?
関連が微妙過ぎ!
多分繋がりないな、コレ。

写真はブロードウェイの地下で食べた8段ソフト。
ビッグ過ぎ!!


上から3段目で口内が冷え切り、それから下の味がわかりませんでした。
お腹も若干痛くなったりして…

思い出づくりにいかがですか?

今一度、ひたちなか

ひたちなか7_自分


6月に突入してしまったが、総括として、再びひたちなかを取り上げる。

やはり、レースは全開で走れてなんぼだな。
群馬では寒さでDNFだったけど、なんか、温泉に浸かりにいった風な感じだった。

今回は雨が降ったものの、気温は15度程度に納まって不自由なく走れた。
40分×3回 + 20分 を走って、4回ショートレースをこなした感がある。
全部合わせたって100kmにも満たないが、内容の濃いレースだった。

今月の練習は 1064.5km 52.4時間。 目標の1200km 60時間には到達できていない。
しかし、自転車以外のスポーツ練習をこなした場合は、1時間に付き20km換算することにしているので、+5.25時間 =105kmのボーナスがついて、
結果
 1169.5km 57.65時間 という、惜しい数字に。

今月前半は仕事に忙殺されて全く乗れず、後半は雨とレースに練習を取られた感じ。
来月の目標も 1200km 60時間。

7月頭にレースを入れたのでこれに向かっての練習となる。
次回は結構本気で走らんにゃいかんレース。
気合いいれたい!!