毎年言うよね 「1/12が過ぎました」

1月最後の日、ってか。
今年も感慨深い年になるだろうと予想しているが、早くも通過したわな。

今日は一日中『(電気)機械保全技能士2級』の勉強したわ。
会社まで出向いて実機使って黙々とね。
昼から夕方まで。

あ、朝は自宅で予習してるんだわ。
だから一日中になるよね、やっぱ。

あと休日を一日潰せば合格できそうな内容になってきた。
今日で多分、合格ラインはトントンだろうと思う。
もう少し頑張れば内定レベルさっ、きっとね!!

今の会社で初めての合格者になっちゃるもんね。
がんばろ。

これからもう少し起きてるけど、ご褒美にマンガ読もうと思う。
ウイスキー呑みながらだから、異様に盛り上がるで? きっと。
スポンサーサイト

趣味してみる?

朝5時起きで勉強してから会社。
会社で作業やら仕事やら課題やらに追われながらこなして20時。
そっから20kmの自転車ロードワークで帰宅すれば21時にはなるか。
風呂入って、簡単なメシを食って、ブログ書いて日記書いてネットサーフィンしたら23時。

そういう生活が続くと他のことをする暇はないね。

洗濯・掃除する時間はないから溜りっぱなし。
バイオリンなんか音すらだせない。
山に行くなんてもってのほか。
TVくらいは見れるか…と思いきや、そうでもない。

そんなこんなで休日になって、ようやく自転車に乗れたわ。
あ、ボクの“乗る”っていうのは積極的な練習のことで、通勤トレーニングとかポタリングじゃないからそういう感じでよろしく。

でも雪が端々に残っているから、湖までは登らなかったよ。
そもそも寒すぎるし、ヘタに転んで怪我するのも嫌だったからね。

しかし寒かった。
帰ってきてうどん食べたら酷くダルかったんで寝ちゃったし。
仕事の疲れも出たんだろうね、気持ちよく2時間寝ちゃった。

やる気が全く起きなかったんだけど、丸7日弾いてないからバイオリンの練習もする。
やってみると面白くてね、1時間以上やっちゃったわ。

全体通して、まったり好きなことやって過ごした一日だったかな。
やっと普通。
普通の生活を取り戻していこ。

箱庭図書館

箱庭図書館
今月はハードカバー4冊読んだんだなぁ。

ハードカバー本を読むだけでも珍しいのに4冊なんて…
素晴らしいよ。
やっぱ時間に余裕があるのはいいねぇ。

で、『箱庭図書館』。

素人から募集した短編小説をプロが直して発刊したらしい本です。
だからなのか、世界観は統一されているものの、物語のバリエーションは富んでいる。
非常に読みやすいし、面白い。
飽きずに読みきることができた。

話のひとつに、劣等感に苛まれながら小説を書き始める主人公モノがあって、それに共感したので買ったんだよね。

短編って短いのに意外と書けないんだよね。
布石が少ないっていうか、話をまとめる力が必要っていうか…。
でも、こういうものが書けないと大きな話も書けないって言われてる。

短くて大量な小説を書けるようになること。
そういうのも夢のひとつだよね。
そういうものが書ければ、手っ取り早くアイディアがまとめられて嬉しいよね。

うーん。
テクニックが知りたいわ。

21!

今回で、月間更新では鬼門の21回目。
多分、明日は更新できそうで、明後日はできなさそう。
その後2日は休日だからスケジュール次第なんだけど、実は何にも入ってない。

ということであと2回は当確で更新できるかな?
21回以上は昨年3月が最後。
現場じゃなくて定時勤務時代までさかのぼっちゃう。

とはいえ、今月もオーバーホールということで15日は定時勤務。
現場のシフト勤務は4日だけ。

やっぱ生活リズムが一定じゃないと書きにくいんだろうね。
久しぶりの高更新。
ちょっとテンションあがるぞよ?!

あとは写真の枚数を増やせればいいんだけれど。
それはまだまだ課題ということで。

エデン

エデン
自転車ロードレースの小説で、第一作『サクリファイス』の続編。
もちろんそっちも読んでるが、満を持して読破した。
すでに第三作目も出ているんだが。

プロロードレーサーなら全員が憧れる『ツール・ド・フランス』が舞台。
主人公は日本人。
もちろん優勝なんかは狙えない『アシスト』という視点で物語は進む。

個人競技でありながら、絶対的にチームプレイである自転車ロードレース競技を説明しながらも物語は進んでいく。

ボクだけの感想かもしれないけど、
ちょっとミステリアスなところは前作同様に余分感がある。
それがないと小説的におもしろくならないのかもしれないが、ボクとしては自転車ロードレースを通じて主人公がプロとして成長したり、決して手の届かないと思っていたものに憧れたり、得意なコースではイキイキと活躍したりするところが燃える。

前提として、自転車ロードレースがわかることと、ツール・ド・フランスの競技を知っていることでようやく読める感じなんだけど、ボクは面白かったな。

三作目もすでに手に入れてるんだけど、いつ読もうかな。

恋をしたなら

恋をしたなら…

その人を想ったり、その人との未来に思いを馳せたり。
自分の夢なんかそっちのけで二人の将来を大事にするような行動を取るんだろうな。

昨日、とっても好みの女性と楽しく話ができた。
そしたら、フッと思ったんだよね。
それはとても普通で幸せなことなんじゃないか、って。
多分、それで夢を諦めたとしても、きっと納得しちゃうんだろうな、って。


まだまだボクは『我道行く者』だけど、いつかはそんな普通を手に入れたいな。
そういうのも、また、いいな。

そういうことを理解できたボクは、ひとつ現実を手に入れたと思う。
いい加減おじさんなんだけどなぁ。まだまだわからないことは多いわ。

まおゆう 完結

映画は備忘録代わりにブログアップするのに、読んだ本を上げないのは変だよね。
うむ、ボクは変だと感じたのだ。

ということで、昨日読み終わった本から。
まおゆう5

『まおゆう 魔王勇者』
結構前に面白いって書いた本で、とうとう完結。

あれよあれよと、CD化、マンガ化されて人気上がっているわ。
外伝も出ているみたいだからそれも買わんとねぇ。

魔王・勇者っていうからファンタジーっていうのはわかると思うんだけど、魔王の武器は20世紀の経済学。中世を一気に現代化して人の自立を促すっていう、他ではみないストーリイっす。

文体は演劇調。
名前は職業を模していたりしてわかりやすい…かも?

泣ける…ということはないけど最初から最後まで人物が立っているし、みんなが必至で頑張っているところが生き生きと描かれている。
いろんな知識も詰め込まれているから、目からウロコな人もいるんじゃないかな?

ぜひともファンタジーファンだけにとどまらず、ファンタジー初心者にも読んでほしいな。


でも、難しいと思う人も多いかも。
結構、社会的な本です。

休み終わり

そうこう言ってるうちに休みが終わってしまったよ。

休み中にできたことと言えば、

自転車練習。
10年前に書いた小説を読む。
まず、書きたい物語を考えてみる。
今、自分の中で熱い小説を読む。(2冊)
4月の演奏会に向けて集中練習する。
友人と酒を飲む。
友人にPCの相談を受ける。

こんなところかな?

うーん、いろいろ進んだんだか止まってるんだかわからんなぁ。

とにかく“何か”やっていることに意義があったとしておこう。
明日からは仕事。
手の抜けないオーバーホール期間が7日続く。
そして来月には資格試験があるから、そろそろ勉強も追い込まないといけない。

一生懸命。
がんばります。

休日っぽい!

針治療!
バイオリンレッスン!

うん、休みっぽい。

ひとり外食。
ほしいものを購入。

うん、休みっぽい。

雪。
中途半端だねぇ。
もっさり降ったら、休みに彩が出るんだけどなぁ。

あ、でも積もっちゃったら彩も白だね。

白も色。
彩鮮やかだよ。

休み、休み。うきうきするねーっ。

80kmのLSD

実に14日ぶりの休日。
本当はその間に一日だけ休みがあったんだけど、その、ほら、その日は営業と戦ってたから休みって感じじゃないよねぇ。

今日は自転車のトレーニングさ。
って、カッコよく言ってみたものの、思いつくまま走っただけ。
まだ体が慣れてないし、腹回りも太い。
ただゆっくりと足を回すのみ。

とはいえ、盛り上がったら息切れしちゃうほど回すんだけどね。

1月は50km/回で走ることにしようかな、と思ってたんだけど、今日は気分が良かったので、いつもは曲がらない交差点を右折してヤビツ峠へ。
計らずして今年初めてのヤビツ詣りへ行っちゃいました。

120119_ヤビツに雪
寒いっ!!
残雪してるよっ!

登っているのにウインドブレーカーがはなせなかったわ。

120119_ヤビツ展望
下りは凍えそうで、「さみぃーーーーっ!!」って叫んだわ。
叫ぶと、なんとなくゴマカセそうな気がしてさ。

路面濡れ。
多分5度以下の路面。
タイヤは2年前の劣化品だし。
久しぶりの下り。

そんな状況はわかっていたけど、少し飛ばしたら前輪が滑った。

『転ぶ?!』

と思ったけど、瞬時に前輪側を抜重してなんとか踏みとどまった。
ギリギリセーフ。

前輪滑っても助かっちゃったのは初めてじゃないの?
そうかそうか、こうすれば落車を回避できるのか。いい経験したわ。

…つーても、何度もできる芸当じゃないわな。

80kmを4時間半かけて走りやした。
まだまだ完成形は遠いなぁ。

ミッションインポッシブル4

MI4.jpg
いやぁ、
営業戦の解析をもっと書きたい気もするし、
昨日、課長に会社辞めますっていった件も書きたい気がするけど、、、、

今日は『MI4』観てきたッす。
超高層ビルでのアクションに惹かれたんだよねぇ。

相変わらずイーサンの超人ぶりが目を引くけど、一応『人間』カテゴリーなんだよね。
絶対マーヴルヒーローなんだけどなぁ、こんなやつ。

トム・クルーズのMIが好きなら今回も裏切られることなし!
期待通りにスーパープレイの連続ですよーっ。

任務のためには殺しも盗みもなんのその。
世界平和のために、壊しまくるぜーーーーーっ!!

って、本当にヒーローなんすかねぇ?
ま、痛快ではあるんだけどさ。

素直さってなんだっけ

素直じゃないなぁ
と、よく言われる。

昨日もたくさん言われた。

ピンとこない。
素直にしゃべってんじゃん? と思う。


昨日からこっち、営業から言われた思い出したくもないフレーズのひとつひとつを検証している。
(『普通の面を被ったシモダカゲキ』は言い得て妙だったけど、意外に傷ついたな)
ピンとこないのは『素直じゃない』と『さみしい人なんですね』というところ。

まぁ、そもそもボクを激昂させて上げ足を取る策なのでわざわざ反応してはいけないのだけれど、やっぱ相手はプロなので無反応にさせない努力はしてくるわけ。

反応させるというのは、言われたくなさそうな言葉を並べればいいというわけではない。
汚い言葉を繋げればいいというわけでもない。
そんなのはチンピラのやることだ。彼らは暴力なしには確立できない存在だ。

ボクが対峙したプロは、人を見て本性を見抜き、その人の見られたくない部分を鋭く突くことを繰り返すことを極意としている。
そんな攻撃、並みの人は無反応を貫くことはできない。
そして話は理詰めなので、論理の面では逃げ場はない。

彼ら以上の論理と知識を持っていればいざ知らず、ただでさえ興味がないのだから知識で彼らに勝つことはできない。すでに勝負は始まっているのだから用意もできない。彼らは時間を与えてくれない。

負け戦である。

普通の人が彼らを追い払うには、物件を買うか、警察など他者に助けを求めるか、黙秘してあきらめさせるしかないだろう。普通の会話では太刀打ちできない。

対してボクは変人だった。ヤバいくらいの。ま、ネガティブな方向性で。

ボクは彼らの話を彼らの重さで聞くことができなかったとされる。
彼らの放つ言葉の重さをボクは感じていない。痛かったが比較的軽く済んでいたようだ。

重ねてボクは自分が変人であることを知っていた。言い換えれば、普通を知って自分がそれと違うことが判っているということでもある。
普通を知ってるから他人に対して普通に振る舞う。変人と思われるのはデメリットが多いから。
でも深部は変人なので実際には違うことを考えている。
だから会話にギャップがあるようだった。相手はボクを測り兼ねていたと思う。

結果として、『変人の相手はしてられない』というのが勝負の分け目だった。
彼らからすれば最初から勝負でもなんでもない時間を16時間も過ごしたということだ。
ちょっと呆れていた感じだったな。

で。
『素直さ』ってワードのこと。
ボクが素直に話しているのに『素直になれよ』って言われる件。

普通の人は、良いこと・得になること・楽しいことを選ぶ。
当然、、、かな?
でもボクは、悪いこと・損すること・苦しいことを選ぶことがある。選ぶことがある、、だよ?
理由があって選ぶことがあるんだけど、この説明をすると、普通の人から見るに『苦しい言い訳』になるらしい。
それが意地を張っているように聞こえるようだ。

この意地っ張りに見える部分を見て、『素直じゃない』というのかもしれない、、というのがボクの仮説だ。

どうだろう、この仮説。意外とイイ線いってると思うのだが。

3回戦を終えて

お疲れっす。
夜勤前に疲れたっす。

今日も10時から話し合いスタート。
もちろんボクの「買わない」発言から口火を切る。

結局の話。
ボクが普通じゃないということがわかり、普通の人と話しているつもりになっている営業たちとは論議にならない、と判定された。

そんな結果を得るために、ボクの人生や営業の人生を突き合わせたり、その違いを論議したり。
ボクは散々罵倒されたな。「敢えて悪く言わせてもらいますけど…」なんてくだりを入れて、ガキだの無神経だの変人だのと。

極めつけは、『普通の仮面を被ったシモダカゲキ』だ、だって。しかもほぼ完ぺきに普通を偽装しているから性質が悪い。
だから営業は『騙された』とかわめいてた。

ただ、ボクには響かないわ。
なぜって? 
本当にそうだから。
わかっているから頷くしかないでしょ?

ここらへんがムカつくみたいなんだよね。
散々挑発しているのに響かないし乗ってこないから盛り上げようがないんだろうね。

気を付けたことは、例え相手が暴力的で高圧的に出られても紳士な対応を取ること。
そして、決めたことに関しては敢然と抗議すること。
どんな変化球で攻めてこられても守るべきところはしっかりと守ること。
スジを曲げないこと。

ここらへんは『偏屈』で『頑固』で『素直じゃない』って言われたっけ。

14時を越えたころ、また長引くと思って16時に帰ってくださいと言った。
すると「できるだけ善処します」と帰ってきたので、
「納期を守って仕事をするのも社会人の責務だと思います。ボクの部屋です。ボクが16時と言ったら16時までです」
と言って納得させる。

そして最後。営業が業務連絡していた上司とやらに取り次がれて電話バトル勃発。

もう、散々「それは逃げでしょ?」「あなたは高圧的ですね」「そんなにイラッとさせて面白いんですか」と、こちらも挑発作戦だった。
驚いたよ、ネットで流れてくる音声そのままな感じ。捲くし立てられるんだもんなぁ。『コレかっ!』って思ったよ。
もちろん、今までの流れと同様、“紳士的”にを貫いた。
守るべきところは守る。そういう意地は張り続けたまま、すべての罵倒をこの身に受け続ける。

んで、18時です。

もう、疲れました。
今度から不動産の営業とは話しませんし、そっけなくします。
懲りたわー。


<最後に>
戦い終わって、痛み分け…すなわち営業組の根負けで終了した。
ボクの武器は『夢を追いかけるので不動産は買えない』の一点張り。もちろん本音。
その本音を『バカだなぁ』なんて笑いつつ、最後はみんなでオフサイド。
電話の向こうの人もいきなり優しくなっちゃって、『がんばってください』だって。
みんな、仕事で演技してるんだなぁ。
すげぇや。

Xデー前夜

明日は決戦の日。

今日、電話で「マンション購入はしないことに決めました」とジャブしておいた。
もちろん、「そのことも含めて土曜日に話しましょう」ということになり、「わかりました、お待ちしております」と締めた。

つーことで、明日は決戦になると思う。

何がどう出るか?
ボクも彼も何を話すのか?
実に楽しみだ。

マンション買う?

マンション購入の営業が来たよ。
基本、時間があれば営業の話を聞くことにしているから聞いた、というのが年末のこと。
営業の人あたりはいいし、頭の回転も良い。
話も上手でいい感じだが、ボクの『住宅に興味がない』VS営業の『話を聞いてれればわかる』の平行線で第一回は終了。実に4時間の戦いだった。

で、今日は第二回戦。
出社初日から7連勤で今日は休み。明日からはは6連勤。谷間の休日だ。
早く話をしたいというから今日に設定したわけだ。。
話を聞かせてボクの気持ちを変えるということで二回戦目となったが、今日は援軍の課長が降臨。
課長VSボクの図式で話が進んでいく。

1)賃貸と持家の比較。持家が絶対有利…というか持家がなければ路頭に迷う?
 → まぁ、わかる話だった。
2)ボクの年収や会社を見て『いい感じですよ』と『貯蓄が少ないですね』の飴と鞭攻撃。
 → これもわかる話。貯蓄が少ないのは… ボクは貯金しない主義なんだってば!と反論。
3)持家購入へのモチベーションアップの話。要するに『実は持家って安価ですよ』という話。
 → 多分本当の話。確かにハードル下がったよなぁ。
4)で、購入イメージを描く。

で、ちょっとまったぁ! と、話を止めた。
だって話が違う。買うとか買わないとかそういう話をするために来させたんじゃないし。
でも、なんか論理を滑らせてきて、「いや、不動産っていうのは『買う』か『買わない』しかないので最終的にはここまで話すんですよ、そういうもんです」 で、続けやがった。

4)購入イメージを描く。
→そもそもボクは定住するつもりはない。遊牧民のように移動するつもりなのだ。だから、もし購入するなら家賃目的で賃貸マンションを考えるだろう。
そういう相談をしてみると… まぁ難しいという答えがくるわけだ。まぁもっともだ。
そこで入れ知恵されて、一度住んでから賃貸へ…なんてことも話されるわけ。

そうなるとこっちもその気になって、もしかするとうまい財テクできるかな?なんて気持ちになってくるわけ。
自分の生活スタイルは変えずに、30年後にはマンションが残っているという妄想。
最終的に18時に解散。実に8時間会議。…仕事かよっ!!


今、思うよ。

一見、迷惑営業マン。なんかだまされて購入に踏み切る人も多いような気がする。
でも、無理やり購入に踏み切ったら、意外とうまくいくかもしれない。
そこまで考えて営業しているなら、なんて不動産業の営業マンは役者なんだろうと思う。
多分、結構盛ってるかもしれないけど、言ってることは本当っぽいし。

でも、流されて購入に踏み切るとか、自分が住まないのに家賃目当てで購入しようとか、どうなんだろうね。不純じゃね?

不純結構。成金結構。
でもね。不本意に購入して後悔しないかな?
最終的には結構な値段だよ。
イチかバチかにしてはリスキーだよ。さぁ、どうしようかな。

第三回戦。
今週土曜日開催。
乞うご期待!!


針治療をキャンセル。
映画鑑賞も行く気になれず。
休みは台無しでした。

眠いのだ

初出社から7日。
やっと休みかぁ。

朝活の勉強から始めて、オーバーホールで手の抜けない作業が続き、帰りは自転車練習。
帰ってからの自由時間は1、2時間。それでもう0時。

5、6時間睡眠でなんとかやっているものの、さすがにもうしんどいわ。
今日はもう寝て、明日朝遅く起きよう。

10時から客が来るので昼まで睡眠はできんけど、針にも行くし、休みが楽しみだわ。

説教くさいですか?

今、仕事はオーバーホールという『集中的機械整備中期間』。
ボクはそのお手伝いをしている。

ボクが担当している工程は遅れなし。
残業なんて、もっぱら別工程の遅れを取り戻すため手伝っているのだ。

バカらしいとは思わない。
みんなのためになればと思えばがんばれるし、残ってでもしてあげたい思いだ。

ただ…
毎年残業になる予定を組んでくる工程リーダーはちょっといただけない。

確かに条件はある。
納期は7日で、人数は数名とか、練度はこれくらい…てな具合で。

それを全部盛り込んで無理な計画を建てるから残業になるのだ。
無理なら「無理!」って言うべきだ。
無理の理由をしっかり上司に伝えて、足りないのが何なのか相談して、どうすれば納期通り終わるのか提案すべきだろう。

それでもなお、残業してやっていくのか、人数を増やすのか、日数を増やすのかを上司に決めさせればよいのだ。工程リーダーが責任に駆られて上司の無理な要求を苦しみながらやる必要はないのだ。

と、いうような話を、残業して次のオーバーホールの計画を作っていた後輩に話してみた。

だっておかしいんだよ?
『第0日目』なんてあるんだよ。0って何もないってことでしょ?
前段取りで1日ほしいってことなんだろうけど、そんなのあればラッキー程度の妄想でしょ?
他にもおかしくて、ひとつひとつの予定が理想過ぎる!
全員がベテランなら実行できるだろうがよ、ほぼ全員が初心者でその時間で作業が終わらんでしょ?

とか。

だから一生懸命がんばってるのに自分から責められるようの計画を作っている後輩に30分くらい指導した。まぁ、説教くさかったかな、と今は思う。


仕事という場面で、あまりにも目的を見失っている人が多いように思う。

今回のケースでは、目的は『納期通り機械を整備するために必要な計画』を出すために後輩は計画表を作っているはずなのだ。
でも、それが『納期に間に合わすために無理な計画を作る』にすり替わっていた。
結果、見た目だけは良い感じで、やってみると無理難題な計画になっている。

頑張るしかない。気合入れるしかない。残業するしかない計画だ。
そこに逃げ道はない。逃げ道は自分で消してしまったから。

そこまでしたのに、『計画通り進んでない』ことを上司は指摘するに違いないのだ。
頑張った後輩はやり切れない思いをするだろう。

関係ないけど、そんなのはボクがイヤなのだ。

頑張った人は頑張っただけ評価されてほしい。
そう思っているのだ。

なのに、みずから崖っぷちに走り込む人の多いこと。
潔さを越えて、アホに見えるわ。

上司は神じゃない。人間だ。
言っていいんだよ?「苦しい」とか「きつい」とか。
ただ、理由はしっかり持って行ってね。
『怠慢』と『無理』は違うからね。

そこはわかるよね?

してますか? 節電。

この冬は暖房の稼働状況は低迷中だ。
もちろん、ボクがせっせと節電しているからだ。

昨年の一件以来、節電が美徳になっていると思う。
のど元過ぎてなんとやら。
すでに節電など忘れてしまった輩もいるだろうが、ボクはしている。

できることをできるだけ。

震災以前は家にいる限り四六時中暖房三昧だったけど、今冬は居間にいるときだけ暖房をつけている。
居間にいるときっていうのは、食事を採るときとTVを見るとき。
それって会社に行く前の1時間ほどと、帰ってきて1時間くらいの時間だけ。
居間は6畳ですぐに暖かくなるため効率が良いと思って許可している。

PCいじっているときも勉強するときも本を読むときも寝室で暖かい恰好をして寒さを凌いでいる。
ダウンも着てるが足りず、腰から下は毛布で、肩から腰にかけてはブランケットを巻いて過ごしている。

朝5時の朝活はなかなかしんどいが堪えきれなくもない程度にはおさまっている。
早朝が大丈夫なら他の時間帯はなんとかなるものだ。

多少、行動が妨げられるが問題ないレベル。

冬は暖房がなければ生きていけないと思っていたが、意を決すればなんとかなるもんだ。
モコモコな姿でスマートさには欠けるが、これはこれで季節を感じていいもんだな、と思う今日この頃ですわ。

ウイスキー呑む

仕事が8時間で一応終わるって素晴らしい。
ここ3日、かなり充実して過ごしている。

充実と言っても、主な要因は『一日が仕事だけで終わらない』ということに尽きるんだろうな。

仕事帰りに自転車の練習。
そして夕食。
読書して寝る。

とか。

時間があったから気になっていたラーメン食べてからバイオリンレッスンに行った。

とか。

稼業後にある“少し”の余裕が生活を充実させるのだと改めて思ったわ。

今日は2年前からの“とっておき”ウイスキーに手を出して呑んでいる。
アルコール度58%のツワモノだ。しかも上等。

こういうのをゆっくり呑める…もしくは呑む気にさせる。
そういう日常が全国民に必要なのでは?

ことごとく自分の会社がボクには合ってないなぁと思わざるを得ない。

毎日仕事に行かなきゃならんけど、こういう日が続くんだから少し幸福感じるよね。

明日も朝活からだから忙しいけど、がんばんべ。

気付かなかったの?

今日、年賀状の整理をした。

ボクの出した年賀状。
いつもは住所と名前を手書きしていたのだが、今年から裏面のご挨拶に刷り込むことにした。
で、
ふと気付くと、住所は入っているのに名前が入ってなかった。

それに突っ込み入れてきたのはひとりだけ。
他の人は空気を読んで何も言わずにしっかり返してきた。

名前なしで年賀状送るモレすげぇ!
そして、返してきた人が怒りもせずに黙って年賀状くれたことに感謝。

すげぇな、みんな。
よくわかったなぁ。

初出社!

初出社しました。

どうしてだろうね、会社で
「あけましておめでとうございます!」
って言われると、
「めでたくないからいいです、おはようございます」
と、返してしまう。

会社以外なら、いい顔して「おめでとう!」って言えるのに、なんなんだか?


今月はシフト勤務が4日しかない。
ボクはラインを股にかけてオーバーホールという機械イジリに回されるからだ。
なんのかんの言っても機械をいじらせたら結構丁寧で速いんですよ、ボク。
その面で重宝されるのは嬉しい限り。ぜひとも協力したいと思う。

ということで朝活復活。
2月に資格試験があるので、今から勉強。
朝5時起きで、1時間ちょっとやるつもり。稼業後も少しやろうかな。

朝活って意外と身に付くんだよね。
酒も飲めないし、他にすることないし。

ま、寝ていたい気もするんだけど、起きてしまえばスッキリして作業できる。

今月は勉強がんばるぞー。

3%

とあるニュースで。

35歳を越えて結婚できる男性は3%らしい。女性は2%だとか。

うそ?
すでにその枠じゃん!

自分のなかで、ようやく結婚に至るまでのプロジェクトが発足したのに?

ちなみに、
プロジェクトの中でボクの結婚は3年後っす。

まづい。
悪いイメージがついたな…。

よくわかったよ、現代のこと

わかりやすいと誉れ高い池上彰さんの番組をずーっと一日中見てたよ。

朝8時起床して、ノート用意して映像講義を受けた。
番組だから1テーマを2時間。午前午後と合わせて4テーマ。
すなわち8時間!!  しかもCM以外休みなしっ!!

実はこの番組、一昨日から12講義やってるっぽかったんだけど、もちろん正月は見ないわな。
いや、別のNHK討論番組はガッチリ見たんだけどさ。そっちは深夜だったし。
で、昨日は3時間くらいをノートなしで見た。
自転車の決起デーだったからね、そっちの方が大事かと。

だけど、あまりに面白かったんで今日はがっちりノートを取って勉強しようと思ったわけ。
16時に講義が終了。疲れたなーってところでぼんやり新聞みたら、18時半から民放で池上番組があると知って、えーい、ものはついでだっ!! って、そちらもガッチリやったよ。

いやぁ、身になる11時間半だった。
こういう感じでTV見ると有意義かも
こんな感じが10ページ。
1テーマだけ昼飯休憩でノートなしで見ちゃったけど、久々の記入量だわ。
1時間あたり1ページな感じかな?


独裁者の奇行とも取れる統治方法、虐殺、悪政、蛮行、言い訳。そして没落。
国の体裁を保つための軍事介入。
石油原産国の強みと、それを狙う各国の狙い。
9.11テロの理由。宗教の対立と頑なな思いの強さ。
為替と株。世界経済、とりわけ欧州共同体(ユーロ)


ものすごく身近な現代史。そして経済がわかりやすく学べた気がする。
興味持ったね、すごく。

これは池上彰さん、引っ張りだこなわけだわな。

良い1日だった。


……わかってると思うけど、今日、ボク、完全に引きこもりでしたよ?(汗

始動

あーけーおーめー!
2012年っすね、あけましたね。晴れましたね。

今年は、今年こそは希望に満ちあふれた挑戦の年にしたいと思う。

つーことで、カテゴリは半年以上ぶり?の『自転車』
120102_宮ケ瀬湖
行ってきたよ、走り初め。
こんなに早くに走ったのは初めて。これ以上は正月走りしかないね。

まずは手始めに50km超くらいかな。
メーターに電池入れてないからわからないけど、経験上はそんくらい。

ひざ痛い。
ひざを使っている時点でちょっと乗り方がおかしい気もするけど、気持ちよく乗れた。
LSDで、あんま無酸素にならない感じでまとめた。

冬の間は完全に持久力重視。体を慣らして長距離を乗れる準備をする。
これからはちょいちょい会社帰りにも練習していく。

まずは7月を目指して体を作っていこうと思う。

計画は始まった。
これからは時間との勝負。
気合入れて、計画的にいきたいわ。

がんばんべ。