決戦前日

明日台風ちかーい。
風強かったらやだなー。

これから夕風呂入って、一杯だけ飲んで寝ます。
23時くらいに出て、ツインリンクのゲート前でもうひと寝入りしようかと。

ま、開門までに到着すればいいんだけど。


3年ぶりのレースで、どうなるかよくわからんが、がんばってくるで!


12_7耐 PRP02  7耐 実際の補給食
計画と実際。

目標は245km/7hで20位。
ホワイトボードの計画と違うものは代用品を用意した。

いけるかな?
いければいいな。
スポンサーサイト

レース計画

12_7耐 SKJ

決戦は日曜日~♪
なんつって。

練習は軽めに。
筋肉はほぐして、炭水化物多めの食事を小まめにとって。

今日からレース日までは、ある程度計画的に進ませていく。

沖縄にも通じる。
レース前のルーチンワーク。

いい感じに仕上げるぞ。
早く寝よ!

イース・セルセタの樹海

イース セルセタの樹海
き、キ、キター!!!

イース、キター!!!!

イース生誕25周年記念パックっすよ!
予約して購入です。

ボク、予約ってしないんよ。
業界人は「ぜひ予約してください! それが次につながります!」って散々言ってるのに、予約してまで購入に踏み切ることってマレ。
業界に貢献したいと思ってるんだけどねぇ。

ボクにとってイースは別格なんだよねぇ。
特別視したくなるソフトなんだわー。

つーことで今回も一発目で購入したものの、、、、、

・PSヴィータを持ってない。
・沖縄レースまでゲームやってる暇はない

以上、ダブル理由によってプレイできねー!

しかし、手に入ったことだし。
全てが終わった暁には、心底感情移入してプレイさせてもらおう。
ヴィータ、、、買わなきゃ(汗。

200km

この間、180km走ったって書いて寝た記事があったよね。
今日は更に山中湖一周分増量して走ってきたよ。

でも、以前ほどの疲れはない。
今も、少し余裕がある。
ま、回復のためにすぐ寝るが。

登り基調の25kmタイムトライアル。
往年に近づいて見劣りしないくらいまで復活した。

コース全体のタイムも悪くない感じになってきた。

ボクの長所である長距離の平均スピードは戻りつつある。
平地と細かい起伏の地形も、克服しつつある。

あとは山か。
山に至っては、戻ったくらいじゃダメで、なんとか進化したいと思っているが、これいかに。


実は今度の日曜日は公式戦を用意している。
7時間耐久レースだ。もちろんひとりで参加。
仮想おきなわ210kmレースに想定している。

だから9月はかなり気合入れて練習したわ。
8月は結果が出なくて散々だったからね。

このレースで結果が出れば、10月はスピード練習に集中できる。

日曜日。
ぜひ、結果を出したい。

ビジネス本などは、、、ブックオフで買うことにしました。

死ぬまでにしたいこと
スッキリ
4行日記

20代と30代前半はビジネス本か雑誌ばかり読んでた気がする。
変わりたかったんだろうね、悪い話ではないよね。

最近は小説を中心に本を読むことにしているのだが、流し読み程度ならビジネス書もいいだろうということで、こういう『情報系』な本は古本を購入することにした。

3冊、300円(税抜き)。
安いわねー。


<死ぬまでにしたい10のこと>
仕事やめて心機一転。
ゆるやかに死を目指しながら、生をやりきろうと思ったから読んでみたんだが、、、
「まぁ、こんなものだよね」的な内容。

死ぬ気で頑張るための本じゃなくて、思いの限り感謝と喜びと生きていたことを噛みしめるための本。
そんな本。


<スッキリ>
多忙な世の中ですわね。
仕事、家庭、社会、、、、、とりわけ面倒なことも多いっす。
全部マジメにこなさなきゃいけないから、ゴチャゴチャにやっていたら時間がいくらあっても足りないよ。
だからさぁ、いろいろ整理整頓して、シンプルに生きちゃみませんか?

シンプルにしていくと、少しずつ幸せの時間が稼げるかも?

シンプル生活に至る、ハウツー本。


<4行日記>
日記って何のためにつけるもの?
ひとそれぞれに理由はあれど、きっと未来に希望を持つから書くのでしょう。

じゃ、その希望。とりあえず自分の夢に置き換えて日記を書いてみませんか?

つーことで、日記を通して、深層心理にある成りたい自分を見つけつつ、それに近づく方策まで設定しちゃおう、みたいな本。

ボク、30歳から日記を付けては挫折を繰り返していて、ようやく33歳くらいから習慣になってきて、35歳から毎日付けられるようになった。

目的は『思い出で生きている自分が、思い出を忘れてしまっているので、記録しよう』というものだったが、今やイロイロと過去を振り返っては役に立てている。

毎日の手間に比べれば、役に立っている度は低いものの、それでも過去のイロイロを記憶の底から呼び出しては生活に活かしたりできるのは大きいと思う。

で、この本からさらに使えるものはないかな? と。
今、この情報を実践中なので、結果はまだ出てない。


ビジネス・ハウツー・ライフ。
まぁ、こういう情報系は斜め読みで。

経験上、読んでも1/100は自分の人生に採用されないからね。
でも、1/100でも、知ると知らないではかなり違うから、、、、やっぱ斜め読みで(笑。

アベンジャーズ

アベンジャーズ

見るの遅い! と言われるかもしれない。
確かに、そろそろ終映しそうな感じなので急いで『アベンジャーズ』を観たわけ。

ハルク? 観てない。
マイティー・ソー? 観てない。
キャプテン・アメリカ? 観てない。
アイアンマン、1、2? 観てない。

おおっと、出演ヒーロー映画全部観てねーじゃん!!

全部観たかったんだよ? マジで。
でも、いつの間にか終わってるんだよー。
もしくは、他の映画を優先させたか。

…後者か?


今回は観たわー。
だいたい、それぞれの世界観はわかっとる。
ついていけるハズ。

つーことで観たんだけど、、、、

いやぁ、面白かったよ。

ソー(神様でヒーロー)の弟であるロキが異次元の悪役と手を組んで『4次元キューブ』という人知を超えた莫大エネルギー物質をを奪うところから始まる物語。


まず神様が敵っていうの、すごいよね。
敵は別次元宇宙にあり! って言うのもすごい。
何がすごいって、そのアイディアを採用して物語を作るところがすごい。(←ディスり気味?)

個人的にはキャプテン・アメリカが好きっす。
「ジャスティース!!」って往年のゲームで言っちゃってる頃から好き。(映画ではそんなシーンなし)
でも、映画化されたヒーロー者では一番弱いんじゃあ。。。

Xメンのサイクロップスも大好きなんだけど、彼、映画では全くいいところなかったんだよね。強いクセに。
でも、アベンジャーズのキャプテンは要所を締めていていい感じ。
弱いけど適材適所で頑張ってくれてるのはハッキリとうれしい。


あらすじとか書くのはやめます。
これ、観ないとよくわからんわ。
SFと中二病の真っただ中という感じの話だからね。

でも爽快だし、痛快。
アイアンマン(=スターク)のマシンガントークもおもろいよ。

いやぁ、大変だけど、他のヒーロー映画を網羅しようかな。
冬、、、ちょっと考えちゃうなぁ。

るろうに剣心

るろうに剣心

ボクらの世代では知らない人はいないというくらい有名マンガの実写化。
かなり好きなマンガだったので、実写映画化は『きっと残念なことになる』と思っていた。

しかし、なんのなんの。
しっかり時代劇になってたわ。

マンガ色よりは時代劇色を強くしてあるから見るには耐える。
ただ、マンガを知らないとわかりにくいシナリオ進行はちょっと不満。
でも、いろんな布石を2時間強に散りばめながら物語としてまとめている結果だから仕方ないかも。
壮大ストーリィを映画に凝縮したら陥る『急ぎ過ぎ』感も、仕方ないところかな。

しかし、『残念』ではなかった。
ただの『コスプレ』でもなかった。

時代劇エンタテインメントとしては成り立っていたので、しらけることもなかった。
だから、面白かったと太鼓判を押しちゃろう。

座頭一やあずみ等が好きなら楽しいハズ。
大真面目な時代劇を想定すると肩すかしにあうので、肩の力を抜いて見てほしい。

次回作、あるんじゃないかな? こりゃ。

180km

走りました。

以前より疲れずに走ることができて、自分の力が向上している感は確認できました。
でも、速くはないです。まだまだです。

そして、“以前より”疲れなかっただけで、体痛いです。

もう、寝ます。
でもちょっとだけビール呑みます。ご褒美は必要です。

2日続けて休養日?

ネット接続環境の変化により、NTTは用済みになったので撤去となった。
同時に貸与されていたモデム(とは言わないか、ルータ?、実は線引きがわからん)を引き取りに来るとか。

それが午後の13時から17時の間ということで、待ち時間なげぇ。
とりあえず午後は『予定あり』とした。

朝は前日の台風の影響で路面びしょ濡れ。練習なし。
午前中に筋トレだけは済ませて、いろいろ諸作業を済ませつつ午後を待つ。
午後もすぐには客人は来ないので、ハローワークへの提出物を揃えたりして時間を使う。

14時半にNTT到着。
で、30分で作業終了。なんと、光ファイバーだけは残して帰られた。
近い将来、誰かが使うかもしれないから屋内に引きこんだファイバーは保管しておくんだね。
邪魔じゃないし、ま、いいか。

NTTが帰ったのが15時前だったので、日没まで時間があった。
じゃ、乗るか、って自転車乗ったら、40分後に土砂降りになった。
日没まで1時間以上あったが帰ることに。。。

ふぅ、まあ、いい足慣らしだよね。
30kmだけど、涼しい練習だったよ。

明日は、呑みの誘いがあったけど、連絡ないようならロング練しようかな。
9月始めに誘われてから一切の連絡ないんだよねぇ。
自転車乗りたいし、こちらからの連絡は控えとこ(苦笑。


120918_2回目パン01  120918_2回目パン02

今日も雨だったから、前回とは違うパンを作った。
前回はナンのために作った生地でパンを作ったが、今回はパンのためのパンだ!

違いは、入れてる粉が『強力粉100%』となっただけだがな。

こころなしか、ふっくら感が増えたが、『重いパン』だった。
しっかり食える、ずっしりパン。

前回、「趣味じゃないと作れんわ」的なことを書いたが、今回も感想はそんな感じ。
でもね、混ぜ込む材料を工夫したら、味や風味が自分色になるから楽しそうに感じた。

ベーコン、チーズ、ドライフルーツ、はたまた砂糖多めとか、塩多めとか???
薄力粉を増やすとどうなる? 焼く前にバターを表面に塗ったら風味はどうなる???

うーん。

奥が深そう。
深みにはまると大変そうだから、もうここらへんでやめとこ。

久ぶりの、引きこもり

台風の影響で雨が降ったり止んだり。
晴れ間が見えるときもあり、「走れるかな?」なんて思うけど、ムリね、これじゃ。

つーことで、今日はひきこもり。
9月3日以来、完全に自転車に乗らない日となった。

日ごろからアイディアを適当に収集しているから、付箋・ノート・パソコン・ボイスレコーダー・日記・クリアファイル・自家製ノートなどの情報をまとめる時間に充てたわー。
ついでに新しいアイディアノート作ったりしてね。

アイディアなんつっても、ただの落書きとか思い付きなんだけどね。
忘れちゃうから一応とっておいてるんだ。

本を読んだり、整理したり、明日からどうするか計画立てたり、、、真剣にやるとヒマないわ。
でも掃除はしなかったなぁ。

明日からは少し予定が入り気味なので、ロング練習はしばらくおあずけ。
心配だけど、まぁ、いい休養だと思ってレベルが落ちない程度いがんばろうと思う。


120916_難  120916_パン
自転車乗りながら食う携帯食なんだけど、買う金もバカにならんな、と思うわけ。

だから粉からパンを作ってみたんだけど、こりゃ趣味の世界だね。
時間と手間が掛かるし、意外に日持ちもしづらいと思う。

手間ヒマ考えたら、一個100円のあんパン買うことにしたよ。
もうこの件に関しては、もったいないとは考えねー。

穴をあけただけ

アイウェア改造中
4月に購入したアイウェア。
とても気に行っているのだが、どうしても儘ならないことがひとつ。

蒸れる

空気の通り道がないために曇るのだ。
そして目汗も凄い。

これ、安いんだけど外国製。
現状、アイウェアと顔との距離が近すぎてまつ毛がグラスに触るくらの距離でやっと落ち着く。
多分だけど、鼻が高くないと良い距離で保持できないようだ。

ノーズピースの調整ができないので装着感の調整はムリ。

だから穴をあけた。
ドリルでググッと。

右目の目頭とこめかみのところに穴を5か所。
良い換気口になってくれないかなぁ。

ちなみに左はあけてない。
比べながら効果を調べていこうと思う。

くびれ? LV1

今日、ヤビツ峠へ自転車で行くという友人からたまたま連絡があって、

「じゃ、行く!」

と、20分で部屋を出た。
まぁ、それでも3人中最後に連絡されたとあって、最後に到着。

それでも、住んでる地区がかなり違う者同士がヤビツ頂上で待ち合わせるというのは面白いもんだ。
うん、頂上待ち合わせって今までなかったな。うむうむ、面白いね。

そこからは3人で宮ケ瀬湖に下った。
宮ケ瀬湖はマジで100回くらい来ているが、お土産屋街に入ったのは初めて。
焼カレー食っちった。

しかし、焼カレーって、なんで焼くんだろ?
乗ってるチーズがとろけるくらいしか、あまり意味が…
120915_宮ケ瀬焼きカレー

食ったらあとは帰るだけなんだけどさ、ボクの後ろを走ってた友人が、、、

「いいね、腰回りくびれてて、、、」

なんて言ったわけ。

え?
「いやいやいやいやいや!!」

くびれてないから!
ダイエットしてるけど、くびれまでわーーーーっ。

…なんていいながらも、嬉しかった。
嘘でも、、、、嬉しかった。

痩せる活動しだしてから3ヶ月。
1kgしか体重減ってねぇ。

ボクの中の乙女がスキップしてます。

反省

昨日書いた記事。
わかりにくいわー。

要はあれでしょ?
・『力む』と『頑張る』は違うよね。

それだけじゃん?

その場限りで何も考えずに踏ん張る『力む』。
目的を成すためにどうすればよいか計画して努力する『頑張る』

ま、そういう違いを加味すれば、頑張るという言葉は前向きな良い言葉だと言いたいわけだ。


酒呑んでたから回りくどくなったなー。反省。



今日は自転車休養日。
朝練だけやって昼間は寝た。
夕方からバイオリンの予習をして、レッスン受けて寝るのみ。

ただ、レッスン前に『バカ辛味噌ラーメン』というものを空腹時に食ったおかげで、胃がムカついてしょうがない。

おかしーなー。
こんなことでしんどくなる胃だったかなー。

歳かなー。認めたくないなー。(苦笑

いやー、マジ、胃が熱いわー。
ビール呑んで沈静化すっか。

頑張る資格

以前から考えていることがある。

『頑張る資格』

頑張るためには、実は資格がいるのではないだろうか?

みんな、普段から『頑張ってる!』と言っている。
それって、ゼイゼイ、ハァハァと力んでるだけなのではないか?

少年時代のボクにとって、力むことこそ『頑張っている』ことだったように思う。
青年時代には、頑張っても思ったほど成果が出ないということが、しっかりと理解できるようになった。
成果が出ないなら頑張る必要はない。
それがわかって、努力の出し惜しみをするようになった気がする。

でも『頑張りたい』と。
だけど『何か成し遂げたい』と。
出し惜しみの中で葛藤していた。

あるとき、個人的に取り組んでいることで限界を感じる。
そして、出し惜しみなどしている余裕がないことを悟る。

吟味するより、決めて・やる。

なりふり構っていられない状況下で、1から出直す決意をした。

集中すること、努力すること、勉強すること、検証と記録をすることで、その時の限界は越えることができた。


今、ボクは頑張るために、頑張っている。
ボクにとって『頑張る』とは、100%の自分で勝負すること。
でも、何か少しのものが足りないだけで100%は出しきれない。

例えば、集中力。
例えば、戦略。
例えば、知力や冷静さ。
例えば、自己分析。
例えば、筋力。
例えば、心臓。
例えば、準備。

成し遂げたいものにより必要な条件は違うだろう。
でも、全て用意しないと、本番で『頑張れ』ない。

よく<不完全燃焼>なんて言葉を耳にする。

それって、頑張れなかったという意味じゃなかろうか。
こんなはずじゃなかった、自分はこの程度ではない、、、、とかなんとか。

「おれは頑張ってる!」

そんなことを言って笑っている人は素敵だ。
でも、逆ギレする人は『頑張る』ということを理解できてない気がする。

力むことは頑張っていることとは違う。

たくさんの条件を努力してそろえて、本番で『頑張れる』自分を作りあげることが『頑張る』ということではないだろうか。
それが<頑張るための資格>なのでは?
そこまでやって、本番で力を出し切ったとき、真に『頑張った』と言えるのではないだろうか。

もちろん、それでも力及ばないときもある。
勝負だ。相手がいる。勝つときも負けるときもあるさ。
それは仕方のないことだ。
でも、自分の目標に向かって、それに達しようとして努力することはおおいに意義のあることだ。
自分を成長させるのだから。


『頑張る』という言葉がマイナスな言葉に取られて十数年。
その言葉に甘える人と、『頑張ら』なければ何も成し得ないことに気がついている人との差は開く一方のような気がする。『頑張る』って、本来は嬉しい言葉のはずなのに。

『頑張る』という言葉の地位向上を願う。

200km

120911_初200k 1.01

昨日はこの表示を得るために9時間も外にいたわけ。

9時前に走り出し、山中湖を3周して帰ってきたが180km。
足りない分は畑をグルグル回って稼いで、帰りついたのは18時前。

9月末の耐久レースに向けて、トレーニング予定はケツかっちん。
8月までの練習が全く実ってないので超焦っていて、完全に余裕なし。
いや、むしろ間に合わないくらいで、9月に入って増量中だ。

だからとにかく早い時期に200kmを足に覚えさせたかった。
あと、自分に自信をつけさせたかったというのもあるかな。

本当なら帰りがけ、ヤビツ峠へ向かおうと思っていたんだけど、日没に間に合わないから変更して平地巡航。
レース前の自信というにはまだまだ足りないけど、8月までの『走るほどに遅くなる状況』からは脱したかったので、それには充分効果があったと思う。

いろいろ思い出したよ。体が。

これが刺激になってグングン調子が上がるといいわなぁ。
やっと、、、、やっと体と気持ちがヤル気を出してくれたって思いたいな。


山中湖のワンダースワン
山中湖のスワンちゃん。
優雅そうだったにゃー。

行けば見るけど乗ったことはない。
来年は乗ろうかなー

首が回らない

金の話ではない(笑。

先日書いたことだが、左首スジが痛い。
左向けねー(苦笑。

朝5時半からテンション上げ気味でチャリ練出発。
ウォーミングアップを兼ねてロードワーク30分。
そのまま畑道に入って1.5kmダッシュ、2kmレストのインターバルを4回できたかな?

少し休んで10時に野球の助っ人へ出発。
とはいえ人数少ないだけなので3塁コーチャーという『定位置』で参加。
いいんです。マジで野球経験ないんで、出なくても。
出たそうな人もいるし。

みんなと別れてから部屋に戻ってメシ食ってからまたチャリ練。

日没まで1時間半程度だったので、45分で行けるところまで行って帰ってくる行程。
回転数は90から上。
心拍数は150bpm以上を目標。
信号や下り坂は休めるから、途中は気合と根性で目標を目指す。
いや、もっと負荷を掛ける。

心が折れそうになったら、
『今日、人生が変わる』と思うことにする。
『こんな少ない時間で、、、距離で折れてたまるか』と思うことにする。
『やれないはずない、がんばれないわけない、前はできていたんだ』と言い聞かせる。

そいでがんばって、メーターの数字を見れば散々なデータ。
まだまだ元にも戻らない。

ただ、8月ムリだった『がんばる』ということができるようになってきた。
だからまだ光明はある。と思いたい。

で、がんばった結果、

首が痛い。

いいんだか?
悪いんだか?

呑み過ぎて

昨日、前の職場の同僚と呑んだ。
一次会で女性や既婚者などを見送って、そのまま夜の御供をすることになった。

いやー、やっぱ金掛かるわ。
同じだけ金使って居酒屋で名物食ったらどれだけ食えるだろう?
それだけの金使ってモノを買ったらどれだけ充実するだろう?

マジ、これからは付き合いでも1件でやめよう。


で、呑み過ぎて3時に寝たわけ。
朝遅めに起きて、昼間はダラダラだわね。

でも夕方から少し乗ろうという気分になって、1時間半ほど平地インターバルをやった。
昨日も足に疲労感が残っていたが、今日はすっかり良くなった。
気になっていた『気分』の方もヤル気が起きていた。

今シーズン、ヤル気が出なくて困っていたから少しだけ練習の成果が出てきたのかもしれない。

明日からまたがんばる。
でも11時から野球の助っ人だから、朝練と夕練の2回に分けようかしら?

雨、降りますね

晴れに晴れた8月。
雨降るまで練習休まねーもんねー、なんて言ってたらほとんどの日が練習日になった。

とはいえ、田舎に行ったり、誰かが呑みにきたり呑みに行ったり、旅行の準備した日は休んだけどさ。
ああ、富士山から帰ってから4日間は風邪ひいて動けなかったこともあったなぁ。

日記つけてるんだけどさ、雨だなって日は3日しかなかった。
夕立すらないの。すごいね。

で、9月。
6日経ったが3日降ったね。
数時間降っては止み、また降る、みたいな。

渇水してる地方もあることだし、4日に1回くらいのペースで降ってほしいな。

それ以上降るとこっちの練習計画壊れるんで、、、、
雨の神さん、そこんとこよろしく。

体、痛い

えーん、間に合わないよーっ!!

…って泣きを入れたくなる状況。
なにを? って自転車。

7月も8月も、乗るだけなら結構時間をかけたんだけど、調子上がらず。
富士も、合宿も全く実ってない。
ただ、根性だけがついた感じ。

で、9月に入ってマジ漕ぎしてるわけ。
9月末にレースを入れたので、そこに間に合わせるように急ピッチで調整中。

で、

今日は人生を変える日っ!!

…って昨日張り切って追い込んだら、追い込み過ぎた。
いや、これでいいのかも知れんが、あんだけ坂を登った先月にだってありえない消耗加減だった。

足に力入らないし、ケツはしびれてるし、、、
気持ちもどっか飛んでいってた。

でも今日だって、

今日は人生を変える日っ!!

つって出かけたが全く脈拍が上がらない。
しかも、睡眠時間バッチリだったのに眠くなってくる始末。

完全に疲労だ。

でもがんばってインターバルをする。
スピードなんて全然伸びないし、脈拍もせいぜい150bpmくらいですよ。
現状でこれだけ遅いのに、普段の8割に満たない登りっぷりでしたわ。

で、一応目的地には着いて、どうにもならんから休んでたらひと雨あって、あがって、、、

『おい、これでいいのか? いいのんか? これで終わって人生変わるンか?』
心の声が聞こえる。


……
「だめだーっ! おれはまだ終わってねー!!」

復路はムリヤリ緊張を高めて、下る。

「下りは得意だろーが! 平地も好きだろーが! 登りじゃないじゃ、気張らんかい!!」
「今日やらなきゃ、昨日の分が台無しだろーが! 今日やらんと明日に続かんだろーが!!」
「次のレースに間に合わせるって言ってたの嘘かい!? 燃え尽きるぐらいできんで何がおきなわじゃ!」

…もう、ムリヤリである。

でも得意地形なだけあって目も覚めるし、脈も上がる。
足は終わっていたが、ペースが上がらなくても酷使して乳酸出しまくって除去させる。
気がつくと左の首筋が痛い。  …あれ、ここの筋肉って何に使ってたの?

なんとか練習も形になってくれて、ようやく今日も終わりそうです。
明日も生きてるといいなぁ、と思います。
 かしこ

白いなす
厚木物産店で見かけたなす。
「へぇ、大根じゃねーんだ」
だだ、感心。

毎日が人生を変える日

昨日、本を立ち読みすること十数冊。
もちろん、熟読とはいかず、斜め読み程度だ。

そんななかに気になるフレーズがあった。

『今日が人生を変える日』

興味深い。
なんか、心にドスンとくる言葉だ。

魅力的な事、現実的な事があってどちらか選ばなければいけないとして、迷って身動きが取れなくなったとき。
行動しなくちゃいけないのがわかりながらも、何かが怖くて萎縮しているとき。
このままではマズイのがわかりつつ、新しいことを始めるリスクに不安を覚えたとき。

この言葉を口にする。

すると不思議なもので、前へ進めるような気がする。
もう、変えちゃうんだから思いきっちゃえという感じになる。


今日から始めた自転車の9月練習。
人生を変える日と思って走り始めた。

峠を3回登る。
インターバル7回とか、計測走行とか、LSDとか。

帰りの平地も踏ん張る。
乗用車の加速を、仮想アタックと思って反応する。
60km/hを超える。さらに追う。赤信号で止まる。

それができる展開は数回だが、出来る限り応戦した。

帰ってきたら、ボロボロだった。
今は立ち上がることすら億劫で、足に力が入らない。

8月の富士でも、合宿でもできなかった追い込み。

ボクはひとりの方が追い込めるのかもしれない。
もちろん、気持ちが乗らないとムリだけど。

その気持ちを乗らせた言葉。
ボクの自由年に掲げたい言葉に昇格である。

ハローワークは大盛況

8月31日に退職した会社から離職届がようやく届いた。

本で読んだ内容だと退職一週間後くらいで届くとなっていたが、丸々ひと月掛かった。
2週目で一回問い合わせしたが、必ず送られるからと待ち続けた。

実は、国保の手続きだけは早々と済ませたかったのだが、なんとなく虫の知らせで会社の書類が来てからの方が良いだろうと思い、こちらも待った。

結果は正解。
【離職票】があったおかげで、国保も年金の手続きもすんなり終了。
1時間で済んでしまって拍子抜けである。

でもお役所仕事だから、次のハローワークは時間が掛かるかもしれないと思って休まず移動。

で、行って驚き。
ハローワークって、混んでるんだねぇ。

まず入り口で、自分がどんな面接を受けたか力説している若者と取り囲む若者3人とニアミス。
なんだありゃ?と思いながら建屋に入ると、歩くスペースしかないくらいの人、人、人!!

全体像が知りたくて1階を軽く見渡せば、
・カウンター越しに相談できる窓口が20ほど。
・求職情報を検索できるPCが30ほど。
・特殊な求職者対応のカウンターと訓練関連のカウンターが10?

結構狭い屋内に驚くほどたくさんの窓口が設けられている。
しかも、空きがないのだ!

ひっきりなしに受付番号が呼ばれ、相談カウンター番号を指示される放送が流れ続ける。
PCではこれでもかとばかりに求職情報が印刷されている。

「すげぇ、大盛況だ、、、」

圧倒された。
マジ、失業率を実感した。
こんなところにボクは踏み込んでいくのか、、、と少しばかり覚悟を要した。

とはいえ、とりあえずは失業手当の手続きをするだけである。
まだ、いろいろと“その時”ではない。

まずは受付で自分のプロフィール表とも言うべき求職者票を書くように言われる。
意外と時間はなくて、ボクの番をコールされて相談カウンターへ向かう。

主に時間不足で全部書ききれてなかったが、相談者と話しながら書いた。
その後、相談者がPCにエントリーしてくれて、求職するときのコツのようなものをアドバイスしてくれた。
ボクは<製造業>が主な職場だったので、製造業のニーズにある【職務経歴書】の書き方などがそうだった。

がんばって。などと言われ、ボクは相談者に別れを告げ、雇用保険の申請をするため2階へ向かう。
1階は求職。2階は保険や訓練手続きなどを行っているようだった。

保険の手続きも意外にすんなりいって、ほとんど本で読んだことを説明された。

9時半に部屋を出発して、市役所→ハローワークの手続きが終わったのが12時。
お役所仕事のクセに、速い!!
いや、お役所仕事だから文句のない人には速いのか??

ま、今日は針治療もあったし、食料の買い出しなどで過ごしました。


しかし、、、、
本当、ハローワーク大盛況だったな。
なんか、役所の人間密度が完全に市役所のソレとは別格だった。

公務員だったとして、ハローワークが職場なのはイヤだな(笑。

ダークナイト ライジング

ダークナイトライジング

知らなかったんだけど、新バットマンの第三部で最終章だと。

ただ、部間が長すぎて前作を覚えてないのが辛い。
一応、単独でも面白いが、やはり前作までの布石がわからないのでは面白さ半減だ。
なので、観るなら前作も見とくことをお勧めする。(もう終わってしまいそうだが)


バットマンが消えてから7~8年後。
ゴッサムシティは悪に厳しい法律『デント法』により一応の平和を保っていた。

しかし、その平和を『偽り』と罵り、『市民の開放』と称して秩序を破壊する者が現れる。
最悪の敵<ベイン>を前に司法も警察も罠に嵌められ抵抗できない。
街は、再び<バットマン>の再来を求めていた。

その頃ブルース(=バットマン)は隠遁生活を送っていた。
過去の戦いで失ったものは多く、とても現実世界で生きる気になれなかったのだ。
バットマンとしての活動にしたって、ヒーローの座は市民に預けてきたのだ、できることはない。

そんな折、ブルースはベインの策略に否応なく巻き込まれていく。
ベインの非情な行動に、ブルースの正義と怒りの感情は昂ぶり、ついに黒マントをその身に付ける。



もう暗い。
真っ暗な展開はいつも通りです。
主人公の人間離れした正義もいつも通り。

今回は肉体的にもかなりピンチ!

バットマシンはいつにも増して活躍するよっ!
もうね、10割増しで大活躍!!(←意味深ですよ)

書いてなかったけど、キャットウーマンもかっちょえーですよ。
猫耳が実はバイザー、なんて設定も、実用性あってすげー好き。

話が暗い、前作2本を観てないと意外にわかりにくい、とちょっと難もあるんだけど。
やはり、これを観ずしてバットマンを語れんでしょう!!

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪

『わたしが好きになった人はおおかみおとこでした』

…から始まる、お母さんの物語。
家族の話ではあるんだけど、やっぱりお母さん(花)の物語だと思う。

花は通っている大学で一人の男に出会う。
華美なところはないが、知識欲が旺盛で物静かな男性。
なぜか気にかかり声を掛ける。思えば花の一目惚れだったのかもしれない。

お互いに惹かれあうようになるが、男は秘密を明かしたいという。
花が大事になってきたからこそ、隠していることを明かすというのだ。
そう、彼は狼男だった。

花はそれでも彼が好きだった。
だから一緒に住むことにした。

大学生在学中での妊娠。
狼人間の子として隠れながらの出産。
狼と人間との境が全くわからずに奔放に走り回る子どもたちに翻弄され、
狼人間であることを隠しながら生活していくなかで、訪れた事故。
とうとう都会では住んでいけなくなって、人から隠れるように田舎へ移り住む。

そんな苦境に苛まれながらも花は笑う。

『辛いことも苦しいことも、笑っていればうまくいく』

そう信じて、今日もおおかみこどもの2人を育てていくのだ。



予想通り、非常におもしろかったっす。

一家に降りかかる問題は山積みで、内容もいちいちハードなんだけど、
花が健気に努力して、笑うことで全部を吹き飛ばしている。

子どもたちは一家の運営に関しては全くの役立たずなんだけど、育っていく2人を見ているとこっちもほっこりしたりして。「おい、もうちょっとお母さんのお手伝いしろよ」、なんて言いたくなっちゃう。

一家全員が幸せになってほしいなぁ、なんて思える映画でした。

テーマはそうだなぁ、母の愛、、、、ってところに尽きるのだろうなぁ。
もちろん、お勧めです。
もうすぐ終わっちゃうから見に行って!