横道世之介

横道世之介

映画の宣伝で見た、太陽の被りモノと世之介の笑顔が網膜に焼き付いて気になり続けていたので読むことにした。
ちなみに映画は観ていない。


大学進学のために長崎から上京した横道世之介18歳。
愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる。
友の結婚に出産、学園祭のサンバ行進、お嬢様との恋愛、カメラとの出会い…。
誰の人生にも暖かな光を灯す、青春小説の金字塔。
第7回本屋大賞3位に選ばれた、柴田錬三郎賞受賞作。

~裏表紙より



感想。なんかおもしろい。

主人公・世之介は、スーパーマンではない。どちらかというとお調子者で、ノリで生きている感じ。
特に物事を深く考えることもなし、かといえば行動的ということもない。
いつも何かに巻き込まれている。

巻き込まれながら出会う人たちとの交流により、少しずつ大切なものを積んでいく。
それは世之介だけでなく、周りの人たちの中にもひっそりと積まれていく。

ほとんど流されて生きている世之介の行動が、周りの人たちの中にスッと入り込む。
流されているがゆえ、自然に輪の中に入ることもあれば、外れることもある。
そんな世之介を周りは受け入れ、忘れ、思い出す。

とても自然だけど、なぜか忘れることができない印象を与える世之介。
彼の小説。


とても読みやすくて、言い回しも言葉選びも秀逸な作品だと感じた。
どんなエピソードもそれほど強烈ではないのだけれど、スッと胸に入り込むような柔らかさを感じる。

ひまわりのような明るさというより、桜の淡さと儚さがあるのかもしれない。

青春小説ということで、胸キュンストーリーを苦虫を噛むつもりで読まされるかと思ったのだが、そんなことはなかった。むしろ、気持ち良く、心地よく世之介を見ている印象。
世之介の優柔不断さや、適当さがとても愛おしい。

この本を読んだからといって、何かを得るわけではないのだけれど、読んで良かったと思わせる、美しさがある小説だった。


これを読んで、若い頃に無駄に時間を浪費した記憶がよみがえった。
でも、それすら自分にとって、関わった人たちにとっても大切な思い出になっていくんだなぁと実感する。
無駄だけど、無駄じゃない。

だから、これからも無駄な時間をたくさん浪費して思い出を作っていこう。
そして、いずれは自分にもコレだと思える生き方を見つけたいと考えさせられた作品だった。
スポンサーサイト

ロミオとジュリエット

ロミオとジュリエット
まさか、まさかの、今頃『ロミオとジュリエット』ですわ。

古典もいいかな、と思いついたので、読み始めているものの、やはり古典!
もはや、読みにくいと言う他ない。

とはいえ、温故知新。
懐かしいような、奮い立たされるようなセリフ回しに痺れる部分はある。

齢30代も終わりにきて、ようやくあの有名なセリフ『ああロミオ! あなたはどうしてロミオなの?』という意味がわかるという不甲斐なさ。
だけど、読まずに人生終わらなくてよかったかもしれない。

内容はみんなも知ってのとおり。

直観的な恋愛から、電撃的で非公式な結婚をしたロミオとジュリエット。
しかし、その日のうちにちょっとしたトラブルからロミオは殺人を犯し、街から追放されてしまう。
離れ離れになってしまったジュリエットは、父親から血筋も人間性も素晴らしい男性貴族を夫に迎えろと命令され、断わりきれない。

どうにかしたいジュリエットは協力者を得て、眠り薬を手に入れる。
42時間、仮死状態で眠り続けるこの薬を飲んで自分を死んだものとし、ロミオによって救い出してもらい、二人で逃げる算段だった。

しかし、事故によってロミオには策略の内容が伝わらず、彼はジュリエットが死んだと勘違いしてしまう。
ロミオはジュリエットの亡骸を抱きしめ、悲しみの内に毒で自害する。

時を経ず覚醒したジュリエットは、ロミオの死を悲しみ、自らも短剣で自害してしまう。

かくして悲劇。
二人の家系が古よりの因縁を払拭していれば、このようなことは起きなかったハズだった。

キュピレット家とモンタギュー家は、この悲劇から学び、手を取り合う決断をしたのだった。


20代前半だったら、かなり感銘を受けそうな内容だったなぁ。
でも、今は人格形成され過ぎて、こんなに純粋ピカピカな話は、スッと入ってこないよ。

ああ、汚れたわー、自分。

次はマクベス。
どんな話かニャー。

クラウドアトラス

クラウドアトラス
えーと、クラウドアトラスっす。

とにかく、今月も映画をみなきゃ…と思って、放映状況を確認したところ、あまり興味を惹くようなものがない。
そこでストーリィまで読んでみると、どうもクラウドアトラスがよさそうだ。
トム・ハンクスが出演するのはいつもヒューマン系で、系統的には興味はないが、ストーリィはどうもSFっぽい。

1800年代から、近未来と遠い未来を含めた、6つのストーリィを織り交ぜてひとつと成していく…ハズ?
『ハズ』というのも、説明では確か、6つの物語は年代が違うものの、各々人物が輪廻転生をして奇跡の出会いを果たし、愛や友情というものを確認しあうことで、絆は繋がっていると伝えてくれるような映画ではなかったか?

6つの物語… あまり繋がりを感じない。
クラウドアトラスという楽曲が繋がりを表すのかと思いきや、そうでもない、、、というか印象うすっ!!

一番の見どころは、5つの物語は時間軸が違うのだが、同じ役者が別の役をたくさんこなしている。
メイクひとつでここまで変わるか?? というくらい七変化するので(実際に7役している訳ではない)後々のキャストスクロールでビックリするよ。

この映画、結局何が言いたいのかわからんかった。
最終的には『自ら行動する者の物語・6編』で終わった感じ。

幸せになった物語もあれば、悲劇で終局する物語もある。

個人的に感想を書くと、
3時間という長丁場に、6編のSFと冒険譚をザッピング形式で詰め込んだ作品。

ボクはあまり好きじゃないかな。

でも、近未来に出てくる『ソンナ』役の韓国女優がカワイイから許す。

ただいま

とっくのとう!だけど、小笠原から帰ってもう5日経ってます。

ただいま。
ようやく精神世界の小笠原からも帰ってこれたよ。

ブログもようやく更新する気になってきた。
そして、旅人のたしなみとしてフェイスブックが有用なようなので、昨年9月くらいからまともに更新してなかったものを先日再開。

フェイスブックをやると、ブログがおろそかになるので止めてた部分もあるのだが、まぁ、これからはどちらもボチボチとやっていこうと思う。

だからブログの更新は、これからはポチポチと。
フェイスブックもポチポチと。

どっちも適当な狙いから始めたわけだから、まぁ、それでもいいのかな、と思う。

オレ情報ダダ流し… ではなく、もう少し狙いを絞ったアップを心掛けたい。
ひいては、更新回数を減らしていこうかと。(笑

近所の桜、4分咲きかな
うちの近くの桜も、この陽気に誘われて咲いてきたよ。
ここらへんじゃ、一番咲いてる桜だわ。

まだまだ1分咲きが多いけど、来週には満開だろうね。

来週は京都にいくぞー!
桜旅だー!

やってやったぜ!

大学生がやり抜いた偉業。
父島一周。

身長180㎝、痩せ型の彼は、11時間でやりぬいた。

うらやましく思った。
そんな事ができるのか、とも思った。

今日は唯一、予定のない日。
いつやるの?
『今でしょ!』。

歩いたコースはおよそわかっている。
彼はチャレンジャーだから、妥協もしないはずだ。
それなら、負けないようにコースの線を引く。

時間も制限をかける。
彼が11時間なら、ボクは10時間だ。

若さも足の長さも負けている。
でも、挑戦者として、冒険者としてはボクの方が先輩だ。
彼が目標とハードルを用意してくれた以上、応えなければならない。

ホテルのお姉さんにわからないところを聞いて、コースタイムを導き出した。
その結果、普通にやっては勝てないことがわかった。
じゃあ、普通ではない方法とは?

休憩を極力取らない。
そして、下りは走る! (^_^;)

観光なので写真は撮りまくるから、休憩はそれで代用。
昼休みは15分。
下りはジョグでスピードを倍にする。

これを実践した結果、

9時間で踏破!


大人げないと笑わば笑え!
これが冒険者魂じゃい!!

今夜は一人

小笠原一人旅7日目。
もう7日経ったのかという思いが強い。

初日から今日まで、相部屋で過ごしていたから、賑やかだった。

時は3月。
はからずも、大学生の卒業旅行と時期が合ってしまって、満員の小笠原丸の1/2は若者でイッパイ!
どこへ行こうとワイキャイと羨ましい限りだ。

ボクが泊まったユースホステルも、20人以上の宿泊客中、御多分に漏れず大学生以上は4人。
そんな若者旋風の中で、なんとか立ち回り、若者も受け入れてくれたこともあって、最初の3日間を3時まで呑むという暴挙。

母島に渡って宿も変わり、さすがに硬派揃いだったので乾杯1杯で終了したが、2日目は1時まで呑んだ。

そして今日。
初めて個室に泊まる。

もともと1人が安心するタイプだからほっとしている自分があるが、静かになって寂しいという気持もある。
こういう気持ち、忘れていた。

ここに来て、大事なものを取り戻せそうな気がする。
この旅は、もうすでによい旅だ。

あと3日。
力いっぱい 旅をしたい。

出発、前夜

焼肉食ったわー。

そして、「おごるよ」と友人が言ったので、「なんで?」と聞いたら、

「餞別」 だとぉ~~~!!

まるでボクが死にに行くみたいじゃないか!


死ぬことに問題はないが、死にに行くわけではないし、その予定は全くない。
なので、しっかり割り勘で払っといた。

ったく、『餞別』という言葉を使うタイミング間違ってるわ、アイツ。

この場合… ああ、なんだ~、そう、『はなむけ』かな。
意味的にはあまりかわらんっぽいが~、そっちの方がしっくりくるわ。

明日、出発。

電車はラッシュアワーだ。
大変だけど最初だけさ。がんばって乗り越えていこー!

今から予約?

小笠原へ行くにあたり、予約を取りまくっておる。

宿、ガイド。

宿。
キャンプなど、野営禁止なので宿がないのは致命的。
もちろん、禁止されてるからこそ、ある程度のキャパはあるはずで、そこは安心しているのだが、とはいえ、決めることができずに電話でたらい回されると心配になる。
最悪、かなり高い宿に行けば泊れそうだが、さてどうなるか。

現在、7泊中5泊目まで予約できた。最後の2泊は現地で決めようかと思う。
基本的に行きたい場所がわからないので、現地の空気を吸って感じたい。
最後の2日は完全自由。
多分、酒呑んでビーチをさまようことになるだろう…と予想する。


ガイド。
ガイドがいないと行けない場所が多いのは有名なところ。
世界遺産に指定されたから、、、というより、以前からずーーーっと自然を守るために頑張ってるみたい。

滅多に行ける場所ではないからこそ、そういう場所に行っておきたい、と考えるのは自然なこと。
往復50時間掛かる場所という意味では、ハッキリ言って韓国よりも遠い。だからこそ、行けるときに満喫しておきたいと思うのも自然だろう。

ゆえに、初日から5日目までガイドを用意した。
とはいえ、3人までが確定したところ。あと2人捜さねば。


そんなこんなで自力で頑張って旅行計画を進めている。

10日ほどいなくなるので、新聞も宅配も止めなきゃ。
職業訓練校の入校意思も出しておかなきゃ。

あと3日でやること多いなぁ。

3月!!

春、だと?
初春、ですか?

とある…の映画も始まってるみたいだし、いい時期だね。
どこでやってるんだろ。

今日は空気が湿っているけど、風が春めいていると感じる。
曇ってはいるけど、気持ちいい。


悩みはいろいろあるけれど、考え続けていれば解決策も見つかるだろう。
これからの生活に不安もあるけれど、まあ、大丈夫だろう。

今年の運気は最高のハズ。
あとは努力だけなんだ。運気最高のときに努力して運を掴まないとね。

大丈夫、大丈夫。
今年もふた月経ってしまったけど、大丈夫… のハズ(汗。