カードはいずこ?

大晦日。
同期で同僚とガストで小宴会(ドラグナー購入)をした。

そのとき、Tポイント欲しさにカードを提出したら、そのまま紛失した。
さて、カードはいずこ?

今月中旬に捜索は打ち切って、紛失した旨をカード会社に伝えて使用差止めしてもらった。
調べてもらったら、今月の使用はなかったという。

どこかに隠れているのかしら?
それともゴミ箱行きかしら?

新しいカードを発行し、郵便局で受け取った。
これでいつも通りの生活に戻ったことになるのか。

カードの差止め、遅いよって思うでしょ。

もしも、
カードが悪用されていたとしても、使用限度が100万円だ。
逆に、話のタネになるというものだ。

そういう風に思ったら、別に怖くもなんともなくなった。


こう言うのもなんだが。
少しくらい使われていた方が、おもしろかった気もするのだ。
スポンサーサイト

グレーでブラックっぽい中企業は、大企業になれないのか?

ファーストフード店とか、
居酒屋チェーン店とか、
コンビニとか、

従業員の時間を食い散らかして商売をしている企業は多いみたい。
少数精鋭と言えば聞こえはいいが、人が足りない分を従業員がなんとかして盛り立てて切り盛りしている。
その努力は無駄ではないが、店や企業としては健全ではないような気がする。

そりゃあ、昭和の高度成長期とかバブル直後あたりは 『24時間働けますか?』 とばかりに人は働いていた。
でも、そんな経営ができなくなって、外資に頼ったあたりから 『24時間働いたら死んじゃうでしょ?』という風潮になってきたよねぇ。

外資系は個人を尊重し、家族と過ごす時間を重視する。
そりゃ、今でこそ結構働いているけど、昭和の働き方はしていないと思う。

大企業は経営体力があるから、すぐにそういうところを取り込んでゆとりあるライフワークバランスを作りだした。そして、ゆとりが創造性を生み出し、あらたな働き方へと移行していったんだと思う。

思えばボクは、そういう大企業にばかり勤務していたのだなぁ、と痛感する。
バイトで中企業に入ったことはあったが、時給制なので基本的には残業なしで帰っていた。
月給正社員として採用されたところはいずれもネームバリューのあるところだった。
残業は… 仕事ができるようになってしまえば、さほどなかったように思う。

今ボクは中企業に勤務している。
これがまた忙しい。
なぜか?
働き方や、会社の仕組みが古いからだ。

多分、他の中企業も似たり寄ったりではないだろうか。

情報を処理するこがあいまいで、せっかく作ったデータの意味も把握できていない。
うまく扱えないからいつまで経っても現場や経営の改善策が見えてこない。
情報を軽視した挙句、昭和時代の "勘" に頼った経営で、従業員の時間を食いつぶして利益を貪っている。

現場を見て思うのだ。

結構歴史のある会社・工場のはずなのに、なんで "人の勘や経験値" に頼った働き方しかできないんだろう? …と。

問題は山積みで、労働時間は一杯。
資源や材料はいつも無駄に捨ててばかりで、これをどうしたら少なくできるのか考えることを放棄している。
今日をどうやってやり過ごすか、そればかりに気を取られて、未来を考えることを忘れてしまっている。
これが、ボクが働いている工場の現実で、歴史だ。

社員の離職率が高い。

当たり前だ。
仕事で手一杯。
遊ぶ時間もない。勉強する時間もない。外部の人と会って話す時間もない。
自分が成長できるかどうか心配になる人から辞めるだろう。

会社は社員に 『成長しろ』 というが、こんな現状でどうやって成長できるのか?
生え抜き社員になるほど、思考が停止しているという現実。
誰も気が付いていないのか? 気が付いても声に出せないのか? 諦めているのか?

答えはあるが、一年目社員のボクに何ができるのか。
現場でもない、支援部署のボクにできることとは?

5年後、ボクの工場は変わっている。
今より生産性が上がるか、残業が減るか… それはわからんが、何か変わるハズだ。
ボクがそうなるように仕向ける。

今まで培ってきた仕事のやり方。
還元するときがきたということだ。


……
………そう思って、ブラックっぽい会社だけれど、しばらく頑張ってみようと思う。


ちなみに、
小企業で働いたことはない。(ひと月だけあるかも…)

親父が小企業ばかり相手していて、給料もらっただの不払いだのという話を散々聞いていた。
アットホームな雰囲気で… というのも、若い時代のボクは反吐が出るほど嫌いだった。

小企業になるほどルールが曖昧で理不尽だったりするものだ。

ボクには合ってないだろうね。

七つの大罪スコア

150124_七つの大罪スコア
七つの大罪


こないだの休み。
寒くて外に出るのもおっくうで、部屋にこもっていた。

冬の休みはいろいろしんどい。

でも、しばらくぶりにヒマだったので、仕事に使う資料の下書きとか、素案をまとめたり、部屋の奥底にしまわれた資料を引っ張り出して読んでみたり、冬シーズンに行ける百名山を探したりしていた。

んで、久々のバイオリン集中練習でもしようかと思ったのだが… ちょっと気になって楽譜を書くことにした。

アニメ、【七つの大罪】のオープニングテーマを いきものがかり が歌っているのだが、これがまた昭和感のある疾走ビートを刻んでいてかなり良い。
でも、物語も後半になったせいか、最近セカンドオープニングに代わってしまった。
もう、口ずさむしかできなくなるのか…

そう思ったら自分で弾こうという気になった。

無料ソフトダウンロード。
使い方を思い出すために少しだけ動画でレクチャーを受け、
耳コピだが、楽器で音を確かめながら楽譜を起こす。

やっと納得いくものが出来上がったと思ったら、ほぼ3時間経ってしまった。
これだから楽譜起こしは面倒だ。

でも、これがあれば練習も習得も結構楽になるのだ。
いつでも思い出せるし。

よーし、今月はこのビートを叩き込むぜ?!
オラッ!!
(そういや、ジョジョの奇妙な冒険もアニメ再開だな)

合格しますた

150124_第一種電工合格証

一種電工、予告通り合格しました。
これで、資格試験はしばらくいいわ。

必要性のない資格だけれども、取れるのだから取っておかないとね。
チャンスはあまりないものね。

さてと、そういうことなら自分になんかご褒美をあげねば。

試験終わった打上とかじゃなく、明確なご褒美がいいなぁ。
さて、なんにしよ?

じっくり考えましょ。

いきなりの問い

イスラム国関連のニュースがあった。
例の、人質身代金事件だ。

今の段階で、すでに身代金の引き渡しに関する期限は越えており、国がどう対処しているかはTVを見て想像するしか手立てはない。

つい先日。
この報道が最新のニュースとして出回っていたころ、こんな問いをされた。

『日本はお金を払うと思いますか?』

ボクは、「人質には悪いが、払うべきではない」と答えた。
人質を取られたからと言って金を払うというのは、テロに餌を撒くことになるからだ。
誘拐が商売になると考えられたら大問題だ。
筋の通らない商売には一文も払うべきではない。

人質の命は?

彼らだって、イスラム国の危険性を充分理解した上で行動した結果だろう。
受けいれてもらわなくてはならない。
もし、危険性を理解せずにかの国へ滞在したというなら、そんなバカは死んでしまって構わないと思う。

報道やジャーナリズムが世界を露わにし、異変を伝えるという役割を担っているのはよくわかる。
でも、やはり、深入りすればその分のリスクが発生する。
リスクを取ってでも深入りすべき報道か?
そのリスクとは、自分の命だとしても行くべきだったのか?

彼らを "軽率" と軽くあしらうわけにはいかない。
ジャーナリストには敬意を表する。
でも、身代金は払えない。
誘拐ビジネスはあってはならない。

世界の人々に誘拐の危険性が及ぶことがないよう、人質となった彼らをお金で買い取ることはできない。

残念だが、これが答えだ。
選択の余地もない。
金は払わない。
一択だ。

もしも、人質が生きて救われることがあれば、日本を席巻する本を出せるだろう。
その体験、その描写がとてつもない情報に代わる。

人質になった二人が、もし生きて帰れるなら、それなりに対価は取れると思う。
そして今、それほどのリスクを取らされようとしている。

いずれにせよ、日本の対応が肝だ。
固唾を呑んで見守るしかあるまい。

ホビットⅢ 決戦のゆくえ

150117_ホビットⅢ 決戦のゆくえ

一応、観ないわけにはいかないでしょ?
つーことで、ホビットⅢです。

この映画、2年おきにやってる気がするんだけど本当だろうか?
いやいや、そんなに長くなかった。1年おきでした。
それでもスパンが長すぎてねぇ、観るたびに前回どうだったか思い出すのに苦労するんだよねぇ。

主人公、ホビットのビルボとドワーフたちの冒険もこれで終焉。
決戦という名の通り、今回は戦争が起きます。
小競り合いではなく、種族を越えての戦争が勃発。
光の軍勢と闇の軍勢。
はたしてどのような結末を迎えるのか?

宝物の虜となったドワーフの王。
誇りを失ったドラゴンスレイヤー。
囚われの魔法使い。
ドワーフとエルフの愛。

前作までに散りばめられた布石はどのように回収されるのか?
こうご期待… なんだけど、そろそろ終わるよ?!
ファンタジーファン、はやく観に行って!!

評価は普通の "B" です。

この映画も、事前に予習してこないとわからない系だよね。
しっかり勉強して観に行ってください!!

劇場版 サイコパス

150117_劇場版サイコパス

TVシリーズから好きだったアニメの劇場版だ。
これは観るしかないとばかりに逸って駆けつけてしまった。

一応、主人公は一貫して 『常守朱』 という女性だが、一期では刑事として先輩となり、心の支えでもあった 『絞噛慎也』 も主人公と言っていいキャラクターだった。
一期の最後に失踪した絞噛は、二期では常守の心理面でしか出てこない。

だが、劇場版では失踪した絞噛が発見される。
常守は彼を追うため、外国捜査を実行に移す。

なんともまぁ、サイコパスファンよだれものの展開ですよ。
失踪した絞噛がどこでどうしているのか?
誰しもが待ち望んだ展開に、ドキドキワクワクなんですよ。

多くは語りませんが、このアニメのファンなら絶対行くべし。

でも、初見での視聴は薦めませんね。
これ、SFに近いので、世界観が呑み込めていないとわかりづらいと思います。

ぜひ、アニメを観て、劇場に足を運んでいただきたい。

好きなアニメという個人的な思い入れもありまして、
劇場版サイコパスの評価は… "S" で!

マジ、面白いんですよ?

常守ちゃんの "女の子" な顔。
初めて見ちゃった気がします。

感性を大事に。

失われた感性を取り戻すため、前回の休みは映画を観てきた。

自分的にはすごいスケジュールに仕立てたものだ。

①映画館に到着後、チケットを購入してラーメンを食べる。
②時間までウインドゥショッピング。
③ショーがあったので、うっかり見惚れてしまう。
④映画を観る。
⑤最近寒いので安くなった冬物衣料を購入。
⑥ラーメンを食う。
⑦映画を観る(2本目)。

〆て10時間の暇つぶし(笑)。

14時過ぎくらいに部屋を出て、帰ってきたのは0時ちょうど。
久々の映画は楽しかったし、ウキウキしたなぁ。
ラーメン2杯は別に苦しくなかったけど、1本目の映画を観るときポップコーンを食べたのは余計だった。
やっぱり、腹いっぱいになっちゃうよねぇ。

とにもかくにも。
普段とは違う、充実した一日でした。

感性、、、戻るかな?

イマジネーションが湧かない

日記を書いている。
去年終盤から自覚しているが、書く内容がない。

生きていれば、一日の感想やら反省やらが必ずあるはずで、それを切り取るだけで日記は書けるものだ。
書けないということは、考えていないことを示唆しているようで悲しい気持ちになってしまう。

一日生きて、3行分も文字が書けない。
どれだけ感じずに生きてるんだよ、と自分が情けなくなる。

多忙。
マルチタスク。
終わらない仕事。
目まぐるしく変化する状況。
加速する情報。
求められる回答・行動。

何かを求められてアウトプットを出すだけの日が多いのか。
さばきにさばいて、処理していくことに感性を使っていないのだろうか。

仕事は片づけている。
改善もしている。
未来予想図も描いている。
感性も創造性も使っているハズなのに、帰ってくると空っぽになっている。

力を使いすぎてるのかな。
余裕、ないのかな?

空っぽの容器を満たす。
何をすれば、満ちるのだろうか。
答えは… あるのかな?

夜のヤッターマン

150117_夜のヤッターマン

ボクはアニメをよく見る。
仕事が多忙で、TVなんて見る暇ないが、休日に撮りためたアニメを見る。
そうだな、毎週6作品くらいじゃないかな?

1月から新番組が始まるようだが、タイトルからして琴線に触れないものが多い。
それでもセレクションをおこない、全く見ないか、少しだけ見て継続視聴するかどうか決める予定だ。

で、
『夜のヤッターマン』である。

ヤッターマン世界の未来の話らしい。
ドロンボー一味の末裔の物語。

これだけでも見る気になるのに、第一話を見た感想。

『やばい、見るしかない!!」

キャラがキャッチ―。
見やすい絵。
わかりやすい話(ヤッターマンを知ってるからかも?)。

そして、
物語が、意外にシリアスっぽい??

アンチヒーロー好きでもあるので、ボクはどっぷりハマりそうだ。


これからは、ドロンボーに視線集中だぜ!

復活の兆し

年末年始が忙しかったから、自分で決めた就寝起床時間も守れない。

前日の就寝時間が0時を越えてしまうから、朝は6時に起きてメシも食わずに出社する。
昼飯はコンビニ弁当おかずが中心の肉多め食事が続く。
退社は21時を越えることが多く、ときどき23時を回ったり。
帰宅が22時に間に合わないから、就寝時間は午前様になる。

さてと。
うちの会社の正社員は、よくこんな生活で我慢できるな、と思う。

つーか、他を知らないのか。
もしくは、もっと過酷環境から移ってきたのか。

知らないというのは、忠実な臣下を作るものなのだな。
もっと良い環境を知るものは、我慢できずに逃げ出すだろうに。

じゃ、ボクは?
この過酷環境を楽しんでいる節もある。
だから我慢できるのだろう。

もっと良くできる理想をもっている。
その方法もわかっている。
今はかなり遠い状況で、やるべきことが多いから忙しいけど、いずれ損益分岐点を越えて、安定期がやってくる。
安定期がやってきたときに、それにあぐらをかいてはいけない。休んではいけない。
安定期に、未来予測して準備を続ければ、安定期は継続される。

そういうものを知っていて、経験で理解していれば、多忙な現在も我慢ができる。
いずれくる平和のためになら戦える。

うちの社員は "現在" しか見ていない人が多い。
もちろん、生きる上で今を大事にしない手はない。
だが、今しか見ていないので、何も準備していない。
準備しないから、いつもアドリブで、いつも忙しそうだ。

毎年やってることなのに、資料がないから思い出すことから始める。
いずれやることなのに、計画を作らないから突発に行動を強要される。
本当にいつも忙しい。

ああ、大変そうだな。

ボクがいつも吐くセリフがある。
「例年はどうやっていたんですか?」
そしていつも聞くセリフがある。
「うーん、どうだったかなぁ」

ボクが考えなきゃいけないのかな?
一年目なんだけどな。
この会社で冬を迎えるのは初めてなんだけどな。

そういうのももう慣れた。
ボクが考えなきゃいけないらしい。


正月の定番

年始で唯一正月らしいことをした。
新年会で、かるた。

意外に盛り上がったで?!

やっと今年の気分

連休が取れて、ようやく気分が切り替わった。
昨年分の家計簿兼時間管理表でもある日記帳も、ようやく〆ることができた。

これで心置きなく今年に入ることができる、かな?

年の切り替え

でも、データを読んで、昨年の反省をするところまでは行っていない。
もう少し、昨年を引きずることにはなりそうだ。

気力充実?♪

150110_丹沢 新大日への道


連休3日目。
だいぶ良くなったが、本調子ではないという状態が続いていた。

だがそれがなんだ!

そこまで治れば行くしかないだろ?
行くのがオレだろ?

…と、いうことで出発。丹沢へ。

計画ができるような頭ではなかったため、思いついて、かつ、駐車できるところに決めた。
“ヤビツ峠” 。
かの地へ行こう。

かつて自転車で百回以上登った道。
自動車で登ったが、その時の思い出があふれてくる。
他人と… 自分と… 競技と戦った日々。
その想い。悔しさ。 …ほんの少しだけ、喜び。

「やばい、目頭が…(笑)」

そんな気持ちで駐車場到着。
寒い。2℃だって(苦笑)。
ちょっとクラクラする。手指なんかすぐにかじかむ。
でも、少しウキウキ。
やっと、山だ。自然だ。
空気が澄んでいる。高度が高いのだ。

さぁ!!

やる気が出てきた。
咳も出るが、勇気も出てきた。
そしてボクも出る。山へ。

今回は丹沢。
地元である。

雪山は危ないので、今年のオフシーズンは地元の山を歩こうと決めていた。
とはいえ、有名どころはしっかり押さえてしまっているので、よりローカルなところを選ぶことになる。
で、新大日。
わからないよね(笑)。

ともあれ、往路コースタイム3時間。マップタイムは3時間25分。
復路2時間。マップタイムは2時間45分。
さくっとやってきた。

パワースポットってあるっしょ?
寺とか神社とか、伝説の土地とか。
山もパワースポットって言われている。

でも思ったんだよね。
誰でもすぐに行けちゃうパワースポットって、みんなにパワーを分けちゃうから薄い感じがする。
山は、辿り着いた人に多く降り注ぐから、相応にパワーをいただける。
その論法から行くと、確かにパワーをもらった気がした。

風邪の根源が消えた。
まだ症状は若干残るものの、もう時間の問題だろう。
清々しい気分で下山。

風呂→メシのコンボで帰宅。もちろん打上だ。


連休3日。
今回もいろいろあったけど、ああ、充実したわ。

肉体の限界は精神を蝕むか?

先日、溶接の煙を吸い過ぎて喉をやられた。
喉が焼けると粘膜が作れなくなったようで、すぐに菌が体内に侵入してしまったようだ。

しかし、本来なら、それくらいで風邪などひかないハズだった。

ほぼ毎日5時間睡眠。
朝晩の食事をまともに摂らず、昼飯をドカ食いするのみ。その昼飯も自分でコントロールしているものではなく、食堂で提供されるもの。自分としてはバランスは悪い。
朝7時に部屋を出て、22時に帰る。
先月21日から今月7日までに取得した休日は単休2日。

自覚も知覚もしないようにしていたが、確実に疲れていたと思う。


6日、ボクは風邪を自覚した。
7日をなんとかごまかして仕事して、ようやく楽しみの3連休に入ったが結構キツイ。

連休初日、症状は抑制されてきたが、非常に眠い。
いくら寝ても眠い。
でも連休初日。何かしなければ…

前日0時前に寝たはずだが寝ては起きての13時。
とにかく外に出ようと部屋を出た。
そして靖国へ。

道中、往復の電車内でも微睡んでいて、まだ寝れる勢いだ。

靖国で日本をよろしく、と挨拶して、
地元の神社で、今年もよろしく、と挨拶した。

帰っても何かできるわけでもなく、ただテレビを見て、見飽きて寝た。


ボクの精神は何か行動をおこしたがっていたが、肉体は休みたがっていた。
精神は肉体を凌駕すると思っているし、信条だが、衰えが行き過ぎるとコントロールが難しいかもしれない。

仕事ならまだしも、
自分の裁量でどうとでもなる休日は、とにかく集中力を保つことができない。

疲労は覚悟していたが、風邪が追加攻撃してくるとは思っていなかった。
3連休。
養生だけでは終わりたくないものだな。


150108_靖国参拝
靖国の黄昏。
縁起物なのかなぁ、『靖国そば』なるものを食べた。
ちょっと具だくさんのそばで、850円。ちょっと高いかな?
ま、縁起担ぎということで。

おみくじは "吉" 。
昨年は中吉だから、調子は上向きなのかな?

確かに、昨年2日には軽い食中毒をおこしてたからな。
年始早々風邪ひいたっつっても、まだ良いか?


150108_鈴鹿参拝
どうやら厄年らしいのだが、42歳ってどういう数えなんだろ?

ボクの鬼門は前厄だと思っているから… いつのまにか危機は脱したかな?
いや、この仕事を始めたこと自体が危機なのか?

死のロード 3週目

去る2014年12月21日からこちら、2日しか休みがなかったことは先日記入済みだ。
この状況、7日まで続くらしい。

ようやく、待ち焦がれた連休が8日から3日間取れるようになった。
なんと、もう一回3連休が取れるという確約済み!

入社してこちら、3連休は実質1回だけ。
もう、前夜から最終日夜まで活動しっぱなしで満喫しまくったっけ。
あの時は群馬・栃木の山々を歩いたのだな。

今回はもう少しゆっくりできそうだ。

今、思っていることは、
初日・靖国神社参拝 ~の、おとそ気分で一人居酒屋。
2日目・丹沢へGO! ~の、温泉+車中泊 (寒そうだなぁ)
3日目・再び丹沢に入る ~の、温泉、我が家で打ち上げ。

こんな感じ?

できれば避難小屋あたりを使って山の中で寝たいと思っているんだけど…
丹沢のどこを歩くか決めてないからわからないんだよねぇ。

ああ、早く死のロードよ… 終われ!


<年末トピック>

ドラグナー  ドラグナーアップ

昨年末、31日に同期と少しだけ呑んだ。ガストで(笑)。

“これはいいものだ” ということでドラグナーを紹介され、そのまま格安で購入。
久々に見たけど、やっぱカッコイイな。
見た目重視の造形に惚れ惚れ。

うちに飾ってあるフィギュアは、ディケイドとディエンドだけ。
もう一つ、こいつを飾っちゃおうかなぁ。

ケース… 買っちゃう?

気持ち新たにしたハズなのに?

寝坊したー。
起きれんかったわー、5時に。

昨日は早く寝たハズなのに…
気持ちを新たに切り替えたハズなのに…
起床は6時過ぎだった。

うーん、うーん、原因は疲れかな?


<年末トピック>
食堂の花、としてお話していた女性が往った。
たった三ヶ月のバイト生活だった。

ああ、残念。
食堂に行きたくなる切っ掛けだったのにな。

最後の日。
お菓子をいただきました。

お昼のひと時。
姿を見るだけで充分に癒されたのになぁ。
…そういや名前も知らないや。
残念。
食堂の花が往った

残ったのは “枯れ葉” だけ。

明けましておめでとうございます

あけおめ。
…しかし正月っぽさがない年始だぜ。

先月21日から、今1月4日だが2日しかやすんでないぜぇ?
正月に近づくほど休みがないとは、これいかに?

まぁ、週休1日状態で2週回っただけなんだけどね。
だけど、通常営業っぷり半端ねぇので全く正月気分じゃないのだ。

それどころか、残業増えるし?

ま、グチはここまで。

新年あけましたおめでとう。
2015年。
今年は何が起きるのかな?
楽しみではあるが、仕事で終わるのはさみしいから、とにかく頑張って遊ぼうと思っている。

時間が大切!!

本当に身に染みるよ。
こんなに休みが少ない会社、初めてだわ(笑)。

2015年。
ウキウキするね。
ウズウズするね。

年始の時点でこんな感覚、久しぶり。

さぁ、始めよう。
今年を。

さぁ、やってやろう。
今年から。

そんな気持ちで、今年を迎えたぜ?!
さぁ、歩もう。
2015年を!!