今年も来たか~

150729_今年も来ました

ロードに乗らなくなって3年目。
それでも送られてくる参加申込書。

もてぎ7時間耐久と沖縄210km はセットだ。

暑くて熱い夏の練習。
追い込んで、もがいて、ひたすら続く強さへの渇望。

秋。
“想定沖縄” を意識した7時間のレースを走る。
本気の検証をここで一度やっておく。

反省を経て、再トレーニング後、沖縄へ。


そんな時代があったな~、と、すでに脳内隠居生活なボクは思う。
すごく昔のような気もするし、昨年だった気もしないでもない。

鮮明なのは死力を尽くしたこと。
戦ったと言いきれる。出し尽くした戦いだったということ。

あとは、あいまいな記憶。
しかし、古傷のように心に刻み込まれた記憶だ。


夏は好きだ。

苦しんだから。
でも、報われたから。

辛く、苦しくても終わりよければ総てよし… なのかもしれない。

8月だ。
さぁ、夏を満喫しよう。

今日から5日間夜勤だ。
忙しいところからスタート。
がんばろう。
スポンサーサイト

連日の戦い

今週の勤務は戦いだ。
初日からずっと、ひっきりなしのトラブルに対応している。

メシが予定通りに食べられない。昨日なんて17時。
休憩を取るヒマがない。
帰りが22時を過ぎることが普通。

悪い流れだ。

起きた事象を抑えきれずに終えてしまっていて、翌日に長引いていることもある。
当日起きるトラブルが多い。
故障までに社員が気が付くのが遅い。手遅れ。

なんとなくだが、みんな忙しさにやられて、機械の手入れや観察ができずにいるように思える。
余裕がないのだ。
結果としてボクらに修理の依頼が殺到することになる。

壊すより、修理するほうが時間が掛かる。
時には何十倍という時間を割く必要もある。

壊す前に手を打ちたい。
壊すようなことはしないでほしい。大事に扱ってほしい。

しかし、みんな仕事を早く終えたくて乱暴に扱うし、報告してこない。
それが結果的に未来の自分を苦しめていることを見ようとしない。

『現在をなんとかしたい』

そんな必死な状況では、余裕は生まれない。
余裕がなければ安定は望めない。生むことすらできない。
将来に向けての、新しい改革なんて、夢のまた夢。

みんなそれがわかっていながら、『そんなもの理想だ』 と言って現状に逃げている。

良い会社は、その “理想” を追求しながら一流になっていくというのに、夢物語のようにしか見えていない。
良い会社に入ったことがないから、その発想がないのだろう。

その夢物語が現実に手に入るものだと、どうやったら伝えることができるのだろう。

人は手に入れられると信じたものには努力できると思う。
信じられないからやりたくないのだ。

理想を現実に引き寄せる。
その努力なしには、安定稼働は望めないだろうな。


ビアガーデン

7月も終盤に入り、ようやく生活が落ち着いてきたような気がする。
ブログもそろそろ安定して書けるかな?

7月7日のひつまぶし接待を受けた件に関して書いたあとからの近況を書いていないが…
いろいろ割愛(笑)。

まずは昨日の感動から書くことにする。


ビアガーデンと言えば夏の風物詩。
夏と言えば、ビアガーデンに行きたくなってしまうというもの。
前職の同僚に誘われて、呑みにいくことにした。

150723_ビアガーデン01

良い感じにビアガーデンであった。

ビルの屋上。
涼しい風。
肉。
ビール。

イメージ通りのビアガーデン!

そして、夕日に照らされて踊るタヒチアン!!

ダンスショーもあるなんて、見る・見ないは別として、楽しい時間を過ごせました。


また行きたいな。
おおーい、誰かいこうぜ!(笑)


150723_ビアガーデン02

にわか雨、あり。

カッパ着てでも呑み続ける人たち。(もちろん吾輩たちも!!)

通常運転

思い返せば6月。
セール対応で夜勤が7日とそれに伴う連休。講習会参加2回、社員旅行。
皇海山登山にバイオリン練習会があった。

これだけあると、日々が目まぐるしい。

7月もここまでは負けていない。

出張2泊。セール対応夜勤6日とそれに伴う連休。
車検。尾瀬で2座への登山

上記した内容に掛かる日数だけ数えると、17日。
何かしらのイベントが17回/19日に起こっている。

それぞれ重さは違うが、平常とは違う状況であることは確かだ。
大変。

しかし、これからはイベントと言えばセール夜勤くらいなものか。
(それでもこのイベントは10日くらいの影響力があるのだが)

さて、平常運転。
ちょっと落ち着いて頑張りたい。


沈黙

名古屋へ出張のあと、すぐにイベントが始まり夜勤に入った。
トラブル対応係の様相を呈したボクは、意外に多くの発注が入り、忙しく5日間を過ごした。

その間、休日はなかったので、イベント終了とともにその分の休みもいただき、3連休へ。

このタイミングしかない、というところで尾瀬へ行ってきた。

初日はピーカン。
直射日光が痛いほどの天気

2日目は台風の影響で大雨。
それでも撮影しまくっていたらデジカメがダメに。
それならばとスマホで撮影し始めたらすぐにダメに。

ということで、現在スマホなし。

乾燥させてどこまで復活できるのか?
復活しないのか?(笑)

とりあえずやってみよう。

名古屋にきておる

今の会社に入って初めての “お泊り出張” 。
場所は名古屋。
名目は研修。

名古屋と言えば… 観光地は名古屋城と名古屋ドームくらいしか思い浮かばない。
地元の人に聞いても、さぁ、と言われてしまった。
地元の人は県外へ行くらしい。ま、それもそうか。

移動日の6日は街をふらついて、【世界の山ちゃん】 で手羽先食べながらの飲み。
宿泊するホテルは大浴場あり、QUOカード2,000円付き。
一人なのに飲み過ぎ感満載で、就寝。

研修初日。
電車に揺られ10分程度の会社で9時30分集合。
遅い出社に待ちきれず、1時間も前に到着してしまうが、待つのもいやなので街をぶらつく。
何もない(笑)。

10時から研修。
昼休みもしっかりもらえて、17時に終わるという楽勝な内容。
しかも、アフターで接待してくれるという。

30分以上タクシーで移動して到着したのは 【蓬莱陣屋(蓬莱軒)】 という場所。
なんでも、【ひつまぶし】 を食べるならココなのだという。

150707_ひつまぶし蓬莱軒

夕食時。
異様に並んでいるから、人気店で間違いないだろう。
すぐあとには相撲取りもいる。
うん? 相撲取り????

誰だかわからんが、相撲取りが来ているということは、やっぱり名店な気がする??

ボクらは各地工場からひとりずつ研修に来ており、総勢7名。
接待してくれる研修先の会社営業が一人という内容だ。
基本、ボクらの会社の話で盛り上がり、ときおり営業が話してくるという状況かな。

ひつまぶしは美味しいし、ビールもうまかった。

帰りは電車で、みんな宿泊するところが違うから勝手に解散。
ボクはQUOカードで酒を買って、ホテルで2次会としゃれこんだ。

いやぁ、調子いいね。出張。
こういう出張なら4半期に一回くらい来たいわ。

出張は本日で終了。
明日からは夜勤だ。

もう少し、たのしめそうだな。



暑く… ない。

暑くない。
全然暑くない。
もちろん寒くもない。

例年、GWくらいから扇風機を付けたり消したりしていると思っていたが、
今年は全然稼働していない。

一週くらい暑い日が続いて、食事のたびに暑くなるので扇風機を出したのだが、
最近はまた、置物と化している。

もう七月だよ?


梅雨だから雨降って涼しいんじゃないの??

いや、
例年暑い日もあった。
涼しい日も確かにあったと思うが、暑い日も多かったと思う。
扇風機、かけていた。


これはなんとも、
冷夏の予感。

さて、予想は当たるかしら?

休日らしい過ごし方

そんな記事をかなり前に読んだ記憶がある。

① テレビより趣味に没頭する。
・受動的享楽より、能動的享楽のほうが達成感を得られて休日らしい。

② 誰かと過ごす。
・仕事ではなく、人と会って過ごすというのは休日でなければなかなかできない。

③ 成功体験をする。
・仕事でもできるのだろうが、もうちっと気楽な状況下で仕事とは違う成功体験をする。
その体験が “特別なことをした感” が発生して楽しさ倍増。

そんなことが書いてあったと思う。

ま、一理あるな…と。


趣味に没頭してぇな。

梅雨空の禅問答

休日がヒマである。
こんなに待ち遠しい休日なのに予定が詰まっていない。

実は、それはとても喜ばしいことのハズなのだ。
クリエイティブ活動をする上で、暇であることは必要だ。
問題は、

そんな活動をしない自分だ!!


ぼんやりして、一杯ひっかけて寝る。
そんなときも時としてある。

日常は快楽に満ちている。
受動的に生きるのであれば、ネット、テレビを見ていれば問題なく楽しい。
お金を出せば、もっと良いサービスを受けることだってできる。

ただ、それでは生きている気がしない。
自分が動いて、結果を知る。
良くも悪くも結果が出ることで自分が生きていたことを感じることができる。
能動的に生きるとは、そういうことではなかろうか。

能動的に生きるというのは行動すること。
行動には必ずリスクが伴う。
リスクが展開されるものは失敗したときの虚無感が恐ろしい。
かけた時間が無駄になると思えば、足もすくむだろう。
そんな恐怖から逃げるように、受動的な生活を貪る。

受動的な生活は楽しくても結果は残らない。
結果がない生活は…果たして生きていると言えるのだろうか?

禅問答のような葛藤がボクの中を交錯していく。

梅雨空の休日。
ボクの時間は消費されていく。



車検

何もない。
何もできない?
梅雨時期の休日なんて、そんなものだ。

今日の予定は車検を受けるため、ショップに行くことくらい。

朝10:30。
ショップに、予約通り参上。

30分の点検の後、知らされたのは…

「後部座席の収納が邪魔になってエンジンルームが見えかねます。
 正しい点検ができません。
 また、車重もこの収納によって変わってしまいます。
 車検を通せないかもしれません」

収納を外せ、ということらしい。

ボクの考え的には、収納は大丈夫だろう。
でも、サブバッテリーシステムはキャンピングカー的な判定を受けてしまうかも??

と、思っていたのだが、どうも逆みたいである。

車検は基本、"走行に支障があるものに対し検査する" ものであろう。
過度にバッテリーを酷使する状況でない限り、バッテリー関連で検査が通らないことはないようだ。
ボクのサブバッテリーシステムは走行に不必要な電源を別に持つという発想なので、車検に引っかかることはない。

しかし、収納は違うようだ。
しかも、この収納は固定してある。
完全に車と一体化した状態で使用しているので、これは車と同一としてみなされるようである。

同一の収納であるから、点検窓が無いということと、車重ということで車検に引っかかるようなのだ。

これが固定されていなければ… また違う結果だったかもしれない。
…だが、固定せずに棚として置いたとしても 「どかしてください」 と言われかねないだろうな。

つーことで、一旦帰り、1時間ほど作業して収納を解体。
バッテリーシステムは配線を残して、取り外した。

これで車検を通れば、また1時間かけて組立てるのか。

ボクの車。
いわゆる改造車の部類に入ったのだろう。
カーフェチだね。

車検が通った翌週は、尾瀬に2泊の旅予定だ。
微妙に長旅。
テント泊か、車中泊か。
移動基地はとにかく便利だ。

しっかり点検して、修理して…
元気な状態でまたがんばりたい。

サンバー!
元気になって帰ってこいよ!!