love your enemies

160226_分島カノン
抜粋;ワーナー公式プロモーションより

お気に入り初の音楽部門。

分島花音 【love your enemies】。

アニメ 【selector destructed WIXOSS】の劇場版メインテーマだとか。

実は…
ボク、そのアニメは観てないんだよねぇ。話も知らねぇ(;´Д`)

でも、TVのプロモーションを見る限り、かなり燃えるっっ、揺さぶられるっっ!!

ネットで見返して、さらに欲しくなってしまった。
思わずネット購入。

すごい、すごい!!
熱い、苦しい、込み上げるものがある、グッとくる!!

なんでこんなに燃えるんだろう?
なぜこれほど湧き上がるのだろう??

考えた末、思い至ったのだが… 安っぽい例えをするな、と怒られそうだが―――、

ファイナルファンタジーの大ボスのテーマみたいな盛り上げかたなのだ。

あの曲を聴くと戦いを思い出す。
これまでの旅を、想いを、苦難を、喜びを… 全てぶつけるんだ!!!!

…という感じの想いに至る。

良い買い物をした。
これで数百円というのは安い。

やべぇ、カラオケ行きてぇ!!!!(笑)



スポンサーサイト

春財布

去る1月2日。
ボクはポチった。

ポチったといえば、密林だろ。もう常識だよね。

年始早々ポチったのはある記事を見たからだ。

春財布 = 張る財布

やべぇ、買うしか!!!(;´Д`)


ダジャレで購入を決意した財布だ。

実は以前使っていた財布はボロボロで破れまくっていた。
財布的に破れまくるのは演技が悪いなぁ、とは思っていたが、購入には踏み切れなかった。

"財布は自分で買うものではない"

なんて都市伝説が耳に残っていたからだ。
でも、やはりボロな財布に金は入ってこなそうだ。なんとかしたい。

そこでこのダジャレ。
ボクの背中を押した。

160226_張る財布01  160226_張る財布02

M+(エムピウ)という革小物の取り扱いをしているブランドらしい。
1万円超の財布なんて初めて買った。
いや、3千円を超えたことはなかった気がするなぁ。
数千円のマネークリップが最高額ではないだろうか?

ちょっとお金に興味出てきたからね。
お金にそっぽ向かれることはしたくなくなってきたんだよね。
とはいえ、相変わらず奔放に使ってしまうんだけどさ。

これで数年、やっていけるかな?

金廻り、よくならないかな?? なればいいな。



春の訪れ?

春の訪れを感じてしまったから書いておこうと思う。


梅の花はかなり前から咲いているが、初めて香りを感じた。
暖かいと花や植物の香しい匂いが空気中に放たれるが、今日、初めて匂ったわけだ。

部屋に帰ってきて、服を抜いでシャワーを浴びるとき… 『あれ? 寒くない』 となった。
これを書いている今も暖房をつけていない。
温度表示は13℃だが、体感ではもう少しあるように思う。

なんかウキウキする。
自転車で帰るさい、力が湧いた。
ペダルに力がこもり、体に躍動感が現れた。
寒いと体は強張るが、その時期を越えたあたりで押さえつけられたものが解放される感じ。
ほんの少し、解放された感じがする。

とにかく春。

もう、すぐそばなのかもしれない。


プラモ協奏曲

針治療を受けに、とある街へ向かった。
無事、治療は済んで、もうひとつ目的があった。

この街で、同僚のプラモが展示されている!!

目の当たりにせねばなるまい。
彼の作った力作を!!

ということで向かったのはイオン8F。
プラモショップだ。

160226_プラモ01

一応、ガンプラがメインの展示だったのだが、彼が選んだのはなんと、

エルガイムMKⅡ

色はいくらか明るいか?
こだわりは関節部のメタリックオレンジだという。
あまりアニメに近づけず、どちらかというと実写チックに仕上げたらしい。

あまりゴテゴテしていないところ、ディティールもほどほど、墨入れも最小限。
うん、シックにまとまっている。いいじゃないか!!
いいね。まじで。


160226_プラモ03

ガンプラ部門では2つが際立っていた。
ひとつはスペリオルガンダム。
懐かしい。
まだ作る人っているんだなぁ。ガンプラは永遠か?

メカメカしい大仰なスタイル。
ダブルゼータと同時期だが、別進化したガンダムで、共に大型でスペシャルなモビルスーツだ。
ゴテゴテしているが強そうだ。
オレンジがイカしている!!


160226_プラモ02

もうひとつはν-ガンダム。

墨入れバッチリ!
ディティールバッチリ!
立ち姿も威容を誇っている。

ギャル系だな、これは(笑)。

文句のつけようのない出来とはこのことだな。

素晴らしいできだが、ギャル系ゆえに少しケバイか????
やり過ぎ感はあるかなぁ。
でも、それはボクの主観である。
出来は素晴らしい!!!


すごいなぁ。
趣味だよなぁ。

力と技術と魂と、心がこもっている気がする。

素晴らしい!!!


檜洞丸登山

地元、丹沢で山登りしました。
今年初登りです。

登った山は 【檜洞丸】 。
神奈川県最高峰 蛭が岳 の "コブ" であり、山と言ってはいけないかもしれない。
でも、ひとつのピークであり、目標にし易い場所でもある。
今回のテーマは "雪" 。
手軽に標高を稼げる場所に行きたかった。

今年の降雪は少なかった。
一昨年の大雪が嘘のようだ。
銀世界、見たいなぁ。

豪雪地帯の人たちには悪いが、自然との軋轢が少ない神奈川県民としては冬に雪が見たい欲求があっても良いではないか。
全く銀世界を見ない冬というのは季節感が物足りないと思う。
だから、今シーズン、見初め見納めということで山へ行くことにした。


三連休。
初日は疲れてごろ寝。
二日目は元気になったものの、前日の余波で朝起きられず断念。
でも、どーしても行きたくなっていたので、その日の夜に車に乗った。

車中泊。
こないだ紹介したスピーカーを連れて、楽しくなりそうな予感。

登山口まで1時間強のはずが、道路工事渋滞に3回ハマり、なんと2時間半かかってしまう。
最寄のコンビニでも満足な買い物ができなかったから、踏んだり蹴ったりというところか。

それでも最低限の食材と酒を手に入れて登山口駐車場へ。
先客1台あったので、少し降りた別の駐車場を車中泊場に選んだ。

160219_檜洞丸登山01  160219_檜洞丸登山02

前泊の宴を開始(笑)。

全く電波が掴めない場所らしく、外部の情報は入らないようだ。
でも、スマホの音楽をスピーカーで聞きながら愉悦に浸る。

日記を書いたり、読み返したり。
すぐにウトウトしてきたので眠ることにする。

外は0℃に届くかもしれない。
鹿の鳴き声が聞こえる。
星がキレイだ。
良い感じで眠りについた。


翌日。
6時半過ぎに起床。
すぐに朝食。
寒いが外に出て、ラーメンとゆで卵。食後のコーヒー。
30分で乗車して、登山口駐車場に向かう。

駐車場で準備して、トイレを済ませ、登山計画を提出して、出発は7時50分。
悪くないスタート時間だと思った。

さて、最近思うのだが、登りで眠いことが多い。
毎回前泊で、前日の宴が夜中まで続いてしまって睡眠時間が少ないのだと思う。
うすらぼんやりしながら、のそのそと登る。

160219_檜洞丸登山03

2時間40分で頂上に到着。
途中、2人ほどパスして登ったが、どうやら昼の部最初の登頂者のようだ。
頂上にはボク独り。
ピーク独り占めはうれしい、楽しい。 全くの自由だ。

ボクは映像レポートを撮影した後、多分一番見晴らしのいいところで食事にすることにした。

160219_檜洞丸登山04

ずっとそうだが、富士山がキレイ!!

調子悪かったのも一気にふっとび、食事をすることで元気も出てきた。

山メシは日常では滅多に食わないパン食にポタージュ。
カップラーメンも準備していたが、気分じゃなかったかな。
手軽に、軽く食べたかったのでパン食で終えてしまった。

そうこうしているうちに頂上に人影が。
ボクが立ち去るときには、5人ほどが頂上で銘々に過ごしていたように見えた。

さて、下り。
体の調子がいい。
だが、膝が痛い(笑)。

久々の登りで膝を使ってしまったようだ。
気を付けないとすぐに普通に歩いてしまう。
山歩きモードになってないのだな、反省しながら下ることにする。

体調が良くなったと書いたが、眠くなくなってきたというのもある。
それで思いついたのだが、登りで調子悪いのは、単に酒が残っているからではないだろうか。
実は二日酔いでクラクラしているだけで、眠いのはその副産物ではなかろうか?

どちらにしても前日の呑み過ぎが原因か?
でも、それしないと前泊する楽しみが減るしなぁ… なかなかジレンマだわな。

標高を下げる毎に、防寒着を脱いでいく。
本日は神奈川県でも春日ということで、風がある・ないで寒暖の差が激しい。
難しいウェアチョイスになったなぁ。

ボクの防寒対策で重要視しているのが、【汗をかかないこと】。

汗はかくのが普通で、もちろんボクもかいてしまうのだが、ここで言いたいのはビショビショにならないことだ。
汗をかいて汁気たっぷりになると体が冷えてしまう。
汗をかいてもその場で乾いてしまうくらいの熱量でいるのが最も効率がいいと思う。

汗は体温調整の役割、というのは常識。
では、体温調整に使えない余分な汗はかくべきではない。
それって、あのビショビショの汗のことでしょ??

富士山で死に目にあいながら体で学んだことだ。ここで紹介しておくぞ?


160219_檜洞丸登山05

途中で鹿に4匹遭遇。
間近で見る鹿。なかなかかわいい。
敵意はない、、、、と念じるが、彼女らに通じただろうか?

復路は危険が多いとされる道を選んだが、なんとか下山。
狭い尾根。
凍った階段、石段、鎖場。
この道では人に1人も出会わなかった。この時期選ぶ人は少ないんだろうな。

ともあれ、14時30分には駐車場に到着。

すぐに近くの温泉へGO!

ゆっくりしようと思ったが、夜からバイオリンのレッスンがある。
帰りに渋滞にハマったら行くのが難しくなるので1時間で温泉を出発。

その後は予定通り1時間強で自宅に到着した。

もはや酒飲んで寝たい衝動で一杯だったが、ユンケルを飲んで気持ちを奮い立たせてレッスンへ。

いやぁ、今回も遊んだわー。
山登り、雪。

楽しく充実した1日でした。
次はどこにいこうかなー。


話題のマンガ

160218_話題のマンガ

久々にマンガを買った。
いつもながら笑えるマンガばかり。

【翔んで埼玉】
言わずと知れた(?)埼玉ディスりマンガ。
「埼玉の人間は草でも食えばいいじゃない!!」と、発禁もののセリフ満載。
いいのか? コレ??
つーことで気になって購入。

【ダンジョン飯】
妹がドラゴンに食べられた!
消化する前になんとか助けられないか!!?
時間がない、準備なんてしている暇はない。
着の身着のまま再突入するダンジョン。とはいえ食べずには生きていけない。

ならどうする?
モンスターを食うか?!

そんなこんなでモンスターを美味しく食べるサバイバル。
現地調達の材料たちを、工夫しながら調理する。
なんとも斜め上を行く発想のマンガです。


それぞれ、
楽しく読めましたぜ。




ブルートゥース・スピーカー

160218_BTスピーカ

以前、友人がうちに来たとき、ブルートゥースのスピーカーを持ってきた。
良い音だ、という。
確かに低音が効いた、ハッキリとした音質で音楽を聴くことができた。
1ユニットだったが、とても一箇所から音が出てるとは思えない広がりでもあった。

いいなぁ。

でも、それは大き過ぎた。
握りこぶし3つ分くらいか? 高さ20センチ、幅10センチ、奥行10センチくらいだろうか?
コンセント式でもあったな。

ボクは部屋で音楽を聴いたりネットラジオを聴いたりしている。
ダイニングキッチンあたりで作業をするとき、PCを持っていったりスマホをスピーカーにつないだりして聴いている。
だが、なんとなくそれが億劫だった。

そういえば、最近電気量販店に行ったとき、ブルートゥース・スピーカーが多く置いてあったな。
ちょっと真面目に見てみよう、と回ったときに出会ったスピーカーがコレ。

5平方センチメートルのキューブ型。 小型だ!
音を視聴すると、おお、なかなか低音が効いた大きな音が出る!
バッテリー式で、場所を選ばないぞ!

これだぁーーーーーっ!!

つて、購入。


いや、便利。
家中どこにいても音楽もラジオも聴けるぜ。
これはいい!

車中泊でも非常に有効活用できるのではないか??
なかなか楽しみであるぞ。

さ、じゃぁ、車中泊、行っちゃうか!!



鈍るクリエイティブ?

最近、仕事が忙しくってさぁ。
つーか、入社以来、暇な日とかないわけ。
二日酔いで何もしない日はあっても、暇はないわけ。
低調で動きが鈍くなることはあっても、やっぱ暇はないんだよなぁ。


…って、いきなり言い訳かよっ!!


確かに、平日は仕事に捧げていると言えなくもない我が人生。
出張期間がなくなって、常に工場出勤になれば、14時間労働が普通…と。
出張期間は、週5で出るのは月一回くらいだったが、今は普通に月3だ。
一週だけは祭日休というのがもらえるから3連休。4日出勤で済む。

週5はキツイ。
家に帰って寝るだけの毎日。その最終日の開放感ったら半端ない。
帰って今週の打上を独りでするのだが、呑んでるそばから疲れて果てて気絶する。
もぞもぞと布団に入り、眠ること6時間。
疲れが残るまま起床。なんとなくそれ以上眠れないのだ。

疲れている。
肉体疲労もさることながら、きっと気持ちも疲れている。

日常作業をコーヒーと呑みながらこなして、朝ごはんを食べても、なーんもしたいと思えない。

じゃ、風呂にでも行くか!?
と思い立ち、お外の風呂へ。
賞味1時間半ほど浸かって帰れば、体は超ダル。
自然と酒飲んで寝ちゃう。

休日初日はこのように流れていき、調子が戻るのは初日夜なのだ。


…言い訳が長くなったな(汗)。
とにかく、やっと調子が戻ってだな、今、まさに作業中なわけだ。

作業とはいえ、特にクリエイティブ活動ができるわけでもない。
たまったTV番組。
たまった本。
たまった情報収集。
たまった日常作業。
…そんなものを解消していくと、1日なんて意外とすぐ過ぎてしまう。
酒も飲んじゃうし。。。

ああ、何も作ってないなぁ。。。なんて嘆いているが、ふと気づく。

会社ではかなりの物を作ってるよなぁ。

同僚にプラモデルを作って出展することに情熱を燃やしている奴がいて、その話を聞いて 「それに比べて自分は…」 なんて卑屈に思っていたが、工場の改善のためにいろんなものを作っていた。

改善用品を自分で作ることは多いし、簡単な図面を引いて業者に部品や製品を作ってもらうこともある。
工場内ではアイディアマンで通っているんだよなぁ。
そういえば、ボクが作った部品のアイディアをメーカーに真似されたっけ。
それを見て同僚と面白がっていたよなぁ。

振返れば、自分の車をいじってフローリング仕様にしたり、生活用バッテリーを積んだりしたよなぁ。


…あれ。
意外とやってんじゃん?

自分の振り込みたい分野に力が入ってないだけで、必要なものには惜しげなく力を振るっているわけだ。


うーん、悩ましいよね。

仕事ではしっかりクリエイティブ活動をしている。
自分の振り込みたい場所では全く進んでいない。休んでしまっている。

クリエイティブの総量が一定ならば、90%仕事で10%趣味か。

ここに『夢』という振込先があった場合… どうするか?

パーセンテージを変えて夢に振り込むか。
総量を増やしていくか。

望みは総量を増やすことであろう。
あとはそれができるか。。。。


夢に対して鈍くなっているわけではない… と、今も思いたい。
ボクはできるはずなんだ… 

どっかのニートみたいな言葉を残して、また明日に期待して寝るwww。




久々の酩酊

こないだの飲み会は酷かった。
久々に酩酊。
ほぼ覚えてないぜwww

新工場長の歓迎会。
恵方巻の打上げでもある。

いつもと何が違うというのだろう?
よくわからんが、みんなが盛り上がった呑み会だった。

ボクはなぜか工場長以下、ちょっと偉い人テーブルにちんまり。
人の集まりが悪い。
この会社の宴会はいつもこう。
時間通りには始まらない。

偉い人テーブルはスカスカ。
向うの下々社員テーブルはどんどん集まってくる。

不安なんだろうな。
偉い人テーブルとか、キツイんだろうな。
ま、わからんでもないがな。

とはいえ、逃げるわけにもいかない。
工場長回りがこれ以上スカスカというのは、新工場長がしんみりしてしまう。
ここは留まる一手なんだろうな。

すると続々と遅刻社員たちが現れる。
で、ボクの回りにしょうがなく座った人たちが、なんと…

ツッコミやすい若僧ばかりwwww

いじりやすそうな奴らがネギ背負ってやってきた感じ?
乾杯の挨拶から呑みまくり、ツッコんで盛り上がって、そしたらみんなも盛り上がっていて…
「工場長が呼んでるぞ!」とか言ってさりげなく席を移ったりして…
そしたら "飲ませ魔" につかまってワインと日本酒を交互に飲まされて…

いつのまにか酩酊してたようだ。


気が付いたら朝。
出勤時間、5分前。
自分の布団。
着の身着のまま。

よくわからずに出発。
無事会社に着くが、調子悪い。クラクラする。

スマホで自分の行動を確認する。
GPSが常時ONされているので、ボクの行動はログされているのだ。

居酒屋後、カラオケ。これはいい。
その後、街を30分ほど徘徊。
タクシーを拾い、なぜか遠くで降りて徒歩で帰宅。

財布の中、札がクシャ。
身に覚えのないそばの領収書。

憶えがないwwww

一緒にカラオケで騒いでいた女性から聞いた。

「かなり危ない感じだったよ? 初めて見た感じ」

この人、呑み仲間。
ボクの呑みっぷりを知る人だが、心配されてしまった。


酩酊。
ボクらしいといえばそうなるが、あまり醜態さらさないようにしなければな。

ま、たまにはいいか。
楽しかった。
こういう呑み会はいいと思う。







でっかいストレスが肩にくるのか?

先週、仕事で大きなミッションがあった。

2Fフロアの機械を下に、1Fフロアの機械を上に。
いわゆる、2F・1F の入替だ。

4つのラインを上へ下へと移動させる。

基本、機械の移動はエレベータを使って昇降させるが、ものによっては箱に入らないことがある。
そういうのが厳しい。
エレベータに入る機械は人手で昇降。計十数台を上へ下へ…である。

しかし今回は長い機械が多く、エレベータでは不可能な機械が5台あった。

また、搬入出させる通路ではタイトなクランクがあり、そこを通ることができない機械が内4つ。
それらをどうにかして移動させなければならない。


事前に検証するため、ボクは模型を作った。
ものすごく大きな模型。
その名を "マクロス" と名付けた。

まずは一番大きい形態で挑戦。
全然通らない。

その状況からどこまで装甲を外せば通るかを考え、その形態に組み替える。
そして通す。

結果、機械の幾つかをバラバラにする必要が。


さて、本番。
クレーンで昇降させ、移動させていく。
前日までにバラしておいた機械たちが、どんどん上へ下へ移動されていく。

検証通り機械が通路を通過していく。
事前にバラしておいたから実にスムーズだ。

朝から晩まで。
クレーンとの連携もとって、部署内の仲間とも連携をとって、ボクの計画のまま進んでいく。

8時から0時までの計画作業時間を大幅に巻いて、17時には大方の配置を終える。
20時過ぎには試運転までを終わらせ、必要な調整まで進んでしまう。

21時前に完了。
計画以上に計画通りに進み、ボクとしては安堵の息をついた。


ボクの中で、計画とは2種類ある。

公式の計画。
予備時間を含めた、最低でもこの時間に終わらせられるだろう、という計画。

最短の計画。
何事もスムーズに進めば、最速この時間に終わらせられるだろう、という計画。

今回は最短の方にグッと振り込んだ実績に終えることができた。

評価は "S" だ。

昨年の計画当初では、通路を抜けられず不可能だと思われていたフロアの入れ替え。
なんとかなってしまった。

サンダーで切ることも辞さない覚悟だったが、分解でなんとかできたのはでかい。

そんな一週間であった。

んで、終わったときには肩が痛いwww

ストレス溜まっていたんだろうなー。
やりきれるかどうか、トラブルが出るかどうかなんか、実際やらんとわからんしなー。

でも、ボクの計画が勝ったわけだ。
本当に納得の仕事だった。

恵方巻といい、フロア入替といい、
いい仕事してるぜ?? 


と、自分を評価してあげたい。wwwwwなんてな。



イース8

150212_イース8

今年夏。

イース8発売!!


左にバナーあるでしょ?
いつの間にかついてたでしょ?

イース8!

発売!!

ボクは買うぜ? 予約特典に期待しているwwww


北か南か

俺は丘マイラー。
ほとんど陸路で生活し、空も海も行くことはない。
趣味は山登り。
やっぱり海には行かない男だぜ。

だけど気を付けな。
見かけはサーファーらしいぜ、俺!


茶髪じゃないんだけどな。
必要以上に肌が黒いから単純に会社員サーファーに見えるんだろうな。
丘サーファーでいこうかしら?


じゃなくて。

マイルが貯まっている。
日本のおおよその地域を飛行機で往復できるくらいのマイルが貯まっている。
しかも、2往復分だ。

今年こそ、一回は使おうと思う。

で、だ。
飛行機を使うのだから遠くの旅行で使いたい。
北か、南か。

西の自動車圏外は去年攻め尽くしてしまった。
残るは白山くらいなものだ。

東北にも行きたいが、縁があればということで、まずは北海道か九州を攻めたい。

最大3連休として、一回の旅で3座攻めたい。
北海道には6座残して、おそらく3回の旅が予想される。
九州は5座残しで、2回の旅か。

今年は… 北海道!!

理由はないが、なんとなく北海道に行きたい!
わかりやすく、大雪山系の3座を視野にいれ、計画を練ろう。
うん、そうしよう。

となれば、夏の計画は立ったな。

昨年は12座登ったんだよね。
今年も10座、いけそうかな。
よーし、がんばるぞー。


鍛冶屋 文蔵

ボクは呑むのが好きだ。
居酒屋が好きだ。
安くて美味しいところを発掘して、仲間と盛り上がれるのは何より楽しい。

先日、田中の百均の話を書いたが、実はアレには行けなかった。
いや、実際は行ったのだが、満員で入れなかったのだ。
残念だった。

だがしかし、そういうことなら別の居酒屋に行こうと思い、物色を始めたときに閃いた。
そういえば気になる居酒屋があったのだ。

【鍛冶屋 文蔵】

鍛冶屋?
鎧? 剣?
何が置いてあるの???

大阪出張に行く際、遠くから看板を眺めて気になっていた。

よしよし行こうぜ!
鍛冶屋にいこう!!

しかし、入ってみると鍛冶屋要素皆無。
鉄を打ったものがない。
どういうことか?

案内されて着座。
改めて見ると、明るく広い店内。
おおっ、酒が安い。ビール280円。プレモルだって320円。
これって日高屋レベル!
呑み放題はないけど、それが気にならないレベルだぜ。

お品書きに眼を通せば、串が中心かもしれないがなんでも揃う感じ。
でも、ピザはなかったかなぁ。
基本は、日本テイストらしい。

なかでも【鳥の文蔵焼き】という一品はただの鶏肉焼ではない。
スパイスが非常に効いた濃ゆい味付け。
添えられた生キャベツに載せて食べると、これはもう…

大好き!!

超気に入ってしまった。

先週金曜日に行ったのに、今週水曜日も行ってしまった。
そう、ついうっかり。。。

うむ、あの街で呑む際は 鍛冶屋文蔵 にしよう。


とはいえ、あの街で呑むことは少ないんだけどね。
ぜひまた行きたいなぁ。




ちょっち忙しい出だしだぜ

2月もすでに5日過ぎ。
忙しい日々を送っておりやす。

うちはコンビニの弁当屋。
なんと、恵方巻を作るため、一大イベントが開かれる。

巻寿司など、平日ならば一万食も作るかどうか。
でも、恵方巻の日… すなわち2日の夜から3日の朝にかけては十数万食作ることになる。
通常の十倍以上を、しかもその日のうちに作らなければいけない。
節分過ぎて恵方巻を食う人なんていないのだから。
節分前に食う人も少ないしな。

値段も手ごろ。
なんだかんだと知名度も全国区になった恵方巻。
家族で1人1つずつなんて家庭もあることだろう。

と、なれば、作るべき数も計り知れない…というのは、想像に難くない。

そのための準備に1月を使い、2月始めは食数稼ぐため、トラブル対応として参加した。

力を使い果たした3日の昼、夜勤明けで帰宅して即寝。
その日の晩は呑みに出て、休日に入る。

休みも趣味である文書作成をしたり、読んだりしていたらもうこんな時間。
これからレッスンに行って、帰ってきたら明日から仕事だ。

うーん、短い。
でも、濃い。

濃ゆい時間を創造し、人生を育んでいく。

はぅ、疲れるよねぇ。
楽し苦しく、人生謳歌。
よーし、2月もいい滑り出しだぜ(きっと・汗)!!