反芻と反省

振返ると、ここ二ヶ月は仕事を中心とした "遊び" で終始した。

仕事帰りに呑んで帰る。

22時から始まる宴会。
それに出てしまえば午前様。
つーことは起きてすぐ出社になるようで、朝活なんて夢のまた夢。

これが繰り返されたら自分の時間なんてない。

…なんて当然のように書いているが、只々自堕落に生きているのだ。


今は自分を持ち上げる気力が全くない。

やれることはやってしまった。
できることは終えてしまった。

もちろん、これからも生きなければいけないし、そのためにも仕事をしっかりやっていきたい。

真面目が取り得なのだろう。
仕事で困ったことはない。
これまでの人生のなかでは、仕事でつまづいて人生悲観に暮れる…なんてことは一度もない。
プライベートの時間が削られ、やりたいことができないというストレスから辞めることがほとんどだ。

その、やりたいことが終わってしまって、とうとう仕事一本になった。
そしたらプライベートは荒れに荒れ、酒に時間を投資してしまう形になtった。

さぁ、よくいうアルコール依存だろうか。


忙しく、楽しい日々であったことは確かだ。
これからもそれが続くのかもしれない。

だとして、、、それでいいのだろうか?
流されて?


答えは、きっと『YES』なのだろう。
仕事が立派にできているならそれでいいじゃないか?
金に困って犯罪に走ることはないのだからいいじゃないか。

そうだ。
その通りだ。

だが、満たされない。
心がなぜだか満たされない。

流されて遊び狂うというのは何か違う気がする。

さぁ、どうしようか?
答えがありそうで、でもハッキリとは見えてこない。

とりあえず時間を作って体を動かしてみようと思う。

『健全な精神は健全な肉体から』

確かにそんな時期もあったしさ。
まずはこの膨らんだ腹をなんとかしよう(笑)。

さぁ、RESTARTだ。



スポンサーサイト

バットマンvsスーパーマン

160428_バットマンvsスーパーマン

ひと月ぶりの更新(汗)
いやー、久しぶりにここに来ました。

忙しさにかまけて全くできない更新。
ここ数日は平和が続いたので、ようやく体リセットできた感じ?
リセットついでに映画を観たので更新しようかと。。。。


もう公開終了しそうな映画。
「バットマンvsスーパーマン」を観てきました。

あの最強アニメ・ドラゴンボールのサイヤ人さえ倒してしまいそうな男、"スーパーマン"と、
マッチョだけれど、いわゆる普通の人間である "バットマン" の対決。

バットマンが勝てるわけないでしょ?
という、下馬評をどこまで、どう魅せるかが焦点なのかと思って着座っす。

内容には触れずにおくが、
いやー、スーパーマンのスーパーっぷりはマジぱねぇっす!!
時速100キロ出してる車にひかれても微動だにせず。逆に車を吹っ飛ばすレベル!
もちろん、光速レベルの飛行能力とか、昔懐かしい『目からビーム!!』もある。
アニメやマンガなら「すげぇな」レベルだけと、実写映画化されるともはや『災害指定』にしか感じない。

対してバットマンは人間の域をギリギリ越えそうな存在で、「人にしてはなかなかやるな」レベル。
"努力" と "憎しみ" を絶えず維持することで超人的な活動が可能になっている。
両方どちらが欠けても、バットマンは悪党の餌食となるかもしれない危険な正義を行使している。

絶対死なない、"神" と、ちっぽけで有限な "人" の対決。

何度も書くが、絶対にスーパーマンが勝つに決まっているのだ。

…でも、、、
……でもそれじゃあ映画にならんでしょうが??!!


いちいち街が破壊されますし、爆裂系のヒーローもんですが、
期待を持って観てほしいな。

もう公開終了近いから、TV視聴になる人が多いかもね。


ちなみに…

この映画はスーパーマン2です。

最近の映画はいろいろと主人公がごちゃ混ぜになってわかりづらいですが、これは『マン・オブ・スティール2』にあたるそうですよ。

そういう感じで見るのも面白いかもね。


対するマーブルは、次作『シビル・ウォー』ですか。
こちらは『キャプテン・アメリカ3』あたりの話ですかね? それとも『アイアンマン』??

わかりにくいなぁ(笑)。