FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

クローズドノート

クローズドノート

その昔、映画になりましたね、コレ。
その時に曖昧な『流れ』みたいなのを知ったので、まぁ、意外と大事なネタバレは知ってました。
でも、買っちゃった。
なんか輝いていたんだよね、周りの平積み本よりもさ。

天然少女と周りからはやしたてられる女子大生が主人公。
それでも、彼女は真剣にアルバイトもしているし、クラブ活動もしているから軽いだけの女子ではない。

何か強い思いがあるわけではない。
特になりたいものがあるわけではない。
人生なんてよくわからない。
恋愛に憧れこそあるが、なんかうまくいかない。

そんな普通の生活を送っていた。マジ平凡だった。

とあるタイミングで、恐らく以前住んでいた住民が残したノートを見つける。
引き取りに来る様子もないことから、彼女はそのノートを開き見ることにした。

書かれていたのは小学校4年生の女性担任が書いた日誌とも日記ともとれる記述。

担任として自分の学級への想いや苦悩、問題などが山積みだが、それでも健気に奮闘する姿や、女性として恋に苦闘する姿は主人公にとって共感できる内容だった。あまりにも共感しすぎて、逆に『心の先生』として敬愛するほどにまでなっていく。

いつしか主人公はノートの持ち主に憧れ、先生を目指したいと思うようになる。
自分に訪れた本当かもしれない恋にも、先生のがんばりに感銘を受けて立ち向かう勇気をもらう。

主人公はノートの、、、記述者のファンになっていく。



なんかね、いい話です。
悲しさも喜びも暖かさもあって、個人的ではあるけれども深刻さも救いもある。
うまくいかないことは多いけど、巡り巡って、これは奇跡だよねって微笑むことができる内容です。

小説なんで、いろいろあるんだけど、最後は微笑んで終われます。

一冊のノートから動き始める運命。
そういうお話も、面白かったですよ。
スポンサーサイト




|
| ホーム |