FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪

『わたしが好きになった人はおおかみおとこでした』

…から始まる、お母さんの物語。
家族の話ではあるんだけど、やっぱりお母さん(花)の物語だと思う。

花は通っている大学で一人の男に出会う。
華美なところはないが、知識欲が旺盛で物静かな男性。
なぜか気にかかり声を掛ける。思えば花の一目惚れだったのかもしれない。

お互いに惹かれあうようになるが、男は秘密を明かしたいという。
花が大事になってきたからこそ、隠していることを明かすというのだ。
そう、彼は狼男だった。

花はそれでも彼が好きだった。
だから一緒に住むことにした。

大学生在学中での妊娠。
狼人間の子として隠れながらの出産。
狼と人間との境が全くわからずに奔放に走り回る子どもたちに翻弄され、
狼人間であることを隠しながら生活していくなかで、訪れた事故。
とうとう都会では住んでいけなくなって、人から隠れるように田舎へ移り住む。

そんな苦境に苛まれながらも花は笑う。

『辛いことも苦しいことも、笑っていればうまくいく』

そう信じて、今日もおおかみこどもの2人を育てていくのだ。



予想通り、非常におもしろかったっす。

一家に降りかかる問題は山積みで、内容もいちいちハードなんだけど、
花が健気に努力して、笑うことで全部を吹き飛ばしている。

子どもたちは一家の運営に関しては全くの役立たずなんだけど、育っていく2人を見ているとこっちもほっこりしたりして。「おい、もうちょっとお母さんのお手伝いしろよ」、なんて言いたくなっちゃう。

一家全員が幸せになってほしいなぁ、なんて思える映画でした。

テーマはそうだなぁ、母の愛、、、、ってところに尽きるのだろうなぁ。
もちろん、お勧めです。
もうすぐ終わっちゃうから見に行って!
スポンサーサイト




映画 |
| ホーム |