FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

ハローワークは大盛況

8月31日に退職した会社から離職届がようやく届いた。

本で読んだ内容だと退職一週間後くらいで届くとなっていたが、丸々ひと月掛かった。
2週目で一回問い合わせしたが、必ず送られるからと待ち続けた。

実は、国保の手続きだけは早々と済ませたかったのだが、なんとなく虫の知らせで会社の書類が来てからの方が良いだろうと思い、こちらも待った。

結果は正解。
【離職票】があったおかげで、国保も年金の手続きもすんなり終了。
1時間で済んでしまって拍子抜けである。

でもお役所仕事だから、次のハローワークは時間が掛かるかもしれないと思って休まず移動。

で、行って驚き。
ハローワークって、混んでるんだねぇ。

まず入り口で、自分がどんな面接を受けたか力説している若者と取り囲む若者3人とニアミス。
なんだありゃ?と思いながら建屋に入ると、歩くスペースしかないくらいの人、人、人!!

全体像が知りたくて1階を軽く見渡せば、
・カウンター越しに相談できる窓口が20ほど。
・求職情報を検索できるPCが30ほど。
・特殊な求職者対応のカウンターと訓練関連のカウンターが10?

結構狭い屋内に驚くほどたくさんの窓口が設けられている。
しかも、空きがないのだ!

ひっきりなしに受付番号が呼ばれ、相談カウンター番号を指示される放送が流れ続ける。
PCではこれでもかとばかりに求職情報が印刷されている。

「すげぇ、大盛況だ、、、」

圧倒された。
マジ、失業率を実感した。
こんなところにボクは踏み込んでいくのか、、、と少しばかり覚悟を要した。

とはいえ、とりあえずは失業手当の手続きをするだけである。
まだ、いろいろと“その時”ではない。

まずは受付で自分のプロフィール表とも言うべき求職者票を書くように言われる。
意外と時間はなくて、ボクの番をコールされて相談カウンターへ向かう。

主に時間不足で全部書ききれてなかったが、相談者と話しながら書いた。
その後、相談者がPCにエントリーしてくれて、求職するときのコツのようなものをアドバイスしてくれた。
ボクは<製造業>が主な職場だったので、製造業のニーズにある【職務経歴書】の書き方などがそうだった。

がんばって。などと言われ、ボクは相談者に別れを告げ、雇用保険の申請をするため2階へ向かう。
1階は求職。2階は保険や訓練手続きなどを行っているようだった。

保険の手続きも意外にすんなりいって、ほとんど本で読んだことを説明された。

9時半に部屋を出発して、市役所→ハローワークの手続きが終わったのが12時。
お役所仕事のクセに、速い!!
いや、お役所仕事だから文句のない人には速いのか??

ま、今日は針治療もあったし、食料の買い出しなどで過ごしました。


しかし、、、、
本当、ハローワーク大盛況だったな。
なんか、役所の人間密度が完全に市役所のソレとは別格だった。

公務員だったとして、ハローワークが職場なのはイヤだな(笑。
スポンサーサイト




日記 |
| ホーム |