FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

センスがない者がスポーツをすることについて

体の使い方を文章にして残すのって難しい。
それは文章を読んでも経験してないことは実感できないからだ。
そして、こういう本を手に取る人は、基本的には経験したことはない。
ないし、経験したことはあっても実感として意識したことはない人が多い。

ボクは運動センスがない。
そして、身体的にも非常に弱い。

今でこそ少しはスポーツができる人間だと思われているようだが、感性(センス)と素材だけ見れば、健常者平均よりも下回ると思っている。
それでもなんとかなっているのは、時間をかけているからだ。
スポーツを続けてきたし、自転車に乗り続けてきた。

自転車が好きかと問われれば、今はよくわからない。
ただ体を動かした後の高揚感が好きだった。
ひとりで強くなれるのが自転車だったから乗り続けたんだと思う。

結果、まぁ、そこそこになれたと思う。
その結果が今秋、発揮されるわけだが。


前置きが長いね。

ボクは自転車で速くなりたいからって自転車理論だけに頼ってはいけないと思っている。
例えば、実感の話だが、
平地のペダリングは<走る>ことに似ているし、下りは<スキー>に似ている。
登りは検証中だが<ダンス>に似ている気がする。

だったら、それぞれの理論を導入したらうまくいくのではないか?

一応、それはうまくいってると思う。
再度言うがボクはセンスがない。先天的に運動がうまくない。
だからこそ、自転車に乗ってるだけでも勝手に速くなる人よりもたくさんのことをしなきゃいけない。

だからいろんなスポーツを経験し流用している。
それがあるから少しはスポーツができるようになっているんだろう。

ここまでこれたのも、いろんな理論を用いて自分なりの検証をしたからだ。
結果がなかなか出ないのは、やはりセンスの問題が大きいだろうな。

本を読んでもわからないことって多い。
やっぱりわからないもんね。『できる人が教えてくれること』って。
でも少しずつ、自分なりに理解して、失敗を繰り返してやってきた。

そんな自転車理論以外の本も結構持ってる。
明日はそれを書こうと思う。
スポンサーサイト




日記 |
| ホーム |