FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

中学校数学の勉強しています

職業訓練校に入ろうかと思っている。

就職するとして…
30代も終わりに向かって疾走しているが、40代まではもう少しある。
40代になってからの就職では、難易度がレベルアップするのは見えているから、それまでになんとか決めたいとは思う。でも、それまでに少しだけ時間があるのも事実。
この歳になってしまうと、40代にさえならなければ、半年後も1年後も就職難易度は変わらんだろう。
だったら、もう少し時間を取って勉強したいな、と思ったわけだ。

デメリットは時間が経過することで無職のまま40代に近づくということ。
メリットは勉強ができて、資格が取れれば知識もハクも付くということか。

で、訓練校に入るにはテストがある。学力テストと面接らしい。

面接は思いの丈を伝えることでなんとかしようと考えておる。
問題は、やはり学力テストだろう。

ネットで参考問題を手に入れたので、さくっとやってみた。
国語と数学だ。
国語は、84点。いきなりこれだけ取れれば問題なかろう。
数学は…

「解け…ない、だと?!」

最初の3問目でつまづく。
全く解けない。

解けないクセに30分も粘ってしまい、やめた。
解き方を忘れているのだ。ムリだと白旗を揚げた。

とりあえず、出題された全部を流して見てみると、どうやら広範囲の問題が出ている。

文字項の計算、1元、2元、1次、2次方程式、平方根、因数分解、連立方程式、割合、確立、速度、比例・反比例、1次、2次関数、図形(周長・辺長・角度)、各文章題。

『中学校数学全体を1問ずつ出しています』 とでも言いたげな構成だ。

多分、このままでいくと20点で終了だと思われる。
これは勉強しておくべきだろう、ということで3日前から勉強を始めた。


―――中学時代か。
想いを馳せる。
うん、勉強なんてしていないな。全然してねぇ。
マンガを読んで、下手なマンガを書いて、絵を描いて、友人の家でゲームして、遊んだだけの中学生活だったような気がする。部活すらまともにやってない。

ボクの人生で一番ブラックな時代でもあった。
貧乏過ぎたし、生活苦だし、学校は辛かった。
生きる意味を考えることなく、とにかく大人になれば、何かがもっと良くなる筈だと思って生きていた。
生きることに特に喜びもなく、だからと言って悲観もしてない時期だったと思う。
悲観はしてないけど、とにかく辛く厳しい時代だったことは確かだ。
もちろん、かすかな救いがあったから今に至っているわけだが。

とにかく、勉強なんぞしていないのだ。
時間割りどうりに授業を受けていただけ、聞いていただけ。
家で復習なんかしたことない。する意味もわからなかった。

それでも、当時はなんとなくわかってた認識はあったんだよねぇ。聞いてりゃそれなりの得点は取れたのだ。

そんなボクなのだ、と強く思う。
そう思わないと挫けそうなくらい、今、問題が解けない。
それは笑えるし、自信なくす。

テストは今月中旬だ。

本当は、もっとやりたいことがあって、そっちに時間を割きたいんだけど、そうも言ってられない。
やりたいことは納期がないが、テスト勉強は納期が迫っている。
なら、テスト勉強だろ。


職業訓練校のテストで、そこまで学科テストは重視されないという。
あくまで理解力のテストであるということだ。

でも、せっかくだから高得点を取りたい。
理解力のテスト…という逃げ道に寄っていけば、おのずと自分の選択肢を狭める結果になるだろう。それはきっと悪い結果につながる。

全部全開。
決まっているイベントは周到に準備するべし。


時間はあるんだ。
それくらいやろう。
スポンサーサイト




日記 |
| ホーム |