FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

ホビット ~思いがけない冒険

ホビット

その昔、最も繁栄した王国のひとつにドワーフ族の国があった。
山を切り抜き、内部に煌びやかな王国を築き、埋蔵される黄金を掘って暮らしていた。

しかし、突然現れた竜により王国は奪われ、ドワーフ族は流浪の民となってしまう。

それから数百年(?)。

魔法使いガンダルフはホビット村を訪れていた。
ホビット族のビルボを冒険の旅に参加させるためである。

ビルボは冒険なんて危険なことはしたくないと断るが、13人のドワーフと出会い、ガンダルフの話を聞くうちに、胸の奥に眠る冒険心に気が付いて参加することにする。

ドワーフ族の故郷を取り戻す旅が始まる。


太古のドワーフ王国の煌びやかなこと!
映像はここまで進化したかーーー! なんて思うプロローグ。

ただ、こんなところ住めないなぁ、と思ったりもして。
こういうところ、観てくれないとわからないよねぇ。


とりあえず全体的に思ったところを箇条書きにしてみると、

・みんな、柵のない高いところに住むの好きだなー。怖くないのかなー。落ちるよ、こんなところ。
・ホビット族、足でけぇ。毛もなげぇ。
・ドワーフ族でもむやみにカッコいいなぁ。イメージ変わるわー。ヒゲ生やして生まれてくるのかなぁ。
・ああ、だからエルフとドワーフって仲悪いんだ。そんな設定忘れてた~~!!
・人間でてこねぇ。
・世界を守る魔法使いにも上下関係は厳しそうね。
・ガンダルフ無双、発動!!! 宮本武蔵なんて目じゃねぇゼ!!
・ロックマンばりの都合のいい舞台仕掛けが満載だなー。ボクがこの場にいたら30回死んでるわー。

と、良い印象なのか? 悪い印象なのか??(笑


いつも思うんだけど、古典の域に達する物語ってキャラが小狡かったり、些細なことで怒ったり諍いしたり、行動に疑問を持つことが多いんだよね。

これは、書かれた時代と現代の人間像というものが、かなり違うからなのだろうか。
原作をできるだけ忠実に脚本化すると、そういう面は切れないから違和感あっても使うのだろうか。
それとも、ボクの個人的すぎる疑問なだけ?

うーん、ストーリーはともかく(←ともかくでいいのか?)、
世界観、景観、映像、設定が非常に良かった。
…というか個人的に好きなだけかもしれないが、ボクの琴線に振れたな。

懐かしい、ボクの原点がここにあった。
それを再認識した映画でした。

あ、これ3部作っす。
続きますよ?
スポンサーサイト




映画 |
| ホーム |