FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

脳男

脳男

速くも観てしまった。《脳男》。

ネーミングは最低の部類に思えるが、内容は期待の話題作。
宣伝で、脳男・鈴木一郎のアクションが冴えまくっていたのでとても観たかった。


<あらすじ>
無差別で規模が大きい連続殺人事件が発生していた。
捜査担当刑事の茶屋は微かな情報から犯人の居場所を突き止めたが、中に入ろうとしたところで爆発に巻き込まれる。
かろうじて無事だった茶屋は犯人を取り押さえるべく、破壊された部屋に乗り込んでいく。
確か、二人の女の声が聞こえたと思ったが、そこにいたのは一人の男。彼は自分のことを『鈴木一郎』と名乗った。

容疑者の一人として警察に連行したものの、鈴木一郎はほとんど何も話さない。
精神異常の真似ごとでもしてるのかと訝しんだ茶屋は、連続殺人事件を憎む精神科医・鷲谷に責任能力があることを証明させようとする。

鈴木一郎は、精神鑑定上、何の異常もなかった。
しかし鷲谷は彼の精神が健全と言えるものではないことを確信していた。
精神鑑定なのか、捜査なのか、それとも自身の興味からなのか。その秘めたるものがなんなのかを突きとめるべく、彼女は鈴木一郎の経歴を調べ始める。

その経歴は異常だった。
しかし、彼の過去を知っていくうちにわかったことがある。


《鈴木一郎は連続殺人犯を殺すために、あの場所にいたのだ》 と。


こういう無表情でクールな主人公は好きっす。
男前だしねー、強いしねー、いいよねー。

かなり特殊な映画で、精神異常者が殺戮を繰り返すみたいな内容ではある。
暗い物語で、正直しんどい印象も受けるだろう。

だけど、脳男の正体や彼の行動にドキドキして観てほしい。
期待通りの面白さでした。

TVの連続ドラマとか、なりそう。
スポンサーサイト




映画 |
| ホーム |