FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

バイオリンのロビーコンサートは…

はぅ、失敗ですな。

客の前で演奏するにしてはズサン過ぎる音となってしまった。
いや、それ以前の問題か。


まず、問題点はボクのパートナー(レッスンはボクともうひとりのオヤジの二人で受けており、演奏も彼とペアを組んでいた)の完全なる練習不足が挙げられる。

彼が選んだ曲。
彼が簡単だと言っていた曲。
彼が楽譜を起こすはずだった曲。

なーんも準備してないと言うべきだろうか。

まず、楽譜の用意をしなかった。(するって言ってたのに)
だからリズムと旋律の合わせが全くできなかった。
ボクは練習したいから独自に楽譜を起こしていて、彼の楽譜提出に合わせてシフトできるように準備しておいたが、最終的にはボクの楽譜を使うことになった。しかも、コレ、演奏の10日前のこと。

なんで準備できないって言ってくれなかったかなー。
なんで代替案とか言ってこなかったかなー。
なんで練習してこなかったかなー。

結構有名な会社の課長なんだけどなー。
おかしいよなー。


つーことで、パートナーが失敗するのはわかっていた。
ええ、ええ、わかっていたのです。
そして、やっぱりやらかしたのです。

繰り返しを完全に間違えた上、気付かずに2小節ほど弾き続けたのです。
しかも、2回。
2分の曲のなかで、こんなクリティカル・ミスを2回。

あまりにも見事なミスっぷりに、ボクも動揺。
悔いの残る演奏で終わってしまった。


クリティカル・ミスの件。
実は、それはいいのです。
ボクが後悔しているのは違うのです。

ミスるのはわかっていたと書いたでしょ?

だから、ボクは独りでも弾き切る気持ちで臨んだハズなのです。
それを、動揺して調子を崩し、実力を出し切れなかったのが悔しいのです。

はぅ。

今年、大衆の面前で何かする予定はコレしかなかったのに。
残念でならない。

この気持ち。
次は感じたくないな。反省しよう。
スポンサーサイト




日記 |
| ホーム |