FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

基礎学力

第一種電気工事士の筆記試験をパスしたボクは、今や人生最高の計算力を誇っている。

あくまで自分比。
他人は関係なく、過去の自分と比較した結果、最高の計算力ということだ。

とはいえ、結構イケてるのではないかと思っている。
中学数学までなら教鞭取れそうな勢いだ。
高校はダメ。
ボクの通った高校はバカ高校だからイケるかもしれないが、普通の高校レベルはそれなりのハズだ。
大学入試の数学を見たが、高度だった。ムリだろう。

しかし、中学数学とはいえ、それが解ける社会人は少数派ではないか?

社会に出ると仕事に適合していく。
仕事に関する計算はできても、数学全体となると忘れがちではないだろうか。

中学数学ができないことが悪ではない。
仕事に適合していった結果、必要ないものを忘れていくのは必然だ。しかたないのだ。
だが、少しは覚えておいてほしいものだと思う。
きっかけがあれば思い出せる程度に。
説明されたらわかる程度に…


電気の世界は計算だ。
眼に見えない世界を数字で表すことで明確化することができる。
この数字を見ることで、エネルギーの大きさや流れを理解できる。

機械の世界も大いに計算である。
眼に見えるから視覚に頼りがちだが、機械の多くは設計者の計算力から生まれている。
安全も、効率も、利便性も、全て設計者の計算が始祖なのだ。

今、ボクは訓練校に通っているが…
やはり、計算力に後れをとる者が訓練にも後れをとっている。

教師の能力にも問うべきものがあるが、
それにも増して、各人の計算力の優劣が、課題克服の成否をわけている。
感覚で物を作ることができる汎用機械ならまだ良いが、プログラムで物を作るNCではかなりの脱落者が発生している。

“脱落”というと言葉が悪いが、とりあえず、一発では理解できないという人は多いようだ。
最終的には、なんとなくでも理解できる状態にするのが訓練校だから、一応教え込むのだが、最終的に“理解している”生徒がどれだけいるのかは疑問が残るところである。


さて、
前置きが長くなった。

ボクは今、人に教えることが多くなっており(前職でも、訓練校でも同じポジションか)、富に計算力の優劣というものを感じ取っている。
訓練校が午前中で終わった今日も、午後暗くなるまでプログラムの指導をしていたのだが、相手がどうにも基礎学力がなさ過ぎて時間が掛かってしまうこともある。

ひとつの工程を説明するのに、中学数学、小学算数レベルの定理を持ち込んで説明しなければならず、どうにも時間が掛かってしまう。
基礎学力さえあれば、すぐにプログラムの話に移れるのに、プログラムする前の“工程の考え方”を基礎から説明しなければならない。

どうしてそうなるのかを説明し、証明し、反証し、納得してもらってから考え方を教え、プログラムの意味を知ってもらう。

大変だ。
マジで大変だ。

みんながみんな、基礎学力が高ければいいが、そもそも、そういう奴が訓練校にくるわけないわな。
とはいえ、やはり基礎学力が普通にあれば物解りが良く、それより低いものはチンプンカンプンな顔をする。
いろんな人を教えていると、それがよくわかる。
チンプンカンプンな顔をされると、『どこまでさかのぼって説明すればいいのかな』と思う。
物解りが良い人は、ヒントを与えるだけで答えを見つけ出してくれるというのに。

一応、根気良く教えている。
これを機に勉強してくれればいいな、学力の必要性を実感してくれればいいな、と思って。


電機や機械は実用性だ。
デザインや芸術とは違う。
実用性を求めるなら計算ができないと話にならない。いや、マジで。

機械で大成したければ計算力を高めておいてほしい。
工場から流れてきて、機械を選択した理由が「簡単そうだから」とかやめてほしい。

機械をなめるな!
スポンサーサイト




日記 |
| ホーム |