FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

農薬入り?

冷凍食品が回収騒ぎだね。
なんでも、農薬が混入しているとか。
しかも、回収は全国区なの?
至るところに、気分が悪くなった消費者が訴え出てるそうな。

今までボクが働いて来た場所は、だいたい食品関係。
人の食べるものを作ることを生業としていたわけだ。

そういう観点から、このような事件は実に興味深い。


しかしどうにも解せない。
どうして混入させたのか?

この事件、なかなか珍しいケースではないかと思うのだ。


事件を考える上で、まずは食品工場での事件ということを条件としたい。

過去、大事件となってしまった〇〇ミルク。(当時〇印)
大手乳製品メーカーであり、[HACCP]やら[ISO]やらの認定を受ける工場であった。
だが、効率や労力といったとても人間的な原因によって、つい洗浄ルールを破ってしまう。
結果、本来殺菌されるべき細菌が増殖し、食中毒騒ぎになった。

また、国内で認定されていない香料を使ったとか、中国ゴミ餃子とかが記憶にあるか。

あれ、思ったより出ないな。
それほど、食の安全というのは確保されている、ということなのかもしれない。


しかし、ここで思うのは、人を殺すつもりで事件が起こったわけではないというところ。

前述した食中毒事件は、人的ミス。
香料の件は、確認ミスまたは知識不足。
餃子はコストの削減。
いずれも、人を殺すことを目的としておこなわれたわけではない。

今回の農薬混入事件はどうだろうか。
報道では、工場で混入したことを疑っていたが、さてどうやって入るのだろう。

食品会社では、仕入れる材料に関しても非常に細やかなチェックや管理体制が敷かれている。
また、製造過程においても、100%は無理だとしても、万全と言っていいくらいの管理体制でないと商品が消費者の元に届くことはない。

昔は管理も製造過程も大雑把だったが、今はそういう時代なのだ。
食中毒一回が、信用の失墜に繋がり、大会社であろうとも潰れてしまいかねないダメージを負う。
各社、大事に慎重に、食の安全を心がけている。

巷の小さな食品工場だって、気持ちの上では違いはないハズだ。



もし、人の手により製造工程へ流入させられたとすれば…

それは無差別殺人と同義であり、犯行声明なきテロに近い。
井戸に毒を入れるような行為だ。

事故ではない。
こうなってしまうと殺人だ。

そういう事件がとうとう食品工場で起きたということが驚きである。
管理体制を破ってまで、毒物を混入させられるものなのだろうか?


真偽のほどはわからんし、事故か事件かもまだわからんが、今後の捜査の進展に注目だ。
スポンサーサイト




社会 |
| ホーム |