FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

しゃべらない人

先日、訓練校の同級生の方(年齢は彼の方が若い)が就職ということで退校された。

特に発表されることもなく、ひっそりと退くということなので、この一年、さっぱり接点はなかったのだが送別会をすることにした。
とはいえ、ボクが言い出したかと言えばそうではない。
別の方が言い出したのだが、反対する理由がないから引き受けた感じだった。

送別会と言ってもたくさん呼ぶのではなく、4人のみ。
ボクはあまり人を誘うのを嫌う。
誘ったことで無理強いしてしまうのを恐れるが故だ。
こうゆうのは有志がいいと思っている。


そして当日。
送別対象の方というのは『激烈しゃべらない人』で、ハッキリ言って宴会が盛り上がるとは思えなかった。
だけどアレでしょ。
送別会だし、盛り上げないわけにはいかないでしょ?
ボクの焦点は、このメンバーでどれだけ話せるのか。それに尽きる。

メンバーが集まる。
送別対象者の寡黙な方。
ボク。
50歳の同級生。
ボクと同世代、ひとつ年上の送別会言いだしっぺ。
以上、四人。

幹事でもないのに店を決め、時間を決め、待ち合わせ場所を決めた。
みんなを案内し、注文しやすい場所に座る。
最初の飲み物を決めて、注文。

そして、
「何食べます?」
と、メニューを渡すと、決まらない。
「なんでもいいです」
という反応。

ボクがみんなに確認を取りながら注文。
(ボクもなんでもいいんだけどな)
と思っていたのは内緒。

その後も…
「飲み物頼みましょうか?」
「食べ物何がいいですか?」
など、気をやりつつ、話を回す。
50歳の同級生に社交性があり、ボクと彼で話を回すものの、気を抜くと間が空く。

(盛り上がり… づれぇ・汗)

完全に受動会話の二人と、それでも会話を回していく二人の対決の様相。
そもそも接点が少ない人の送別会で、何をどこまで話していいのかわからないまま勝負していく。
居心地が悪いということはないが、ちっとはそっちも会話に参加してくれとは思った。
質問に応えるだけの会話というのは、会話ではないよな。 …本気でそう思う。

結局は、45%ずつをボクと50歳同級生で回し、8%を言いだしっぺが、2%を送別対象者の会話率に思う。

しゃべらない人50%の宴会はキツイな。
いや、しゃべる方2人というのがムズイのか?

苦痛というわけではなく、文句というわけでもないのだが、少人数宴会なのだからもう少し話をしてほしい。
せっかく集まったのだから楽しくいきたいものだと思う。

うーん。
でも、彼らは黙っているだけでもイケるクチなのかな?
だとすると、そういう宴会ってどういうんだろう。

ちなみに。
ボクは宴会じゃなくて、通常の状態でも“間”が空くのは怖いクチ。
沈黙5秒がガマンできない。

しゃべらない方々の頭のなか。
とても気になる。
スポンサーサイト




日記 |
| ホーム |