FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

無職最終日

はぅ、最終日です。
思えば一昨年7月に無職になって、1年9か月。
ついにこの日がやってきたか。
つーか、予定より長いぜベイベー!

本日は、“断捨離計画” の最終章。
長年愛用を続けたPCの顛末を実行した。

ボクのPCは常に自作だった。
最初のPCはなんだったろうか。
1999年より以前だったような気がする。
友人が自作しているのに触発されて、自分も勉強をしてPCを作り始めた。

自作と言っても、半田ごてを使って回路を作るとかいうしんどいことはしない。
パーツの相性を吟味して、自分の求める能力を低コストで作ろうというのが、自作の本質だったと思う。
いや、もっとコアな層はわからんけどね。ボクはそう感じたんだ。

自作PCはマザーボードで生まれ変わる。
だから、マザーボードを何回変えたかで、PCを何回変えたかを数えることができると思う。
なんでそんな面倒なことを書くかというと、自作PCの最大メリットは、“増設” にあるからだ。
増設を繰り返すことによって性能が上がる。だから増設する!
でも、それはPCを変えるとは言わない。

マザーボードを変えても、その他のハードは流用したりするよね。
そうするとPCの性能は段違いになるはずで、それは増設の能力アップとはレベルが違う。

マザーボードは多分5回変えた。
でも、箱は2回しか変えてないから見た目は2回だけ変えたように思うかもしれない。

16年で5回。
だいたい3年で変えてるのかな。

うん、確かにPCを変えるのにいい時期な気はする。
技術の進化に順応しながら、おっとりと追いついていくにはこれくらいでいいのかも。
敏感ではないが、遅れもしない。
そんな時間間隔がいいと思う。


…で、今回は自作を捨てる。
捨てるが、今までの自作PCが悪いかと言えば、全然そんなことはないと言いたい。
ボクの自慢のPCだ。
ハードオフなんかに、できれば売りたくない。

価値がわかる人は少ない。
でも、価値がわかる可能性がある人に譲りたい。


……
友人の息子が高校入試に合格した。

その青い時代は、電脳に興味のあるころであるし、ちょうどいいことに、彼もPCに興味があった、と。
しかも今までスマホもPCも持ってなかった、と。
渇望しているところに、ほいっと入れ込んだらどうなるのか?

そいで今日。
あげてきた。
簡単な説明とかして、興味が引き出せたらいいな、とか思ったり。

ボクのPC。
あらたな主人を迎えて、どう動いていくのか。

できることなら、PCは幸せに。
少年には未来を見てもらいたい。

ITはまだまだ重要かつ、標準的な技能として機能していくのだろう。
そんな技能を未成年のうちから学ぶというのは重要なことだと思う。
成人してからのアドバンテージになればいいな。
願わくば、彼の武器になればいうことはない。


ま、そんな老いぼれの考えは無視して…
好き勝手にうまく扱ってほしいものだと思う。
スポンサーサイト




日記 |
| ホーム |