FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

感性の低下中

最近、毎日の感想がない。
月初の外部監査で力を使い果たし、その後の回復期から感性が低下している気がする。

写真も撮らないし、日記に書くネタもない。
仕事して、酒飲んで、寝る。
翌朝、ちょっとしんどいところから始まるので、朝一のアイディアも発生しづらいみたい。

仕事・労働・作業・勉強… 毎日が忙しい。


今思うのは、2000m級の山に登って、テント張って過ごしたい。
あのキンキンに冷えた空気。透明感のある大気。乾燥した風。
自然に囲まれ、自分は独りだと実感する時間。

生活は人に溢れている。
ともすれば、ボクは独りではないと考えてしまいがちだ。
でも、それはきっと違う。
かなり極論ではあるが、やはり最後は独りなのだと何度も思い知らされている。

社会生活。
もちろん、独りでは成り立たない。
人と人が助け合って生きている。
知らない人同士だって、税金を支払っていることを考えれば共同体と言えるだろう。

そのような共同体から抜けて、時に独りになりたいときがある。
苦しみぬいて辿り着く、孤高の瞬間。
『ああ、ボクはこういう形をしていた』 と気づける時間。

久しぶりに味わいたいと思っているが…
なかなかどうして、体が動かない。腰が重い。

疲れに負けて、自由が潰されるというのは本意ではない。
満足に仕事ができているから、自由にできるのだ、と、言える自分でいたい。

さてはて、そんな理想はどうやって設計したものか。
これはちょっと、悩みどころかもしれないな。
スポンサーサイト




日記 |
| ホーム |