FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

夏の風物詩

田舎の草刈り、終わった。

渋滞に巻き込まれながら、
時間なんてほとんどないながら、
移動距離がたくさんあって、つまらん車の操作を強要されながら、
気持ちが振れないババァどもの相手をしながら、

今年も草刈りが終わった。


ミストルティン先生が動かなかったというハプニングがあったから、木を切り倒すことはできなかったが、まぁ、用事は足りたと思う。


今年も罪悪感がボクを襲う。
ババアどもは、ボクのことを “親孝行” だの、“先祖孝行” だのとほめてくれるが、ボクが実際考えていることはそんなことではない。
ボクは死んでいる人のためには働かない。働きたくもない。

ただ、今を生き、先祖孝行したい人がいるから、その人を助けただけだ。
そのお付き合いで会う人々には、誤解され続けている。

ボクは家を守る気も、墓を守る気もない。
守りたい人がいなくなれば、すぐにでも手放す気でいる。
しかし、守り人はなかなか諦めてくれない。だからボクは毎年付き合っている。

毎年墓を掃除しながら、毎年会う人もいる。
年に一回だが、彼女らに毎年褒められる。
悪い気はしないが、良い気もしない。ただ軽い罪悪感。

そんな罪悪感を抱きながら、来年も行くのだろうか。
行くのだろうな。

休み返上。

年に一回。
死んだ人間を尊ぶその人のために2日くらい使っても悪くない。

どうせ何もないボクの2日間。
少しは役に立てただろうか。


140810_何ユリかな
庭に咲いたユリ(?)。

昨年咲いたユリは旅行中で花が見られなかった。
これはその根分けをした妹みたいなもん。

今年は見られた。

ところで、
これはなんというユリでしょう?

そもそも、ユリであってるかしら??
スポンサーサイト




日記 |
| ホーム |