FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

ロケット試運転

超久しぶりにPETボトルロケットの話だ。

先日、ようやく試運転にこぎつけた。
思えば一昨年の夏にロケット製作を思いつき、秋くらいから作り始めたものの、本体までしか完成しなかった。
発射台まで作る構想があったものの、重要部品である水の噴射口と接続空気入れ部の作成に手間取った。

まず材料。
空気入れ部に必要な自転車チューブのノズルが手に入らなかった。
パンクしたチューブを使う構想だったが、パンクしないのだ(笑)。
ようやく手に入ったチューブで製作するものの失敗。
部品とノズルを密閉して組付ける方法が見つからなかった。

そんなこんなで去年の夏も越え、今年2月に空気入れ部が完成。
製作方法も確立した。

第一回試運転では、空気入れ部の完成度は確かに高かったが、噴射口であるボトルキャップと水栓ノズル部の密閉に問題が発生し、再び失敗の憂き目にあった。

そして先日。
空気入れ部の密閉方法を流用し、噴射口を再組付け。
第二回試運転と相成った。

場所は玄関先の駐車場。
発射台は自転車の荷台だ。

遠くに飛ばれても困るので、充填空気圧は低く設定。
射出角度も90度… 真上だ。
充填物である水は、1/5リットル(目測)とした。

では発射。

接続解除システムが遠隔ではないため、自らの手で解除。
すると、目いっぱいの水を撒き散らしながらロケットは飛んだ!!
ボクの左半身をびしょ濡れにしながら!!

これはキタなぁ。
イケるなぁ。

ひとつの壁をようやく越えて、再びロケット製作が加熱しそうな感じ。

接続解除システムを設計し、遠隔で発射できるようにすること。
発射台を製作して直進性アップ、発射仰角がわかるようにして飛距離の精度を上げたい。

今年の夏は、トブ!!  …かも?


スポンサーサイト




日記 |
| ホーム |