FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

夏休み、デス

今回の3連休は夏休みと決めていた。

最近はひとつきに一度もらえる3連休。
あまり特別感はないが、"特別" だと思いたいので、今回は "夏休み" なのだ。

行くべきは山。
しかも、難易度の高い山がいい。
2000m を超え、稜線を歩いてテント泊するような旅がいい。

地図を広げ、熟慮する。

「南アルプス…かな?」

2泊3日で2つの百名山が希望だ。
しかも、アクセスが比較的良好であることが望ましい。

最初の希望が意外と難しい。
稜線歩きで2つ取り、かつ3日目には確実に自宅に辿り着かないといけない。
1つずつならもちろんイケるが、それじゃ夏休みがもったいない。

ぜひとも2つ。

本当なら電車が希望だったが断念した。
車で行こう。
前日の仕事終わりから行こう。

そうして決まったのが南アルプスだった。


決行の日。

「機は満ちた! さぁ行くぞ!」

勢いづいて出発するが、天候が悪い。

台風一過。

晴天が観測されるハズなのに、今回は残雨がボクの邪魔をした。

そして…

「ね、眠い…」

運転1時間でボクの 『自動車の運転が退屈病』 が発動。
車が蛇行するほど朦朧としてきた。

急遽、中央道『双葉SA』で仮眠することにした。

仮眠の中、勢いを増す雨足。
天気予報が脳裏をよぎる。
(確か、これから三日間雨予報だったな)

きつい行程。
雨により遅くなる足。
テントの中は湿気で満ちて不快だろう。
…楽しいとはかけ離れた未来が予測できた。

そして決定的だったのは、
これから行く山は、たぶん最初で最後になるだろうということ。

この直近にきて雨で、眺望も望めないのであれば、がんばる意味すらないのではないか?


やめよう。

この計画は延期にしよう。

ボクはまどろみのなか、足りない睡眠時間を伸ばすかのように、南アルプスを諦めたのだった。


スポンサーサイト




|
| ホーム |