FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

37座/百名山 【大山】

11月21日。

昨晩22時強に到着したのは大山駅。
間違えて電車の駅にきてしまった。
本当は "道の駅" に行きたかったのに、だ。

とはいえ、その後 【道の駅・大山】 に行ったが、あまりのショボさにゲンナリした。

駐車場は小さい。
寝るにはあまりにも電灯が明るい。

今回のマーチは窓にスモークが全く貼っていないので、ライト光直撃なのだ。
外からも見えやすい。
見られることは構わないが、ボクを見ることで相手が気分を悪くしないかが気になる。
ボクはそこにいない… そういうふうに見せることができれば、それで万事OKなのだ。

今回は道の駅泊はパス。

登山口泊を目指した。

近くのコンビニをスマホで探して食材ゲット。
いやぁ、いいね、スマホ。
近くのコンビニって言っても、地図に載っていないと全く非効率的な探し方になってしまう。
時間がないとき、イライラしそうだ。

スマホ検索一発!
すごい時代になったものだ。

ロスタイムなしで登山口に到着したのは23時過ぎ。
街頭は暗いし、トイレは近いしで… おお、車中泊には絶好だ!

もちろん、宴をして1時前には寝たと思う。


さて、当日は6時起床。
明るくなってきていたが、5℃くらいだろうか、寒い。

夜中に車が来ては、登山者らしき人がガサゴソと準備をしていたのを記憶している。
話声も、一度や二度ではなかった。
駐車場に眼をやれば、ボクが来たときは3台だった車両も、10台以上駐車されていた。

すでに出発している人は多いのだ。

まだ幾分か暗いので、さてどれくらいに出発しようか、と、朝飯を食べながら考えているうちに、どんどんと登山者が到着してくる。

なんだか、ボクもさっさといかなければ、という気持ちになってくる。
空もしっかり明るくなって、7時に出発とした。

大山。

人気はあるようだが、あまり変わり映えしない山だと感じた。
とはいえ、それは夏山だからだろう。
おそらく、冬から初夏にかけてのこの山は、山陰の土地柄もあって雪深いのだろうと思う。
そんな時期にこれるわけもないので、ま、今回はお手軽に登っちゃっていいか、という気持ちでいた。

そんな景色が一変するのは、ほぼ頂上手前になったところからだった。

6合目からは更に勾配を強くした登山道だが、ボクはそれほど堪えない。
ホイホイっと登り、勾配がほぼなくなったように見えたところで、木道となった。
地図上では、木道になれば15分くらいで頂上らしい。

木道上は視界が良く、頂上付近を大きく見渡せる。
前回、四国の剣山に似ているが、それよりは少し規模が小さいか。
それでも、見晴らしがいいのは良いことだ。
…天気は曇っているが(汗)。

151121_大山01 151121_大山02
頂上到着。 ほぼ9時。

2時間か。やはり速いな。

今回の登山は一つしかスケジュールに入れていない。
他に手が届きそうな百名山がないからだ。

初日の9時に目的を達してしまったから、だいぶ時間があまることになった。
2時間で登ったのだから、下りは1時間半も掛からないハズ。
頂上でブラブラして、迂回路にある祠なんか見ながら下ることにする。

時間があるから余裕だ。
距離的には遠くなるが、来た道とは違う道で下る。

途中、避難小屋に寄り、最後は大神山神社奥社に到達。
参拝して駐車場へ戻る。

151121_大山03
石畳を軽快に下る。
だが、長い。

立て看板に書いてあったが、ここは自然石で作られた石畳では日本一の長さなのだとか。

「これ、全部拾ってきたのかぁ」

そう思うと圧巻ではある。

さて、駐車場に戻ると、4/5ほど車両で埋まっていた。
ボクが出発してからもたくさんの登山者が入っているのだろう。
人気があるのだな。

とりあえず、目的は果たした。

現在11時。
さて、これからどうしようか?


スポンサーサイト




|
| ホーム |