市川市海釣り施設

山に行けないから…
そんな理由で釣りに行った。

4月初旬を最後に釣りには行っていない。
2月、3月、4月と、"釣れない" 時期に行ってるクセに、釣れる時期にパタリと行かなくなるのはなんぼのもんじゃ?

5月はイースに命を懸けてたでしょ?
6月はその余波で仕事が多くなって処理してたでしょ?
そろそろ行くか? ってなもんだかな?

つーことで行ってきました。管理釣り場。
市川市海釣り施設です。

170707_市川市釣行01
200m を超える桟橋が釣り用に建てられた遮蔽物のない "灼熱地獄" でした(笑)。

170707_市川市釣行02
3時半前に起床して、下道を車で走って2時間半。
6時ちょうどに到着して釣り始めです。

釣れない時期に釣りの練習をしていたので、実はボク、『魚を釣ったことがない』 のです。
でも知識はそこそこ溜まってきたので、それなりに行けるのではないか、と思っており、
時期も時期だし、今日は釣れる!! と、意気込んで行ったわけです。

サビキ釣りをしようと思って準備したんだけど、前回の収納が悪くて、釣り糸が絡まっていた。
2セット共にからまっている…(´;ω;`)

とりあえず竿を振ろうと思い、ワームを付けた仕掛けで底を取りながら放置。
底を這う魚を狙いながらサビキ仕掛けの糸をほどく。
ほどくまで釣れなかったのでサビキに変更。

苦節3時間半。
「ボウズはいやだなぁ…」
…と呟きながらも、まわりにボウズも少なくない。
『今日は釣れんわ』なんて声も爺から聞こえてくるが、そんなものだろうか?

竿を振るい疲れて置き竿に変えてボンヤリしていたら、、、、

(しなった?!!!)

ググッと竿先がしなる。
これは、待望の… 

テンパリながら竿を手に取り、TVで培った竿捌きで針を食い込ませる。
そのままバラすことなく、魚浮上。

「あ、やべ、タモ… あれ、届かない… あげられる? 糸切れる? うわぁ、どうしよう!!」

なんてテンパって…
結局、そのまま竿で上げて魚初ゲットとなりました。

170707_市川市釣行03
見たことない… いや、見慣れない魚。

『このしろ』と呼ばれた魚で、ボクの中では(????)って感じ。

あとから調べたら『こはだ』らしい。

好きよ、こはだ。

13時まで粘ったが、今回は一匹だけ。残念。
だけど、ボクの右隣はボウズだったし、左隣は小さいイワシが一回鈴なり5匹で、こはだバラしてる。
魚があまり来なかったエリアだったんかなぁ。

20時にバイオリンレッスンがあるから、今日はこれまで、あとはダッシュで帰るのみ!!

170707_市川市釣行04
自宅で測ったら30センチ弱。
大きめではなかろうか。

捌き方がわからないからネットで調べたら、こんなにデカイのは出てこなかった。
もっとこう、手の平サイズのものばかり。それがこはだか、という印象なのだが、これは二回りくらい大きい。
でも、釣れていたこはだはみんな大きかったなぁ。

170707_市川市釣行05
こはだは小骨が多いから酢ジメが王道らしいのでそのように。
でも刺身もしっかりおいしいらしい。。。が、塩締めしてからその情報を得たので塩辛い刺身になってしまったが、まぁおいしい。
こんどはしっかり刺身も食おう。


魚釣り。
初獲り。

とったどー!!


スポンサーサイト