Gに強力ノーマットを吹き付けてみた

今年初のGが現れた。
常に窓が開いているので、恐らく外から入り込んだんだろう。

「Gか…」

遠い視線で天井を這うGを眺める我輩。心中は、恐怖を感じてガクブルだ。
なぜ眺めているのかと言えば、どうしたらいいのかわからないのだ。

さて、しかし、何かしなければならない。選択肢はふたつ。
お外に逃がすか、退治するかだ。

外に逃がすのは難しそうだ。じゃ、退治か。

叩き棒。チラシがあるな。

ここで脳裏によぎる不安。
もし、ジャンピングヒットで仕留めきれなかった場合、逃げられる可能性がある。
そうすると、またGの来襲におびえなければならない。

「……そうだ…」

虫駆除スプレーなど持っていないが、ボクの机にはノーマットの強力版がある。
蚊とかハエなどを寄せ付けないとか落としちゃうやつで、ひと噴きで12時間効果があるらしい。

じゃ、真下に行ってひと噴き。 シュッ…


……やっぱ効かないか。

Gは微動だにしない。
…と思いきや10秒ほどで変化が。
何か慌ただしい感じで動きだしたのだ。
この動きは… そう、毒… 毒に侵された人の動き!!(見たことないけど)

Gは苦しそうにグルグル動いている。
この状態なら、もし仕損じても超速で逃げられることはなさそうだ。

「悪いな… 殺らせてもらう。俺のエリアに入ってきた自分を呪うんだな…」
と、餞別代りに中二コメを吐き捨てて、チラシを丸めた棒を振るう!

エクスッ カリバーァァァァ!!!

一撃必中、超撃破。
完全にオーバーキル状態のGを水洗トイレで処理して今回の戦いを終えた。

そしてボクはひとつ… 大人の階段を上った。



ちゃんちゃん🎵


スポンサーサイト