FC2ブログ

空虚惑星⊿X

何か有意義なことをしようと改めて考えてみたら、「アレ?何もやることないぞ!」と気が付いた星の人が綴る日記

絶景と涼しさと日差しの痛さと。

学生達の出発が近づいていた。

4時半に起床したボクは、往復3時間の本日の登山に向け、ゆーっくりと準備を始めていた。
3時起床の学生たちは、食事やその他準備を終え、ボクが6時間半掛かった妙高往復の旅に出ようとしている。
出発は5時キッカリらしい。
レースのスタートのように、「あと3分!」とか、先生が言っている。
生徒たちの安全と喜びの旅を祈る。。。チキンラーメン食べながら(笑)。

野営するとき、一番気になっているのがトイレ事情。
トイレというか、お腹の事情だよな。
昔からボクのお通じは急に来る。
「あ、お腹痛い…」と思ったら、すでに漏らしそうなのだ。
緊急事態、エマージェンシー!!!
緊急脱糞の準備をしなければならない(笑)。

それをしないためにも、(大)をしっかり済ませておかなければ安心して出発できないのだが、とりあえず今日は比較的すぐに出た。
起床2時間経っても出ないときとか出発が遅れてまいってしまう。
出発遅れるの、焦るんだよね。

さて、往復3時間。
本当に1時間半程度で到着するのかな? という見え方の火打山。
出立してからは絶景三昧だった。

180724_逆火打

今年初の晴れ登山。
でも日差しは痛いほど強いな(笑)。

登っていけば雲海が見事だった。

180724_雲海

絶景を見ながらの登山。
心躍る。

だが今日の登山時間は1時間半。
至福の半分はすぐに終わりを告げた。

180724_火打山

帰りはもっと早くなるが、ダラダラと、立ち止まっては絶景を確認しながら。
あとから登ってくる人と短い会話を交わしながら下山した。


下山後も強い日差しは変わらず。
しかし気温は確実に上がっていて、暑い。

13時ほどには登山口に到着していたが、観光する気にもなれず、そのまま温泉へ。
そのまま滞在して夜となり、深夜に帰宅となりました。


それから数日。
猛暑はなりを潜め、現在は台風中。
避難するところもあるなか、千葉は俄然大丈夫なように感じる。

とりあえずは我が家に退避を続け…

平成最期の夏。
最大イベントをここに静かに終えたことをお知らせする(笑)。



スポンサーサイト




日記 |
| ホーム |