足を引っ張り合う政治は平和の象徴?

最近、アベちゃんへの追求が激しいよね。

珍しく長期政権になって、一定の成果もあげたアベちゃんへの他政党からの攻撃は激しい。
…とはいえ、ププ、他政党に政権を渡したら役にも立たないのは周知の事実。
もう、自民以外の政権掌握はあり得ない。他政党政権は散々なものだったから。

自民も一度は反省している。ちゃんとやろうとするだろう。
求心力が低くなっているとはいえ、他政党よりはマシ。という国民の気持ちは…まだ残っていると思う。


ここで閃いたことがある。

「いつまでもアベちゃん攻撃して政治を遅らせてんじゃねーよ!!」と思っていたけどこれ、必須かもしれない。

ちょっと話を変える。

ボクは日本に生まれてよかったと思っている。

遠い海の向こうでは、
宗教を理由に殺し合っている国がある。
貧困で奪い合う国がある。
食べるものがなく死を待つ国がある。

そのどれでもなく、日本という裕福で、知的で、文化的な国に生まれ、文明まみれな技術に守られて暮らせることに感謝している。

コックをひねれば水がでる。
スイッチひとつで家電が動く。
車に乗って、公共交通機関を使ってどこへも行ける。
暴力を受けたら相手を逮捕してもらえる。
プライバシーという、蹂躙されやすいものをほとんど保障してもらえる。

なんというか、生きやすいよね。
これであれもこれも不足しているとか… 
そういうの努力不足というか、贅沢というか、他力本願というか…
ま、人それぞれなんだろうけど、日本で困るのは個人の戦略ミスではないかと思われるわけで…。
こんなこと書くと、日本人の困っている人に怒られるのかな?

とにかく、弱い人にやさしい社会であるといえる。
もちろん、搾取はされている。国民とはそういうものだ。
だが、弱い人にやさしく、中流に厳しく、上流にはもっと厳しいけど政治的な何かが働いている気はする。

大変な国はとにかく弱い人に厳しい。
ボクはきっと弱い人寄りだから、弱い人に厳しい国では生きていけないだろう。

でも、日本は快適だ。


話を戻す。

弱い人でも選挙権がある。
民主主義の特徴だ。

中流と弱い人を牛耳れば、政治家は選挙に勝つことができる。
ある程度の権力を持てるのだ。
だから甘い顔をしてやろうという思いがあるのだろう。

これが単一政権、反逆とか認めないなんていう強固で堅剛な政権だったらどうだろう。
搾取、搾取。
上流とか下流とか関係ない、搾取の嵐である。
これはもう独裁だ。そういう国、ある。

多政党で票を争う。
中流、下流にゴマをすると選挙に勝てる。

票が集まりそうな奴の悪評を盛り上げてこちらでもらう。
で、あれば、足の引っ張り合いだ。

票の数は決まっている。
得票できる奴の票をもらえれば、こちらは救われる…という政党もあるだろう。


ボクの甘い生活は、政党同士の足の引っ張り合いで守られている…かもしれない。
日本の平和は、醜い政党争いから守られているのかもしれない。

じゃ、引っ張りあってもらうか。

ボクの閃き、ここで終わり。


…あれ?

足の引っ張り合いが平和の秘訣?
確かにそれも一理あるけど、何か損しないとバランスが取れないな…。

あ、そうか、日本の成長が止まってる(笑)。


日本の成長を取るか、平和を取るか。

ああ、そういう話だったのか…と、腑に落ちて終えるのだった。


ドラマチックなんていらない

演劇を観た。
すごくドラマチックで、激動で、破天荒で… すごく努力を重ねるものだった。

(あんなこと、自分の身に起こったら面倒で全部投げ出すだろうなぁ)

ボクの感想である。

我思う。

ドラマチックは他人事だから感動できる。

自分事なら大変なだけだ。
重い…重すぎるよ…。

ボクはただ、楽しんでいたい。
みんなで笑って過ごしたいだけなんだ。

そのための努力はしたい。笑って過ごすための努力は惜しまないつもりだ。

すごくシンプルなハズなんだ。そんなこと。
でも、一定の人がシンプルを複雑にする。
複雑は… ドラマチックに成り得るような気がする。

やっぱドラマチックはボクには要らない。

酒飲んで笑って、生活するために努力して、食べて笑って、楽しむために努力する。


シンプルに楽しめること。ボクは大事にしたいな。


10%

いやぁ、いいことがありました。

今日、あったこともない上司と会いまして、面談なるものをやりました。
なんでも、ボクは部内で上位10%に査定されているとか。
なんでも、だから特別に面談するのだとか!

170725_イラッ
(パクリイラストです。無断使用すいません。リスペクトします!)

だからって、上部の要望のあれこれを押し付けようとするんじゃねー!

こちとら、毎日いろんなところの魔法使いやってんだよー!
いろんなところで、「あれ頼む」「これお願い」なんて他力本願野郎たちの世話してんだよー。
その“クセ”が治んねー内からあの仕事もこの仕事もとかいうのおかしいんじゃねーの?
だいたい、3年放置した業務をボクに押し付けるなら、もっと言いようあるだろうが。
3年放置したやつにやらせりゃいいじゃん!!
そいつどこ行ったんだよ、てめー(今日会った上司)のところ(本社)だろーがっ!!


……こほん。

取り乱しました。申し訳ございません。

酒がまずくなる体の、くだらん仕事の話を書いてしまった。
…いつも愚痴ってるか。

しかし、いつでもどこの世でも、少し使えると思ったら、どこまでも使いに来やがる。
できるだけ目立たないように生活していたのに。。。

…そう、目立たないようにしていたのに、なんで査定で上位になるんだろう?
目立つんだろう?

多分、いつのまにか目立ってるんだよな。
普段、スタンドみたいに移動してるんだから、見えるハズがないんだよな。意識しなければ。

おかしいなぁ。
ただ、この会社、普通の…常識を続けるほど目立ってしまうかもしれない。

<常軌を逸している会社>に勤めると普通すら目立つリスク。
そんなものがあるのかもしれない。

ああ、今日はなんか苛立ったなぁ!!!! プンプン!!



佳境!!

はぅ、世の子供らは夏休みですか。

12時前にお外に走りに行ったら(暑い時間帯になぜ走るかね?)中学生が帰宅していた。

(はう? なぜ学生がっ!?)

と、思いを馳せれば、もう夏休みだよねぇ。
彼女ら(女子ばっかだった)は部活帰りか、終業式でもあったのか?


まじか、ハズい!
とか思いつつ、中年は走るのだった。




本番まであと10日。
何がって? バイオリンの発表会だわさ。
中年であっても発表会ともなれば緊張するし、期待もするわけだ。

いわゆる“本番” という真剣勝負というのは、社会に出てしまうと少なくなってしまうわな。
いやいや、仕事であっても勝負するときはあるが、避けて通ろうと思えば容易く避けられる。
勝負するものと、避けるものに分かれるのが、社会というものか。

人それぞれ、人生において勝負することはあるだろう。
…が、必要ではないのに自ずから勝負に飛び込むことをする人は物好きか、スリル好きなのかもしれない。

でも、これって 『非日常』 だ。
いつもにはない緊張。
勝てば天にも昇る気持ちで浮かれるし、負ければ自分を木端微塵にしたくなるくらい自己嫌悪におちいる。
勝負しなければ得られぬ大きな気持ち。
そして、その気持ちを知ると、また一つ成長できた気もする。

勝負するたび、勝っても負けても成長できる。

真剣にやればやるほど、緊張に胸締め付けられる。
それがミスを呼び、さらに緊張する。
そして負ける。こんなハズじゃなかったと自分を責める。

その経験がさらなる勝負勘を養う。
次は行ける。次に生かす。

ミスは終わりじゃない。
実は始まりなんだ!!

…なんちって。
とりあえず、あと10日ほど。
発表会。
新たな池袋のレッスン仲間と初めての協奏。

勝つとか負けるとか、あまり関係ない。
自分の力を出し切って、納得できるかできないか。それが自分の勝敗の基準。

存分に出し切って、うまい酒を呑むぞ!
うっし、明日も練習だ!!



金のハンバーグ

ラジオで、佐倉綾音さんが好きだと言っていた。
…が、7・11のスポンサー番組だから自社推しするのは当然なのだが。

170716_金のハンバーグ

だが、食べよう!

300円超の値段。
レトルトらしからぬ太さ。
さて、いかほどの物か!

うーん、うまい。
書くとさっぱりだが、ハンバーグにそれほど感慨もないからサパーリだが、太い煮込みハンバーグは口に入れてなお存在感を示し、酒のつまみとしても秀逸。

でも、コレステロール値高そう。

老体なボクには魚が良さそうだな(笑)。